« 作業のローテーション | トップページ | 花粉症デビュー相次ぐ »

2013年3月30日 (土)

正社員としての資質

皆さん、こんにちは。 
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



以前コメントを頂いた「パレアナ」さんからも相談された正社員。

 正社員って、なに?。

それは企業によってもいろいろな解釈があるだろう。

 長時間労働でき人事異動でき転勤ができる人。
 資格制度上、正社員とパートの区別のある人。
 
その他、企業毎に多様な解釈のしかたがされているだろう。
その中で、正社員になろうとする人もいたり、パートのままで良しとする人もいる。

概ねは、誰かの扶養に入っている人はパートのままで年収100万以内で良しと、誰の扶養にも入っていない人は、出来るだけ年収増を見込んで長時間から正社員を目指すのだと思う。

 長く働ける人が正社員となるケース。

これが従来のワーキングスタイルだった。

しかし今や、能力主義の時代にあっては、それは単なるその人の属性に過ぎない。
問題は、正社員として何を求められているかという貢献度の問いである。

 正社員として求められているもの。

それを満たさない限り、正社員として存続出来ないということだ。

 それは、リーダーシップ。

リーダーシップを発揮出来ない人材は申し訳ないが、正社員として存在することは出来ない。

 と、私は考える。

リーダーシップを発揮しているパートさん達も沢山いるではないか。
しかし、それでも年収枠を考慮してパートのままの人もいる。

だから、リーダーシップのあるパートさんとリーダーシップの無い正社員が混在する組織も多分にあるだろう。

しかし、その組織内では大きな不満が渦巻いているのではないか。

 “なぜあの人が正社員なの?”

初めから新規で正社員として入社したとしても、そんな存在はごまんといる。

 “将来的にこいつはリーダーシップが発揮できるか”

そんな視点で新規採用時も希望者を見なければならない。
それが、この業界での正社員としての資質ではないだろうか。

初めから特別な技能を不要とする業界でもある。
必要とされるのは、将来的にリーダーシップが発揮できる人材かどうか。

 素直、礼儀正しい、誠実、冷静、頭が良い等々。

しかし、私は思う。
多少ヤンキーでも良い、リーダーシップが発揮できる奴かどうか。

 この資質が無い奴は、いらない。

素直だがリーダーシップが無いよりも、突っかかってくるがリーダーシップのある奴を選択したい。

 ヤンキーは矯正できる
 
しかし、リーダーシップは後付け出来ない。

そんな人材が今年も続々入社してくる事を願いたいものだ。






|

« 作業のローテーション | トップページ | 花粉症デビュー相次ぐ »

生き方」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
必然でしょう(笑)。
その現場の統率は、同じ現場の仲間同士で統率していくから、結束力がより強固に高まるもの。
顔の見えるリーダーシップなんだと思います。だから常に顔が見える店長という存在が重要なんだと。

投稿: てっちゃん | 2013年4月 1日 (月) 06時21分

偶然か必然か
http://akindonet.exblog.jp/d2013-03-31/
思わず「いいね!」しちゃいました(笑)。

投稿: dadama | 2013年4月 1日 (月) 00時19分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
正社員=リーダーシップ
でもなければ、
チーフ=リーダーシップ
でも無い。
リーダーシップとは、チーム力を上げようと努力する姿勢そのもの。
そして、いずれ自分がリーダーとなっても皆の力を引き出せる潜在能力の事。
そう捉えれば、リーダーシップを身につけようとする姿勢であり、全体を見る目を養おうとする姿勢でもある。
要は、チーム力を信じて行動する姿勢そのものなのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2013年3月31日 (日) 23時34分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
正社員=リーダーシップ。
それがまるで、正社員であれば全てリーダーシップが備わっていると勘違いしている正社員がほとんでではないでしょうか。
リーダーシップが前提の正社員。
中にはパートでもリーダーシップのある方も沢山おられる。
そんな方はパートであるにも関わらずチーフ職で仕事を任されている方も多い。そしてリーダーシップの無い正社員が意外にそんな方達の足を引っ張る存在となっている。
なんとも矛盾した現実が横たわっているものです。

投稿: てっちゃん | 2013年3月31日 (日) 23時29分

かわらい様、会社によって社員やパートのポジショニングが異なるので一概に言えませんが、社員の介在する部門は社員>パートの関係が地位的にも給与的にも生まれる訳で、若い青瓢箪の社員が店の生き字引のようなパートさんと健全な関係を創るのは、人間的魅力がないと難しいでしょうし、その魅力は商売に対する熱い情熱でありリーダーシップの源であると思います。パートさん主体の部門でも年齢やキャリアに関係なく、仕事の情熱の強いパートさんが自然とリーダー的存在になるのではないでしょうか。キャリアだけでリーダーが決まる部門は問題も抱えていると思います。

投稿: dadama | 2013年3月30日 (土) 23時22分

仕事のやる気や能力と、正社員とパート従業員、
確かに区別は曖昧です。
「リーダーシップ」を正社員の必要条件に
する事は分かりやすいですが、当社でも
パートさんの部門チーフが活躍している例も
あります。リーダーシップの質を立場によって
上げていかなければならないという
ことでしょうか?

投稿: かわらい | 2013年3月30日 (土) 23時00分

当店も歴史ある店なので、所謂ベテランパートさんが多く存在します(笑)。紙切れ一枚で異動していく社員よりも、店と共に歴史を重ねてきたパートさん達は重要な戦力である事も事実。社員と言うポジションをリーダーと捉え、パートさんを牛耳ろうとする若い社員はまるで歯が立たない(笑)。リーダーシップとは商売に対する純粋な想いを伝える事であり、仕事に対しても情熱とプライドを持つ事が求められると思います。熱い仕事をする社員の姿は年齢や経験に関係なくパートさん達を引き付けていくし、応援もしてくれるのではないでしょうか。
リーダーシップの要は強いチームワーク作りであると思います。

投稿: dadama | 2013年3月30日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56939486

この記事へのトラックバック一覧です: 正社員としての資質:

« 作業のローテーション | トップページ | 花粉症デビュー相次ぐ »