« システム関連セミナーから | トップページ | 情報の裏側の共有 »

2013年11月26日 (火)

自店のお客様

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は、セミナー参加とその趣旨について書いた。

  本日は具体的な内容。

データを軸にしたセミナーであるから、データをどう店舗という現場で活用し顧客獲得であり点数拡大であり、結果として売上拡大、利益確保へ結びつく手法の共有という趣旨でのセミナーである。

今回、このセミナーに登場した企業様は、

  システム構築会社。
  データ分析会社。
  食品スーパー。

このような企業様の、それぞれの現状の取り組みの報告があった。

  データ分析会社の仲介。

今回は、販売データとその他購買者の情報、更には商圏内の顧客情報等を駆使して、独自の52週MDの提案を食品スーパーに対して提案していく企業の存在価値を提案する発表もあった。

52週MDを週毎に実践している私にとっては非常に興味のある項目だった。

  今までは、スーパーの存在価値は冷蔵庫の代替。
  現在は、スーパーの存在価値はキッチンの代替。
  そして未来の存在価値は、食卓演出の情報提供。

食卓という場が、どんどん重要になってくる。
そこに存在する人、食材、調味料、お酒、食器、テーブルクロス、お花等。

  それを従来は全社レベルで統一展開していた。

それを、顧客データを元にした個店対応をしながら顧客に対してのジャストフィット化していく。

その為のデータ活用であって、従来の本部主体の活用から個店主体の活用に細部化して活用していく時代を提唱している。

以前にもブログに記したが、どんなに企業が巨大化しても、小売という商売は読んで地の如し、小さく売る仕事。

  立地する商圏のお客様の暮らしは店舗毎に異なる。

お客様に追随しようとする企業は、このジャストフィットからは避けられないのだ。

これが、企業姿勢の違いで全社対応しようとする企業姿勢であれば、そんな対応は時間の無駄だけの話しである。

しかし、一人一人のお客様の情報を大切にして個店対応をしていこうとする企業にとっては、今後の方向性を決める店舗運営の手法であろう。

  全社からの方向性を示す全体情報。
  更に全体情報から具体化する店舗。
  結果として検証を繰返す本部販促。

それら部署毎の全体の連携と強化が非常に大切になってくる。
これらをどう一体化していくか。

データ活用という事例を通して、如何に組織強化できるかが今後の課題か。








|

« システム関連セミナーから | トップページ | 情報の裏側の共有 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
自店もチラシという商品計画が全体情報の軸になっているのが現状ですね(笑)。
販促部からは店長会で全体情報は配信されるんですが、なかなか活用されていないのが現状かなぁ〜。

投稿: てっちゃん | 2013年11月27日 (水) 08時55分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
従来の商品データは単品の動向を追うのに便利でしたが、顧客データや客導線データは一人のお客様の販売データを探る事で店舗が独自に顧客の買いやすいレイアウトを構築できるメリットがありそうですね。

投稿: てっちゃん | 2013年11月27日 (水) 08時09分

全社からの方向性を示す全体情報、ここって凄く重要ですよね。この大元の情報が全社で共有出来ないと出来上がったデータも意味のない物になってしまいますからね。
私も現在販促に携わっていますがこのデータの活用と言う部分が非常に難しい状況です。店舗によって大きく異なるからです。店舗ごとの販促が重要なのでしょうね。

投稿: かわらい | 2013年11月27日 (水) 05時53分

コストリーダーシップをとって商圏特性を価格軸で押える企業、食の豊かさよりも家計・生活応援をセールスポイントにする。この姿勢も大切でしょう。食とは人間の基本的欲求でありより豊かな食を求めるのは自然の摂理だと思います。地域特性に合わせ、食の豊かさの要求に最大限の努力をする。根底や理念を明確にしてのデータ活用は有効であると思います。データを生かすも殺すもそのデータを作り上げる根底がきっちりしていないと活用どころか振り回される事も・・・自分も数々経験してまいりましたが(笑)。先日の客動線のデータは比較的客観的なデータになると思いますが、データ特性による使い分けも必要でしょうね。

投稿: dadama | 2013年11月26日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58632999

この記事へのトラックバック一覧です: 自店のお客様:

« システム関連セミナーから | トップページ | 情報の裏側の共有 »