« 若年層のモチベーション | トップページ | 海の上の診療所から »

2013年10月19日 (土)

欧州車の故障

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


所有の欧州車。

  走りは良いのだが、・ ・ ・ 。

以前にも記したが、電気系統の故障や不具合、更に方向指示器が日本車と逆に設置されており(左ハンドルを右ハンドルに無理に日本の交通事情に合わせたツケ)、何かと使いづらい面もあった。

特に最近では、方向指示器がやたら堅く、そしてライトの点滅が途中で消えてしまう故障?に悩まされていた。フォグランプも途中で消えてしまう故障も併発。
同時に、遠目にしても途中で遠目が戻ってしまうアクシデントも繰り返されていた。

  “電気系統はどうしようもないな”

そんな諦めがあった。

  そして最近ではラジエーター予備タンクの減り

“それが輸入車に乗るという事なのだろう”

そんな風に、勝手に諦めていた。
それ以外には、後ろのウィンドの開け閉めのヒューズが過ぎ切れてしまい、それ以来後ろのウィンドは開け閉めしない事にしていたのもある。

  “結構、ズダボロの状態じゃん!”

日本車から見れば、そのように写るのだろうが、“これが輸入車の宿命”と割り切れば、それでも愛着のあるクルマではある。

  走りがしなやか。
  スタイルがカッコ良い。
  色が鮮やか。
  
やはり、日本車には無い良さも多い。
そんな訳で、当面はだましだまし走っていたのだが、いよいよ以て方向指示器のバーがイカレテきて遠目にならなくなったりしてきたものだから、勇を決していつもの整備工にお願いした。

  「方向指示器が故障したようなので直してもらえますか。」

ついでに、上記故障箇所が数カ所まとめて言って、直れば儲けとばかりに修理依頼した。

  流石に専門家である。

当然、方向指示器はメーカー車ゆえの商品代がかかったが(輸入車だけあって割高だった)、それを交換した途端に、今までの不具合が全て改善されたといってもいい状態にまで回復した。

  方向指示器の堅さの改善。
  点滅の途中消滅の改善。
  遠目の途中消滅の改善。
  フォグランプの途中消滅の改善。
  後部ウィンドの開閉のヒューズ切れの改善。

全ては、方向指示器ボックス内の不具合だったのだろうか。
これ一つ交換しただけで、全てが改善できた。

更に、ラジエーターの予備タンクの漏れも、ゴムをしっかり巻き付けてくれたお陰で液漏れも無くなった。

クルマも、故障を経て愛着が湧いてくるのだろうか。
クルマの不具合が直ってくると、またいろいろとドライブに出かけたくなる。

  先日は、送別会を兼ねて日光方面でドライブ。

真夏のような天候であり、快適なドライブ日和であった。
そして、快適にコーナリングを飛ばしていると、タイヤの貧弱さが気になってしまう。

  “これで、タイヤが秀逸だったらなぁ〜”

そんな欲まで湧いてくる。

  “一冬過ぎたら、日本製のタイヤに履き替えるか”

更に、ドライビングを楽しみたい時間が増えそうである。












  

|

« 若年層のモチベーション | トップページ | 海の上の診療所から »

趣味」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
中古の輸入車は格安ですから一度乗ってみて下さい。特にプジョー206程度なら格安で手に入る筈です。
こんなおばさんの買物車ですが、足回りはまさにスポーツです。アクセル全開でコーナーに入り、少し緩めるとノーズがインに食い込みニュートラルにコーナー後半を駆け抜けていく快感。
多少電気系統が弱かろうが、この快感には代えられませんねぇ〜(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年10月20日 (日) 23時53分

『走りがしなやか。』
そこが気になるところですね。
かつて私も欲しいと思っていた車だけに!
でもこのブログで見る数々のアクシデントに
やっぱり国産かな~と思ってしまいます。
もう少し人生にゆとりが出来たら考えるとしよう!(笑)

投稿: かわらい | 2013年10月20日 (日) 20時13分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
→輸入車は相当な思い入れと愛着が無ければ乗る資格が無い事を高い授業料を払って勉強致しました。
なるほど、そうでしたか(笑)。
でも、国産車には無い「何か」がありますよね。それを乗り手がどう受け止めるか。コストと乗りやすさだけで捉えると国産車には絶対に敵わないかな。

投稿: てっちゃん | 2013年10月20日 (日) 07時15分

私(正式には家内)も輸入車に乗っておりましたが燃費・乗り心地・維持費等で敢無く国産車に鞍替え(笑)。輸入車は相当な思い入れと愛着が無ければ乗る資格が無い事を高い授業料を払って勉強致しました。

投稿: dadama | 2013年10月19日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州車の故障:

« 若年層のモチベーション | トップページ | 海の上の診療所から »