« 自店のお客様 | トップページ | シニアの購買プロセス »

2013年11月27日 (水)

情報の裏側の共有

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


我々は、どれほどの情報を部下と共有しているのだろう。

  表面上の情報共有の事ではない。

営業トップから、ロス改善という指示がきたから、ロス率を下げるという行為とコミュニケーションをするという事ではない。
それは、表面上の情報であり、その裏側に潜んでいる真実を推測しそれをコミュニケーションする相手と共有しなければ、受けた相手の受信の深みが異なる。

  如何に、その裏側の状況を部下と共有するかだ。

我々は、店長会等でトップからいろいろな課題を要求される。

  それに対してどこまでその課題を翻訳できるか。

例えば、トップから「新入社員の教育に力を入れろ」という指示が発信されたとする。

ここで、この情報を受け取った店長たちが、店舗に帰って新入社員を受け入れている部門チーフにどんな話しをするか。

ある店長は、部門チーフに「しっかり教育しておけ」というコミュニケーションをとる。
またある店長は、具体的に自社の資料を使って教育スケジュールを部下とチェックする店長もいるだろう。
 
  しかし私は、そう言う事以前の問題だと思っている。

それは、新入社員という存在をどう捉えるかを共有する事が前提ではないかと思っている。

新入社員とは、今後企業を支えていく存在であり、彼らの成長が企業を存続させていくことになるのだが、更に言えば彼らの成長無くして我々の成長も無い。

それはどういう事かと言えば、新入社員が成長し我々の言葉を理解して行動してくれる存在になれば、我々はよりレベルの高い売場提案をお客様に提供出来る。

レベルの高い売場を提供出来れば、より競争力を増しお客様が自店に付いてきてくれ、更に広範囲の品揃えとグレードを得る事が出来る環境が整う。

それは我々の仕事のレベルを大いに引き上げてくれるだろう。

更に、部下の成長によって我々がより高い地位の役割を担っても、それを支えてくれる部下という活躍してくれる存在になるわけだ。

  我々は上位職につけばつくほど部下に支えられなければならない。

その部下を育成して鍛えれば鍛えるほど、彼らは私の為に力を発揮してくれる存在となってくれるものだ。

  新入社員の教育とは第一歩となるのである。

そう考えると、新入社員の教育に留まらず、部下教育とは自分の為の行為なのである。

  このような情報の裏側を共有すること。

所謂、情報の理(ことわり)を共有することによって本来の意味を理解し、それによっていろいろな角度からその本来の意味を噛み砕いて、その本質を実行しようとするからブレ無いのである。

  まずはブレ無い信念を創造することなのだと思う。

人間の行動には、全てに理由がある。
その理由を信念にまで深化させ理解し、自分の腑に入れる。

  ここまでいけば、ブレ無い哲学が確立される。

そこまで、情報の裏側を理解して共有したいものである。









|

« 自店のお客様 | トップページ | シニアの購買プロセス »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
トップの話しをどう受け止めるか。
その裏の話しを部下にまで話せれば大いに納得する場面が多々あるのだろうとおもいます。
それを店長の言葉で部下に話しをすることが重要かなと思います。

投稿: てっちゃん | 2013年11月29日 (金) 00時11分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
人間とは潜在能力を持つ存在として認識するか否か。
更に言えば、従業員という人間を駒と捉えるか人を捉えるか。根底にこの認識の差が非常に重要になってくるのだろうと思います。

投稿: てっちゃん | 2013年11月29日 (金) 00時04分

情報の裏側の共有、大切ですね。
前提としてトップから店長へ正しくそれが伝わっているかが重要ですね。意外とこの時点でズレが生じてることが多いのでは?
いかに裏側を読み取り、部下には分かりやすく伝える、店長の大切な仕事ですね。

投稿: かわらい | 2013年11月28日 (木) 22時09分

部下を預かる一企業人として、暴走と言えども組織で認められた範疇の内というのが大原則でしょう。個の考えに基づく行為は組織の中ではリスクであり、サラリーマンと自営との差であると思います。逆説的にはこれだけの暴走行為を黙認?する企業であるなら個の力、人間力を高める施策を取れば明るい将来が描けるのではないかと思っております。

投稿: dadama | 2013年11月27日 (水) 21時49分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
これだけ暴走しても店長として認められている。
それは企業側も暴走を認めている存在なのでしょう(笑)。
それが個人に起因するものなのか組織として認められている行動なのかが問題ですね。
それでも、そんな人材が大いに認められる環境を作っていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2013年11月27日 (水) 19時50分

そうですね、教育する以前に自分が教育するだけの器があるのか。上司は部下を選べても、部下は上司を選べない。暴走するにしても根拠なき暴走は部下を巻き込む事になり、会社と言う組織での成長過程に影響する危険も。会社の方針はきっちりと理解する。理解した上で個店の特性を鑑みながら最善の方策を考え部下と共有する。成功したら部下の手柄・失敗したら店長の責任・・・当たり前の事が当たり前に言える信頼関係を築き上げる。私の暴走に入る大前提です(笑)。今の所、首はつながってますから少しでも多くのチャレンジと検証を部下と共有して相互に成長していきたいものです。

投稿: dadama | 2013年11月27日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58639909

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の裏側の共有:

« 自店のお客様 | トップページ | シニアの購買プロセス »