« 生梅の量販期 | トップページ | ペナルティキック »

2013年6月12日 (水)

落雷

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


「店長、雷が落ちました!。」

 休日だった私の携帯に電話が入った。

雷の多い地域ではある。
雷が落ちる事も多いだろう。

 しかし、お店に落ちるという事は稀である。

それも、復旧に何時間もかかるということは滅多にあるものではない。

 雷で一瞬停電になることは良くある事だ。

私は、どうせその類いだろうとお気楽に構えていた。
数分経過後に再度電話を入れてみると、相変わらず復旧していないという。
更に、既に閉店しているという。

 “これは、大事だ!”

ようやく私の心に「火」が付いた。
第一報では、良くある事だとタカを括っていたが、閉店したとなれば話しは別だ。

 “駆けつけなくては!”

店舗は既に閉店しており、レジの従業員が来店するお客様に丁寧にも1台1台閉店の案内をしていた。
駆けつけた私は、駐車場に入る入り口のチェーンを締め、「落雷に付き閉店致します。ご迷惑をおかけしております。」旨の看板を作らせ設置した。

暗いバックヤードの中では、燐店へ作り立ての刺身や寿司等の商品を運ぶ段取りで部下達が動いていた。

 “店長、夕市の刺身が全滅ですよぉ〜”

これからと言う矢先の落雷。
雷が鳴り続けての結果としての落雷では無かったらしい。

 一発必中の雷で店舗へ落ちたらしい。

あっけなく停電。
周りを見渡せば明かりが付いている。
当店だけの停電らしい。

副店長の電話で駆けつけた電気屋さんも到着して、店舗の発電・変電設備をチェックした。

 ある変電設備が真っ黒だった。

その後に駆けつけた東京電力さんもこれを見てビックリ。

 「こんなの初めてだ!」

それほど強烈な落雷だったらしい。

 「よく、火が噴かなかったなぁ〜」

そんな事を仲間と話し合っている。

 「どれほどで復旧しますか?」

この機会の予備があると仮定しても、3〜4時間はかかるという事。

 “今日は再開店は無理か”

そこからの本部対応は早かった。
トラックが早々に到着し、本部スタッフも数名到着してトラックへ運ぶもの、センターへ運ぶもの、廃棄するものを分け指示していく。

 “一度震災を経験すると手早だ”

今回の落雷で一番感じたのは、2年前の震災の教訓。
これによって、緊急で閉店した後の対応がある程度見えていた事だ。

 まずはお客様。
 次に商品。
 更に従業員。
 そして設備。

この順番が全員一致で共通認識されていた事がその後のダメージを和らげてくれた。

そして、電力会社から供給が復活し、電気屋さんが調整して電源が復旧したのが夜8時半過ぎ。

 この時の感動はひとしおだった。

残った従業員全員で声を出したぐらいだ。

 「あっ、灯いた灯いた!。」

事前に電話して朝だけ出社していただいたパートさんやら本部スタッフの援助やらで翌日の開店品揃えは早かった。

 「昨日はどうしたの?」

そんな言葉を頂く度に、この借りをなんとか返さねばと思うのであった。









 

|

« 生梅の量販期 | トップページ | ペナルティキック »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
店舗にいると意外にいろんな経験をしますよ(笑)。
今回の落雷を初め、震災、放火、窃盗、交通事故等々。
さて、次は何かなぁ〜(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年6月14日 (金) 07時03分

ひがしん☆さん、コメントありがとうございます。
→そんなブログから教訓をえて、昨晩は閉店後
夏場に備え冷凍ケースの霜取りをしておりました。
こちらも流石。他者の教訓から冷凍ケースの霜取り。なかなか出来ませんよ(笑)。
落雷は私が不在時の出来事で、私が駆けつけた段階では概ねの混乱は収まっていた。本当に震災の教訓でした。

投稿: てっちゃん | 2013年6月14日 (金) 07時01分

いや~こんなことがあるんですね!
雷に直接狙われてはどうすることもできませんね。しかし、その後の対応はさすがですね!
震災の経験があるとはいえ、あまり経験
したくはないですね。

投稿: かわらい | 2013年6月13日 (木) 16時13分

大変でしたね。一度お店を拝見していますので、あんな大きな店でよく大パニックにならなかったなぁと思います。

本当に想定外のことばかり起こる今日この頃です。そんな中での判断、対応は管理者の資質が問われるところ。震災で鍛えられていたなんてさすがです!

そんなブログから教訓をえて、昨晩は閉店後
夏場に備え冷凍ケースの霜取りをしておりました。
(笑)

投稿: ひがしん☆ | 2013年6月13日 (木) 10時05分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
「新参者が、でかい顔してのさばるな!」という事なのでしょう(笑)。
当面は隅の方で地味に商売をさせていただくというスタンスで開店していきますので(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年6月13日 (木) 00時03分

経験はしたくないですが危機管理の貴重な経験ですね。雷様まで直接ご来店されるてっちゃんのお店!流石です。(笑)
私は幸いここ15年程は閉店に晒される危機はありませんでした。15年程前に落雷停電に逢い、非常電源の持つ約30分の間に非常灯だけの暗い店内で必死でレジを打った事があります。最後のお客様が退店されたとほぼ同時に非常電源も力尽き暗闇の店内で懐中電灯片手に商品の移動と廃棄もしましたね。
最近では店内放送用の有線の電柱・電線に落雷し放送機器が火を噴く経験をした程度でしょうか。機器交換で150万の臨時出費が痛かったのが思い出されます。(笑)

投稿: dadama | 2013年6月12日 (水) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57546141

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷:

« 生梅の量販期 | トップページ | ペナルティキック »