« 空梅雨 | トップページ | 落雷 »

2013年6月11日 (火)

生梅の量販期

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


いよいよ、生梅の最大量販期が訪れた。

 先週末から今週末。

一年365日の商売の中で、これほど短期的に週中して巨額の売上を上げる商材は少ない。

年末に年越し商材が短期的に巨額の売上を記録するが、それを除けば通常商品が短期的に量販出来る単品は果実の生梅が筆頭だろう。

それだけ、短期決戦でありリスクが膨大であり仕掛けがいのある商品は無い。

 だから、感度鋭く取り組めるのである。

しかし、素人はなかなか手が出せない。
それだけリスキーな領域でもある。

 ある許された者だけが参加出来る領域。

そんな領域が「生梅」の販売構図なのではないか。
べつに、自身を自慢している訳ではない。
ただ、それだけ競合他社や大手スーパーでも果実酒のトータル展開は合同で売場を作るが、青果の「生梅」を徹底して量販している企業や店舗は少ない。

 やはり、リスキーさが付きまとうのだろう。

企業トップとしては積極的に推奨出来ない危うさが伴うからでもあろう。
だから、やれる(やりたい)者だけが取り組み、その他は積極的にやらなくてもいいだろうという暗黙の了解もあるのだろう。

しかし、過去の販売金額を早計すると6月月間で約100万ほどの売上を記録できるのである。

いや、更に大きな売上を記録している店舗や企業も当然あるだろう。
これが、5月や7月ではほとんど販売金額が無いに等しい商品なのである。

この大きなギャップに、この単品のリスク性が語られている。

 “本当にこんなに仕入れて売れるのか?”

更には、

 “どんな売場を作ればこれだけ売れるのか?”

単に、袋詰めして置いとけば売れるのだろうか?。
これも、経験を積み重ねないと分からない事ばかり。
それも、先輩社員からしっかり伝えていかない限りは次世代へ伝達出来ないことである。

 そこで学んだ者だけが体得できる販売技術だ。

なぜなら、一年ので2週間だけの経験だから。
この2週間にほとんどの販売金額が集中するのであるから。

是非、そんあ販売経験を語り合いたいものである。






|

« 空梅雨 | トップページ | 落雷 »

商売」カテゴリの記事

コメント

CAPさん、コメントありがとうございます。
少しばかりでも「旬」を感じて頂いて嬉しい限りです。
まだまだ梅酒や梅シロップを手作りする方が存在しているから、我々の商売も成り立つ。
日々に流されず、その時だけのタイムリーな食材を利用する方々が今後も増えていけば良いですね。

投稿: てっちゃん | 2013年6月14日 (金) 07時19分

私もこの時期、青梅を売っているのをみてそわそわします。
梅酒漬けておくと安く飲めますしね。
今年は梅酒とシロップそれぞれ漬けてます。
てっちゃんのブログを読んでいると本当に旬が感じられてありがたいです。

投稿: CAP | 2013年6月14日 (金) 02時17分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
なんか当日は、dadamaさんの独り舞台の様相ですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年6月11日 (火) 23時06分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
競合他社のなかなか入り込めない領域を一つ一つ増やしていく事が競合対策の定石だと思いますよ。是非、これをきっかけに(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年6月11日 (火) 23時03分

シビレて伝説作って下さい!!てっちゃん会の話題がどんどん増える・・・時間内に喋るが勝ち(笑)

投稿: dadama | 2013年6月11日 (火) 22時39分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
こちらも和歌山産を中心に販売していますが、流石に一回の仕入れで200万もの権限となればシビレるものがありますね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年6月11日 (火) 22時18分

梅の販売は当社にとっても過去の実績から
逃げられない大きなイベントですね。
てっちゃんの言うとおり周りの大手企業は
挑戦してこないので毎年良くも悪くも
実績は安定しています。
逆に言えばもっと実績を上げられるチャンスはあるかも?
リスクはやはり伴いますね!(笑)

投稿: かわらい | 2013年6月11日 (火) 22時16分

梅は新店だからこそてっちゃんの大きな武器になるのでは?今年は大馬鹿になって勝負すれば「梅ならあの店」の定評を取る事が出来ると思います。そちらでも梅は紀州産なのでしょうか?ちなみに私はさくらんぼ同様市場の相場が崩れた時仲買さんが勝手に送り込んできてました。その時は10キロケース売り!大体300ケース前後でしょうか。保険に仲の良い漬物屋さんにも処理をお願いしてました。失敗したら漬物屋さんの言い値ですからこっちも真剣勝負(笑)「じゃんじゃん仕入失敗してねぇ」と冷やかせれながら必死に販売した事を懐かしく思い出します。てっちゃんはまだその権限をお持ちなのだから羨ましいですね!!

投稿: dadama | 2013年6月11日 (火) 22時00分

ふるたさん、コメントありがとうございます。
以前女房が梅ジュースを作ったのですが、本当に美味しかった。美味しかったというより、“これは夏を乗切るサプリメントだ!”と思いました。
今まで飲んだどんな栄養剤よりも体に筋が通るのが分かった。
梅という食材の本質を知りましたね。

投稿: てっちゃん | 2013年6月11日 (火) 21時54分

少し早めに、梅酒作り教室とか梅漬け教室を開いたり・・

そういうのをやってたら、けっこう売れるもんですよ。
本醸造の味醂を使ってつけると焼酎でつけるよりもずっと美味しいけど、これは、違反になりかねないですけど・・・

投稿: ふるた | 2013年6月11日 (火) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57546132

この記事へのトラックバック一覧です: 生梅の量販期:

« 空梅雨 | トップページ | 落雷 »