« ボージョレーを仕掛ける | トップページ | 「てっちゃん会」第三幕顛末記 »

2013年11月14日 (木)

キラキラ20時退社?

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


最近、スマホの@niftyニュースをよく見る。

  その記事の中に、「キラキラ20時退社」

なる記事が載っていた。

  “キラキラ20時退社?”

初めて聞くキーワードだ。

  20時に退社出来る企業に就業したい。

そんな就活女子が増えているらしい。

以前は、アフターファイブに憧れをもっていたものだ。

  5時に退社して自分の時間を楽しむ。

バブル全盛の時代のキーワードでもあった。
そして時代は巡り、今は20時退社に憧れを持つ。

  20時という時間はどこから来るのか?。

5時〜6時では、仕事に本気で取り組む社風に無い。
9時以降になると、ブラック企業化している感がある。

  微妙な20時退社が好バランス(笑)。

仕事にも熱中し、しかしそれに固執することなく、自分を大切に自分の時間を有効使える技術もある。

  そんな今風のお洒落さが20時退社。

でも、考えてみれば、20時で我々小売業から見れば結構遅い退社時間。

部門にもよるが、生鮮は18時〜19時が平均か。
グロサリーでようやく20時前後。

私が、現役で鮮魚担当だった頃は、やっぱり6時前後だったような。
だから、その後の仲間との時間も余裕があったような。

店舗の営業時間の延長に次ぐ延長で、店長の就業時間も延長していったような。
それも、時代の流れなのか?。

それでも、私の場合を言えば、副店長とダブルでの出勤の場合は20時退社している。残念ながら副店長が休日の場合は11時閉店で通し勤務となってしまうが(笑)。

企業にもよるだろうが、20時退社とはごくありふれた環境だと思うのだが、それでも就活においては、その事が話題になるということはどういう事か?。

  そうで無い企業もままあるという事なのだろう。

この業界が益々栄えていくには、やはり「働きたい」という環境をどう整えていくか。

  競合、数値、顧客満足、自己実現。

いろいろな課題はあるものの、キラキラ20時退社というキーワードを顧みて自社の働きたい度を高めていきたいものである。








|

« ボージョレーを仕掛ける | トップページ | 「てっちゃん会」第三幕顛末記 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
当会は、会の為ならトコトン仕事してから午後4時に集まる会ですから(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年11月15日 (金) 21時30分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
結局12時間の在店ですね(笑)。
店長という管理監督者の宿命でしょうか。
但し、その12時間の使い方次第で、短くも長くも感じてしまうもの。
日々在店時間が短く感じてしまう楽しさを得たいですね。

投稿: てっちゃん | 2013年11月15日 (金) 21時27分

全く逆の『エクストリーム出社』なる記事を見ました。
なんでも、とことん遊んでから出社するという荒々しい行動らしいです!てっちゃん会のみなさんもやりかねない荒行ですね!

投稿: かわらい | 2013年11月14日 (木) 21時44分

当社は店舗規模によって管理職の勤務形態は違います。当店は優秀な副店長?が3人居るのでシフト勤務基本で私は7時30分から19時半までが多いですね。規模の小さい店ですと管理職も店長・副店長の2人ですから朝から晩までしっかりご奉仕(笑)。昨夜は20時ならず20時退店を余儀なくされましたね。皆、残業やる気満々でしたが(笑)。

投稿: dadama | 2013年11月14日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58557548

この記事へのトラックバック一覧です: キラキラ20時退社?:

« ボージョレーを仕掛ける | トップページ | 「てっちゃん会」第三幕顛末記 »