« 分かりやすさ | トップページ | 行動パターンを模索する »

2013年9月25日 (水)

十五夜にて

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日の十五夜。

  雲一つない満月だった。

私が赴任後に迎える初めてのイベント。
イベントとは言え、52週の中ではそれほど大きくは無い部類ではある。

  しかし、地域的には跳ねる単品もある。

こちらの地域では、十五夜の夜に、「秋刀魚の塩焼き」と「けんち汁」を備える風習がある。

  これが、この地域の十五夜の暮らし。

だから絶対に品切れはさせられない。
更に言えば、どこよりも売込まなければならない。

販売面で早々に確認したのは、十五夜商材の展開。

  青果のけんちん汁の展開場所と品揃えの確認。
  鮮魚の秋刀魚の展開場所と数量と売価の確認。
  デイリーのこんにゃくの展開場所の確認等々。

新興住宅街にある店舗故に、このような従来からの行事に対しての反応は弱いだろうと予測していた。

  しかし、意外や意外に予測を越えた需要高。

何故か?。

  好天。

これほどの好天に恵まれる十五夜も久しぶりである。

  更に客層。

来店客層は若い。
小さなお子様連れの若い主婦層の多い地域でる。

  幼稚園や小学校での影響が大きいのだろう。

幼稚園ではこのような従来の歳時記に敏感である。

  “お母さん、お家で十五夜やるの?”

そんな会話が聞こえてきそうだ。
十五夜に用意した「すすき」の無料配布も開店からどんどん消えていく。
それも、若い主婦層の方々がお子様連れで手にしながらの買物が目立つ。

  そういう地域か。

そして、主要単品の仕掛け。

  けんちん汁材料の大陳。
  秋刀魚の価格と展開。

けんちん汁は特に大根の需要が高まった。
特に半切りでの需要が高い。
やはり家族数の影響だろう、更に秋刀魚の塩焼きでの需要もあろう。

秋刀魚はどこよりもお買い得な価格で提案。
これも午前中からお客様の「安い!」という声を発しながらの購入が増える。

  “十五夜というイベントには強いんだ”

思わぬ発見である。
そして、それに応える各部の商品展開。
更に、数量面でも十分に用意できた。

翌日、データ抽出しチェックすると、その意外な売れ行きに驚いた。
普段の店舗売上順位から大幅に上昇している。

  “仕掛ければ大いに反応があるじゃないか”

各部チーフへそのデータと簡単な手書きのコメントを記載して手渡した。

  “売れましたね!”

一つ一つ、自信を積み重ねていきたいものだ。


|

« 分かりやすさ | トップページ | 行動パターンを模索する »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
十五夜って、意外に地域性ありますからね。更に条件の揃った今年はお月見の話題性十分だった。
十三夜も天候しだいでいけるかも(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年9月27日 (金) 06時56分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
今年の十五夜は条件が天候という条件が揃い過ぎましたね。
ただ、それを活かせなかった我々の完敗だと思います(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年9月27日 (金) 06時54分

かおるです。
さすがてっちゃんさん。敏感ですね。
私のところのような地域密着・地産地消の店舗こそ地域ならではの習わし紹介も含めてもっと仕掛けるべきでした。
感度が鈍っております。猛省しなければなりません。

投稿: かおる | 2013年9月26日 (木) 20時18分

天気、気温共に最高のお月見日和でしたね!
普段、花より団子をじでいく私も写真に
収めたぐらいです!
お客様も同じ気持ちだったのでしょう、
当店でも昨年度より多目に仕入れた団子が
夕方には完売してしまいました。
季節、催事の打ち出し、もっと真剣にやらねばと
思いました。

投稿: かわらい | 2013年9月26日 (木) 17時53分

kiyoさん、コメントありがとうございます。
このような一手一手を積み重ねていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2013年9月26日 (木) 15時59分

赴任して早速の成果流石です!きっとお店のメンバー達の見る目が変わったのでは無いでしょうか?

投稿: kiyo | 2013年9月26日 (木) 15時12分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
本当に十五夜の夜の美しさは感動ものでしたね。
このような夜にお月見をしたという記憶は一生もの。
是非幼少の時にこの感動を留めさせてやりたいものです。

投稿: てっちゃん | 2013年9月26日 (木) 09時40分

当日は東京駅で満月を愛でておりました(笑)
十五夜=満月の機会は意外と少ないようで次回は8年後でしたでしょうか。(酔っ払いの記憶で定かではありません)しかもこの時期には珍しい絶好の好天。この情報をきっちりお客様にお伝えしていればお月見に興味を持たれる方が増え売り上げの傘上げも出来たのではと「反省」致しております。

投稿: dadama | 2013年9月25日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58255289

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜にて:

« 分かりやすさ | トップページ | 行動パターンを模索する »