« 一つの時代の終焉 | トップページ | 前倒し需要 »

2013年8月16日 (金)

Facebookの仕組みに感心する

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


Facebookを始めて、早2週間。

 友達の輪も増えては来た。

しかし、このFacebookの仕組み、どんどん輪が広がる仕組みに強烈なパンチを食らわされた印象だ。

特に、友達のアップした「タイムライン」が全て自分のホームページから見れてしまうというのはびっくり。

 “あっ、誰々が、こんな記事をアップした!”
 “あっ、誰々が、こんな事をしているんだ!”

更にそれがメールにて通知されるという仕組み。

日々山のようなメールが届くという仕組みも、なんとも賑やかでいいかも?。

 “そんなのとっくの昔に知っていたよ!”

そんな罵声が聞こえてきそうな、今更の話しである。

 そして、「知り合いかも」という提案。

複数の共通の友達が存在する場合に、Facebook側から「知り合いかも」の欄があり、友達申請できるというもの。

 どこまでもどこまでも繋がりやすく出来ている。

私は、Facebookに関しては、まだまだそんな程度の知識しか持ち合わせていない。

しかし、「ふるたさん」などは、ノートとか言って長文も記載して載せているようだ。

更に、「dadamaさん」などは、シェアとか言って他人の投稿を自分のFacebookに投稿しているようだ。

 そして、「いいね」。

これは、見たよの証拠としての通知として使用するのだろうか?。

 私は勝手にそう思っているのだが、どうなのか?。

そんな妄想がどんどん膨らんでいる今日この頃なのである。

 しかし、たかだか2週間。

更にいろいろなFacebookの使い方や用途が隠されているのだろう。

 数ヶ月はお客様として使用してみようと思う。

その上で、ブログとの併用をどう使い分けていくか。
おのおのの強みを活かしきれればいいのだが。



|

« 一つの時代の終焉 | トップページ | 前倒し需要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
皆さんの投稿を見ていると、やっぱり「酒」「食事」「行楽」等々、身近な出来事や楽しみが主体ですね。
そしてそれがまた身近さを生む。
フェイスブックを利用して、このブログのように能書きを垂れる方はあまりいない(笑)。
私も当面は、その路線でプライベートな出来事でちょっと感動した事などを載せていきたいと思っています。
是非、かわらいさんには、美味しい「ラーメン紀行」の連載をお願いしたいものです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年8月17日 (土) 06時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
あちらの世界でも大活躍ですね(笑)。
むしろあちらがdadamaさんの主戦場という感が(笑)。
誰でもそうですが、私も、あちらが実名、こちらはてっちゃん。
あまり結びつけたくないという気持ちもあるんです。
そのほうが、ある程度自由に書けるという気楽さを失いたくないと(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年8月17日 (土) 06時40分

KOZOさん、コメントありがとうございます。
確かに、そうですね(笑)。
でも私の気持ちの中に、
「あまり連動させたくない。」
という気持ちもあるんです。
ブログとフェイスブック。
当面は別々の顔で進めてみたいと(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年8月17日 (土) 06時35分

気軽に交流を楽しめるのが良いですよね!
今のところそれ以上でも以下でもないです。
皆さんの使い方を見てるともっと色々な機能があって
それを覚えればもっと楽しいかもしれません。

投稿: かわらい | 2013年8月16日 (金) 23時23分

先日も記しましたがフェィスブックはタイムリーや速達性には大変優れていると思います。お友達の検索もしてくれるので、、交流の輪もすぐに拡がります。フェイスブックからブログにリンクづけをされてる方もとても多いですから使い分けは可能だと思います。
フェイスブックで交流を深め自己主張の場でもあるブログに誘導するのが定番のようです。

投稿: dadama | 2013年8月16日 (金) 22時40分

私のFB友達の中には「ブログ更新しました」とタイムラインに載せられている方もいらっしゃいます。一度試されてみてはとうでしょうか?ブログの読者も増えると思います。

投稿: KOZO | 2013年8月16日 (金) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Facebookの仕組みに感心する:

« 一つの時代の終焉 | トップページ | 前倒し需要 »