« イクメン | トップページ | 期限を決める »

2013年4月15日 (月)

異次元の金融政策

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、異次元の金融政策というキーワードが出現した。

 日銀総裁からの発言。

従来の延長線上にある金融政策とは一線を画し、日本にとっては異次元とも言える金融緩和政策を施すという。

経済学部を卒業し、経済学士の資格を持つ私だが、残念ながらこの具体策は分からない(笑)。

 要は、景気拡大策をじゃんじゃんやるという事か。

その結果、2年後程度には国民の給与等が上がり、雇用情勢が拡大し、景気が良くなるというシナリオらしい。

そして、消費税10%へ向けて税収徴収に対しても違和感無く進めていきたいという意図もあるのだろうが、今後の日本という国の存続を強めていこうとする施策である。

現状の円安を安定させ、輸出業界を強くしそこからの突破口でもあるようだ。
逆に言うと、輸入業界は厳しくなるという逆構図。

我々小売業にとってはどう左右していくのだろうか?。

今までは、輸入商品の低価格化と量販によって売上を維持していきたが、今後は国内景気拡大を受けて、ここ数年続いた低価格化やディカウント化一辺倒からどう商売のスタイルが変化していくのだろうか。

 当然答えは無いだろう。

大企業ほどコストリーダーシップに向かい、地域企業ほど地域密着と暮らし指向に向かう方向性は何も変わらない。

 変わるのは、その徹底度と精度。

より変化の激しい現実に対して、的確な仕入れ活動を適用できるか。
そして、日々の買物行動の変化に対しての的確な売場維持による利益創出。

 最後は、何で利益を創出できるか。

利益源をしっかり、企業なり店舗なり部門なりで明確に創出できるかということだろう。

 従来から「利は元にあり」と言われてきた。

それは、仕入れという見方も出来るだろうが、もはやそんな単純な利益構図ではなくなっているのは周知の通り。

 もはや、「利は人にあり」の世界となってきている。

「利は、元と人の組み合わせにあり」という時代だ。
より有効に仕入れた商材を、より有効にチャンスに変えられるか。

 そして、確実に利益に結びつけられる力。

それが、企業力であり店舗力であり現場力である。
最後は、現場が強くなければ生き残れない。

 その為に、現場が学び続ける時代。

学んで進化する現場。
進化というと違和感のある方もいるだろう。

 “これ以上、頭は良くならない!”

進化という言葉が重ければ、変化に追随するという言葉に置き換えても良いだろう。

 世の変化に自らが対応できる能力の習得。

この事に、より意識を強くもっていかなければならない。





|

« イクメン | トップページ | 期限を決める »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
えっ、フェイスデビューですか!。
先を越されましたね(笑)。
是非、dadamaワールドを構築してください。

投稿: てっちゃん | 2013年4月17日 (水) 10時22分

桜、気に入って頂けたようで(笑)
外部様のリンクですが、こちらの桜です。
http://kurotarou.life.coocan.jp/kuro_tabi/070415/070415a.htm
単純に美しい、癒しを感じるのは私だけでしょうか(笑)。最近フェイスブックデビューしました。まだ使い方が解らず手探り状態ですが。

投稿: dadama | 2013年4月16日 (火) 22時32分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
いやはや、経済学士様の多い事(笑)。
是非次回の「てっちゃん会」では、経済論を交わしましょう(笑)。オイルショックの時代までさかのぼれば少しは語れますが(卒論?)。

投稿: てっちゃん | 2013年4月16日 (火) 08時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
世の中にいろんな学士様がいますが、経済学士が一番役に立たないですね(笑)。
しかし、感受性は多様のようで桜を愛でる感性は高い。仲間から「いいね」を頂いていましたね(笑)。
私もこの桜で不満が解消されたようです。

投稿: てっちゃん | 2013年4月16日 (火) 08時37分

私も確か経済学士。右に同じ!(笑)
今のところどうしても弱いものいじめに思えて
ならないのですが?ピンチをチャンスと捉え
進化するしかないですね!

投稿: かわらい | 2013年4月15日 (月) 21時10分

私むも経済学士ですが全く役に立たなかった(笑)。景気回復と言っても、増税ありきの強引な景気回復。私達の業界は円安による為替利益の減少・メーカーの値上げ・消費税負担。かなりしんどい時期が来ると思います。特にこの3
年間で劇的に業界の地図が変わるのではないかと。今週のチェーンストアエイジの流通相関図を見て勝手に3年後の姿を予想しておりました。今日は家内と最後の桜を愛でできました。
天下一の桜と言われる名勝の近くにある古木。
私はこちらの桜がお気に入りです。花見に恵まれなかったてっちゃんにおすそ分け(笑)
http://www.facebook.com/#!/photo.php?fbid=142462785935638&set=a.141615409353709.1073741825.100005157517649&type=1&theater

投稿: dadama | 2013年4月15日 (月) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/57129583

この記事へのトラックバック一覧です: 異次元の金融政策:

« イクメン | トップページ | 期限を決める »