« 小さな奇跡 | トップページ | 作の経験 »

2013年3月12日 (火)

奇跡を生む環境

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、現場の小さな奇跡を記した。

 現場では小さな奇跡の積み重ねが大切。

しかし、そうは言っても、どうやってそれを生み出すか。

それを、誰の所為(せい)にもしてはいけない。

 本部がどうだから、それができない。
 上司がどうだから、それができない。
 仕組がどうだから、それができない。

それは自らが作り出すもの。
それが店長だったら、自分のお店ぐらいはそのような環境を作る事はできるのだ。

 “それでは、どんな環境?”

問題は、どんな環境が「小さな奇跡」を生み出せる環境かと言う事だ。

 積極的な従業員が揃う環境。
 自立した従業員が揃う環境。
 感動する従業員が揃う環境。

それらは、全て小さな奇跡を生む為の要因ではある。

 しかし、

全ては、他者に依存した要因でもある。

 重要なのは、自身のマネジメントだ。

上記のような部下は、黙っていたって奇跡を生む能力を有している。

 問題は、それを引き出す環境の事だ。

それは、あなた自身の内部に起因している。
あなたは、部下の能力を引き出しているか。

 “いや、俺に問題は無い”
 “部下の消極性に大いに問題がある”

あなたは、普通に、そう思う。

 しかし、

 部下の積極性を殺していないか?。
 部下の自発性を殺していないか?。
 部下の感受性を殺していないか?。

部下の「言える化」を「見える化」させているか?。

 組織内で、言えない環境が蔓延っていないか?。

間違っていようが正しかろうが、「言える」という環境を潰していないか?。

 店長は指導する存在。
 店長は指示する存在。
 店長は絶対的な存在。

店長自身がそう思った瞬間に、「言える化」は創造出来ない。

 店長は自身が土台となってステージを創造する存在。

そのステージで部下が「小さな奇跡」を生み出すのである。

ps
 当然、「あなた」とは私自身への問いかけである。






|

« 小さな奇跡 | トップページ | 作の経験 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

kiyoさん、コメントありがとうございます。
「言える化」→「言える可」。
なるほど、化から可にしなければならない。現場でそんな自由な雰囲気を創造していきたいですね。
「なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか」久しぶりにもう一度読み直してみようかと思っています。

投稿: てっちゃん | 2013年3月13日 (水) 23時51分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
そう、店長として、誰からそれを教えてもらうか。誰からそれを察知するか。
組織内での自分の存在をどうやって知るか。これは意外に大切な事ですよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年3月13日 (水) 23時47分

てっちゃんお勧めの、「なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか」の中にも書いてありましたが、なんでも意見いってくれ!と言っても言わない。それは能力がないのではなく、部下が自分の後ろ姿を見て信頼していないからだ!と記載されていました。自由に「言える可」が出来ている店や企業は、店長やリーダーの後ろ姿を見て信頼している関係性ができているのでしょう!そのような職場には、「小さな奇跡」があちこちに散らばっているのかもしれません。すべてのサイクルが自分の後ろ姿に戻ってくる気がします。難しいからこそ、それが実現出来ているリーダーや店長の職場は、他社の追従を受けない究極の独自化になりそうですね!

投稿: kiyo | 2013年3月13日 (水) 09時38分

いつもウンウンとうなずきながら読んでいますが
実際は出来ていないことが多いのでしょうね。
部下が言える環境にしているかか、店長として
思い上がった自分になっていないか、
自問自答してみよう‥。
誰か教えてくれませんかね(笑)。

投稿: かわらい | 2013年3月12日 (火) 22時59分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
なるほど、モノは言い様ですね(笑)。
まぁ〜、それで家族全員が幸せになれるのですから、結果オーライですね。
せっかくの首都圏でのお買い物ですから、この時とばかりに買物動機は高まるのも確か。いい家族孝行になりましたね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年3月12日 (火) 20時44分

女性は買い物好きですから、親子共々喜んでくっついて来ますよ(笑)。家族だと商品弄り回しても怪しまれませんし(笑)。MRさせて頂いたお礼にたっぷりと買い込んで参りました。(主婦目線でも買っしまう売場が出来ているのですね。)

投稿: dadama | 2013年3月12日 (火) 20時22分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
流石に勉強熱心なdadamaさんだけのことはありますね。
スカイツリーツアーと称して家族連れでMRをしてしまう。その行動力と家族を振り回す存在感は流石ですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年3月12日 (火) 20時04分

先日はスカイツリーから失礼致しました。(笑)
その後、東京近郊の業界誌話題のスーパーに家族引き連れMRさせて頂きました。流石、話題になるだけあってに素晴らしいお店でした。
どこが素晴らしいのか・・・マネしたくてもマネできない!! 現場の小さな奇跡をコツコツと積み上げてきているから。この小さな奇跡の積み上げはマネ出来ない。メンバーのモチベーション・企業風土が絡んでくるのでただ売場をコピーしただけでは成功しないだろうなぁと感じました。長い年月を掛けて創り上げる企業風土。これからは確固たる企業風土がない企業の存続は難しい事を実感致しました。企業風土を支えるのが現場の小さな奇跡の積み重ね。店長の器以上に店は大きくならないと良く言われますが、この小さな奇跡の積み重ねがストレスなく出来る環境作りが店長には求められるのでしょう。それも早急に・・・スカイツリー同様完成まで積み上げるにはとても時間がかかりますから。

投稿: dadama | 2013年3月12日 (火) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56900532

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡を生む環境:

« 小さな奇跡 | トップページ | 作の経験 »