« 店舗というキャンバス | トップページ | 敵を創造する »

2013年4月23日 (火)

季節外れの寒波

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



本当に、季節外れであった。

 東北は雪である。

北関東は冷たい雨。

しかし、私の店舗周辺は、土曜日の夕方は一時みぞれから雪に変わりかけた。

 この恐怖感はなんとも言えない。

タイヤはとうの昔に夏タイヤに履き替えている。
幸いに天候は雪から雨に変わったが、一時はどうなる事かと思った。

この寒波、週の前半から天気予報では報道していた。

だから、週半ばには当初予定されていた「涼味」の展開から一転して、「ホットメニュー」へ切り替えを指示していたのだ。

 サラダ野菜 → きのこ類へ
 かつお刺身 → 切身煮魚へ
 冷しゃぶ肉 → すき焼きへ
 涼味豆腐類 → うどん麺へ

そんな切り替えをチーフと確認。

木曜日の段階だから、出来るところ出来ないところがあるだろうが、間に合う部分から実施。

 今年最後の寒の戻り。

しかしそれは、60数年ぶりの大寒波となって襲いかかってきた。

当然、お客様の買物行動も大きく変化。

土曜日は朝から日中の集中と夕方以降の引きの早さ。
日曜日は逆に天候の回復とともに午後5時からのピーク。

そして、急遽対応したホットメニューはそれなりに動きを示した。
特に、青果トップで展開したきのこ類は大人気。

 寒風吹きすさぶ外から来店してホットメニュー。

ジャストミートだったのだろう。

 しかし、・ ・ ・ 。

企画はヒットしたが、その来店行動だけはなかなか読めない。

 来店時間に合わせたタイムリーな品出し。

特に日曜日は、午後から天候が回復。
しかし来店にはすこし時間的なギャップがあった。

 来店ピークは午後5時。

それに合わせたレジ対応等までは手配できなかった。

 この時期のこのような寒波。

これまでも、これからも年に一、二度はあるだろう。
そして、このような場面でこまめに対応した人間だけが、次へのつながりを得る事が出来るのだと思う。

そう言う意味では、新店のこのメンバーでどれだけアクシデントを前向きに経験していくか。

それが、学習なのだろうと思う。




|

« 店舗というキャンバス | トップページ | 敵を創造する »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
常に全体朝礼等で、明日の天気、週末の気温の変化等の話しをしていると、発注担当者(特にデイリー担当)は敏感に反応するものですよ。それでやりすぎて余ってしまっても、それはチーフが尻拭いをしてくれる。そんな流れを定着させています。

投稿: てっちゃん | 2013年4月24日 (水) 06時53分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
企業毎の52週MDのたたき台の存在と、状況変化に対応できる柔軟性。
どちらの存在も重要だと思いますが、本部作成の52週の存在は、それだけでそれが「神の声」になってしまっているのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2013年4月24日 (水) 06時47分

本当に寒かったですね。
当店でも白菜、ネギ、しめじ等が異常値を叩きだしました!しかし全部門への周知が徹底できず、
うどんが早々に欠品してしまいました。
発注担当の全員に意図を伝えるのは大変難しい
ですね。どうしても感覚になってしまうので。

投稿: かわらい | 2013年4月23日 (火) 22時29分

こういう時に52週MDの功罪が現れますね。
52週MDに頼ると柔軟な対応が難しくなっていく。発注システムも直前の修正が出来ないのもネックです。本部で気温・天候予測して全店に修正指示が出せるのか?当社において標準化に向けての課題であると思います。

投稿: dadama | 2013年4月23日 (火) 21時19分

kiyoさん、コメントありがとうございます。
我々の仕事は、お客様のその場その場の気持ちを推察する事。
天気予報という情報を得たお客様の買物行動を予測するのが我々の仕事の本質。
だから常に同じ答えが無いのも我々の仕事の本質。
それはこれからも永遠に続くから商売は面白い。考え続けてある意味暴走できるから止められない。
そしてそう思えるか、嫌だと思うかで未来が決まる。それがこの世界の原理原則なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2013年4月23日 (火) 11時33分

てっちゃん こんにちは!お客様に近い店こそ、本当に細かいウェザーマーケティングが重要なのですね。弊社も季節ものを沢山あつかっていますが、時間帯別の提案はほとんど出来ていません。しばらく気温が低い天気が続くと、工場は大騒ぎしております。(笑)気温や時間によりお客様が別の気持ちになり、その気持ちに上手くミートすると驚く程実績が変わる事実・・・。商売は本当に奥深いですね。
アドバイスいただいた新商品も高価格ながら順調な滑り出しをしています。アスパラも太陽の恵みを受けて濃密な味になってきました。てっちゃん会には皆様に召し上がっていただけるように持参いたします。

投稿: kiyo | 2013年4月23日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57223162

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの寒波:

« 店舗というキャンバス | トップページ | 敵を創造する »