« 新生活スタート | トップページ | 思わぬ結果 »

2013年4月 2日 (火)

最後の大放出

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年始めから売込んできた「メロゴールド」。

 何度か記事にもしてきた。

そして、この冬の私の免疫効果対策果実でもあった。
新店内の大きな話題にもなったりした。

 「店長、またメロゴールドですか(笑)。」

そう、毎日食べていました。
そして、風邪引きも無く、花粉症デビューも無く、至って健康な一冬を過ごす事が出来た要因は、ズバリメロゴールドを毎日食してきたからである(根拠はありませんが)。

そんなメロゴールドであるが、いよいよこの週末が最終の売り込みとなった。

 先週ぐらいから鮮度が急激に落ちてきた。

バイヤーからも、終売の案内が来ていた。

 “発注して入荷があるうちは売る続けろ!”

しかし、いよいよ腐れ等の割合が多くなってきた現実の中、今週が最終の売り込みとしようと、チーフと打ち合わせ。

担当者が市場に直接電話したところ、40〜50ケースほど市場に在庫があるという。

 「店長、どのくらい仕入れますか?。」

「全部だ!。」

 発注はこれで決まり。

他商品で計画していた青果トップの特設売場も、「今年最後のメロゴールド大放出」に切り替わった。

 なぜ、最後の大放出にこだわるのか?。

1年で一番、味が美味しいからだ。

輸入柑橘系は、出始めよりも、終売に近づいた頃が一番美味しい。
グレープフルーツだって、出始めの11月よりはこれからの4月からの味が本格的に乗ってくるものだ。

そのタイミングでダイナミックに打ち出し、適正価格で販売するから果実のストアロイヤリティーが高まり、絶対的な信頼を得るのである。

 このタイミングで、他社に抜きん出て量販する。

この事は、私の信念でやっていること。
だから、本部提案と比較するとちょっと時期がズレているかもしれない。
他店の店長から見れば、こんな腐った果実が売れるかい!、となってしまうが、いたんだものを外して丁寧に陳列すれば、これほど甘みが乗って美味しいメロゴールドは無い。

そして、これほどお店にとっても美味しい商売は無い。







|

« 新生活スタート | トップページ | 思わぬ結果 »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
いやぁ〜、本当に今の時期のメロゴールドは美味しいですよ。
しかし、5個に1個は腐れが混じっていますが(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年4月 2日 (火) 22時35分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
4月は輸入が豊富な時期ですね。
そしてそれ以降、果実は週毎に打ち出しを変えられる。
まさに、52週を地でいける週が続きます。楽しみですね。

投稿: てっちゃん | 2013年4月 2日 (火) 22時33分

お客様もにっこり。お店もにっこり。正に「人の行かぬ裏道には宝の山」ですね。

投稿: dadama | 2013年4月 2日 (火) 21時10分

楽しそうですね!
3月はグレープフルーツなど一部
好調でしたが全体には不振に終りました。
4月はオレンジ、キウイフルーツ、バナナ
など輸入フルーツを攻めたいと思います。

投稿: かわらい | 2013年4月 2日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57065860

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の大放出:

« 新生活スタート | トップページ | 思わぬ結果 »