« ラスト♡シンデレラ | トップページ | 毎年恒例の大陳 »

2013年5月 6日 (月)

見せ筋

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


売れ筋と見せ筋。

 このバランスが大切なのは百も承知。

しかし、ついつい考え過ぎてしまうと、このバランスを失う事に成る。

 特に見栄えの良い売場を作った時だ。

つい見栄えや出来映え、更にはカッコの良さを追求するあまり、本当に売れる商品化が欠落したり縮小されたりする場面がある。

 先日の鮮魚での事例。

担当者と切身の売場作りを検討し、まだまだ寒さが抜け切れていないから「もろさめ」の量販をしようということになった。

そして担当者が考えに考え抜いた売場が出来上がった。

 バラ販売を中心にしたカッコ良い売場。

通常の切身に加え、カレー風味、イタリアン風味等の味付けパン粉付き登場し、バラ販売のオンパレードな売場になった。

 遠目にも近目にも鮮度感が伝わり見事な売場。

しかし、意外に売れていかない。
通常の切身がそこそこ売れて入るが、味付けパン粉付きは一向に売れていかない。

 “見た目だけでは駄目かぁ〜”

そして再度担当者と打ち合わせをした。

 「なかなか動かないねぇ〜。」
 「全然ですねぇ〜。」

 「バラ売りを見せ筋にして、パック販売したら。」
 「そうですね。即やります。」

そうしたら、パック物が動き始めた。

 見せ筋と売れ筋。

よくある話しだが、単純にパッケージした方が売れるという事実。

 かっこ良く見せて、普段の商品を売込む。

そのような見せ筋と売れ筋のバランスを取りつつ、お客様の注目度を上げて単品を売込む事が大切なのだろう。

スーパーマーケットという業態は、プリパッケージ商品が基本である。
そして、お客様もその事に期待して、簡単に買物カゴに入れて買物を完遂する。

 途中で買物に煩わしい形態の商品をどう見るか。

鮮度感を感じて、その煩わしさを圧してでも買物するか。
逆に、煩わしさが先行して、手が止まるか。

常に我々は、見栄えと同様にこの原理原則に照らし合わせて、販売を試みなければならない。




|

« ラスト♡シンデレラ | トップページ | 毎年恒例の大陳 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
一カ所で1品。
これ基本かな(笑)。
商売って、意外にシンプルな部分を提供する作業なのだと思いますよ。
複雑なのは我々が受け持ち、そこで仕分けして、お客様にはシンプルに提案する。
この仕分けが我々の使命なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2013年5月 7日 (火) 13時11分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
現場の従業員には、是非このバランスを学んでほしいですね。
そして、どんなバランスがその店舗では支持があるのか。
これも店舗によって微妙に違うものですからね。

投稿: てっちゃん | 2013年5月 7日 (火) 13時09分

分かりますね~。入れ込めば入れ込むほど
良くこの現象が起きます(笑)。結局色々考えても
その売り場で良く売れるのは一品だけかも?

投稿: かわらい | 2013年5月 6日 (月) 22時28分

これは良く現場で起こり得ますよね。綺麗だけど何故か売れない所謂展覧会的売場。見せる売場と買わす売場の違い、これは感性が伴いますから経験の積み重ねで体得するしかないでしょう。売れる売場は多少荒くても、ボリウムが決めてだと思います。例えば缶詰などはフェイスを合して整然と並べるより投げ込みのが売れたりとか・・・商売の面白さの一面でしょうね。

投稿: dadama | 2013年5月 6日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57299032

この記事へのトラックバック一覧です: 見せ筋:

« ラスト♡シンデレラ | トップページ | 毎年恒例の大陳 »