« お客様からの声がけ | トップページ | 現場の魅力 »

2013年2月10日 (日)

テスト

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



会社方針の現場への徹底。

 どんな企業でも、重要課題の一つ。

都度、店長会の内容をミーティング時に部門の責任者に伝えるという手法は当然。
しかし、部門チーフから部門のパートさんまで正確に確実に伝わるかといえば、そこから先はブラックボックスの世界。

 部下の力量次第。

ここに、各企業の課題がそのまま残されたままとなる。
店長会での内容が、部門責任者に確実に伝わるかと言えば、これも店長次第なのだ。
 

 “何とか、パートさんまで伝えたい”

しかし、自分の言葉足らずな部分と、店長こ言葉しての重さの違いもあろう。

 受け取る側の認識の違い。

それをどう克服して、企業方針として認識してもらうか。

前回、ある手法を用いた。

 テスト。

企業トップの新聞インタビューが報じられた。
その内容を、自分なりにまとめて、従業員へテストという手法で検査した。

 その新聞を読めば誰でも答えられる内容。

だからまずは、新聞を読み、テストの内容と照らして重要なフレーズを書き出す。
そして、テストの回答部分に書き写す。

 “こんな簡単なテストで大丈夫か”

そんな不安もあるが、最後の問題として、これらの内容からあなた自身はどう受け止めどう行動したいか?、という問いを付け加えた。

 私が一番問いたい部分は、ここなのだ。

企業トップのインタビューとは、直近の企業の方向性を指した内容だ。
それを、現場の末端の従業員が、まず読み、テストという形でアウトプットし、そしてそれに対して自らの見解と希望を吐き出す。

このことによって、末端まで同じ話題と価値観を共有できる。

 “少し継続してやってみるか”

前回の手法が意外に手ごたえを感じたので、自企業が属する団体の月刊誌を題材に、簡単なテストで情報共有をしていこうと考えている。







|

« お客様からの声がけ | トップページ | 現場の魅力 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうござます。
答えはすべて記載されていますから、間違えることはまず無い。
問題は、それに対しての自分の感情と今後の行動。
それが知りたいが故にテストなんです。

投稿: てっちゃん | 2013年2月11日 (月) 23時46分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
基幹店舗故に、人材人員も豊富ですからね。
その巨大組織を動かすのにもそれ相応の時間がかかるのでしょう。
しかし、いざ動きはじめるとその底力はものすごいパワー。
今後が楽しみですね。

投稿: てっちゃん | 2013年2月11日 (月) 23時45分

大変良い方法だと思います。
トップの言葉はそのまま現場の行動レベルで
実行できないことが多いと思います。
店長は自分なりにそれを噛み砕いて自分の言葉に
置き換えて部下に伝えていく必要があると考えて
いました。てっちゃんの最後の問題の答えで
皆の理解度が分かりそうですね。

投稿: かわらい | 2013年2月10日 (日) 22時27分

先日も記しましたがこの半年はメンバーが私を受け入れてもらえる環境整備を重点に馬鹿話もしながら会社や私の方針の共有に力点を置き、私も店舗の強み・弱みの分析や戦略構想を練るという精神面の整備に費やして参りました。いよいよ春の訪れと共に本格的に動こうかと思っております。と言っても独り暴走しても仕方が無い。全員で団結して目標に立ち向かう環境が整い実行に移せるかがポイントとなるでしょう。社員連中は「もう充分暴走しているでしょ。」と言いたい所でしょうが、まだまだ序の口(笑)。

投稿: dadama | 2013年2月10日 (日) 22時26分

ふるたさん、コメントありがとうございます。
基本と変化対応を如何に末端までその本質を伝え、特に変化対応をスピードを以って実現できるか。
基本の徹底を重視すれば変化についていけない。
変化対応を重視すれば、目先に終始してしまう。
自戒も込めて、考えなくてはならない課題ですね。

投稿: てっちゃん | 2013年2月10日 (日) 06時31分

こんばんは。
いいやり方ですね。
当社も末端までの方針・考え方の徹底に苦慮しています。
店長会→店長→店舗の部門担当者→パートさん

という流れですが、まず、店長の段階でのボトルネック、次いで、部門担当者の段階でのボトルネックが、あります。

それぞれの資質の問題もあるのですが、店長会の会議のあり方にも問題がありました。

それは、本部の発信する事に疑問点が合った時でも質問する店長が、ほとんどいない事です。
次いで、店長から部門担当者に説明すときにも質問がないことです。

これでは、末端に伝わるまでに、違う内容になっている事が、多いんですね。

店舗では、店長が、朝礼とかできちんと伝える事、朝礼は、遅れずに参加する事を徹底したら、いいのにと思っています。

一番は、店長が、本部指示でわからないと感じた時にきちんと質問できる会議でないといけないと考えました。

投稿: ふるた | 2013年2月10日 (日) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスト:

« お客様からの声がけ | トップページ | 現場の魅力 »