« 2月も半ば | トップページ | テスト »

2013年2月 9日 (土)

お客様からの声がけ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、初めてお客様から「声」を掛けられた。

 「あんたが、店長さんかい?。」

年のころで、70歳半ばであろうか。
年配のおじいさんであった。

 「はい、そうですが?。」

「このお店は、誰が設計したのかわからんが、幅が広くて買いやすいねぇ~。」

要は、通路幅が広くてお互いにぶつかることなく、ゆったりと買い物ができると言う。

 「そう言って頂けると嬉しいですねぇ~。」

「以前は、違うお店に行っていたんだが、このお店が出来てからはここばっかりだよ。」

他の競合店と比べると品揃えが豊富で、通路幅も広くゆったりと買い物が出来て買いやすいのだという。

それにも増して嬉しかったのは、初めてお客様から店長と認められて話しかけられた事だった。

 この店舗で初めての出来事だ。

そして、嬉しいことは続くものだ。

 別の女性のお客様からも声がけがあった。

「このお店は活きが良いねぇ~。」

当然それは、良い時もあれば悪いときもあるだろう。
しかし、良いとはっきり言われるのは、やはり嬉しいものだ。

そして、徐々にではあるが、お客様の顔が見えてきた。

 開店後に必ずご来店になるご夫婦。
 昼前に必ず来てくれるヤングママ。
 ピーク時に顔を合わす男性客。

徐々にではあるが、毎度お馴染みの顔が見えてきた。

私にとって、お客様の顔が見えるということは、ようやくその打ち手の反応を定点観測できる土台が出来たということでもある。

 打つ手の定点観測。

それは、商品動向と同様に、お客様の顔という定点が定まる事が重要。

 そして、その定点が線になり円になり、立体になる。

ようやく、そのスタートラインに立てたということでもある。







 

|

« 2月も半ば | トップページ | テスト »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

ふるたさん、コメントありがとうございます。
よほど、そのお客様にとっては感謝の存在だったのでしょうね。
私は、お客様からのプレゼントは記憶にないなぁ~。

投稿: てっちゃん | 2013年2月10日 (日) 06時33分

店舗で、惣菜部門のリーダーをしている時に、バレンタインの日にお客様から、チョコを何個かいただいて感激したことを思い出しました。

投稿: ふるた | 2013年2月10日 (日) 02時46分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
まったくそのとおりですね。
一人でも多くのファンつくり。
顧客も今の時期は流動的。
だから、信頼だけは裏切れないですよね。

投稿: てっちゃん | 2013年2月10日 (日) 00時18分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
「てっちゃん会」の進行に関してはお任せいたします(笑)。
「暴走」出来る段取り。
それが店長としての最大の準備体操なのだと思います。
そして、それに呼応して動いてくれる部下の存在。単品の仕掛けの成功失敗は、上記の準備体操にかかわってくるものですからね。

投稿: てっちゃん | 2013年2月10日 (日) 00時16分

幹事殿の仰せのままに(笑)。
さっそく虜になったお客様がいらっしゃる
わけですね!既に既存店!?
そういうお客様を一人でも多く増やしていきたい
ですね。

投稿: かわらい | 2013年2月 9日 (土) 23時11分

立春と共にいよいよ動き出しますか。(笑)私も負けじと動こうかと思っています。お客様はもちろん、パート・アルバイトに至るまでのコミュニケーションの構築に半年・・・ある程度「暴走」しても大丈夫かな?と感じる環境が整ってきたと思っています。
てっちゃん会もいよいよ間近になって参りました。人数的にも当日好きなものをオーダーして分かち合うのも良しかと、料理は当日その場でと思いますが如何でしょう?

投稿: dadama | 2013年2月 9日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56713826

この記事へのトラックバック一覧です: お客様からの声がけ:

« 2月も半ば | トップページ | テスト »