« 身近な情報源 | トップページ | 再び掛川茶 »

2013年2月14日 (木)

食わず嫌い

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



先入観とは、やはり恐ろしい。

 わが地域の郷土料理「しもつかれ」。

手作りの「しもつかれ」を食したのは、今回が二度目。
一度目は、およそ十数年間に、やはり手作りを食した。

 “意外に、見た目ほど悪くは無い”

そんな感想を持っていたのだが、それ以来、食すことは無かった。

 手作りを頂くことが無かったから。

自ら作ることも無かった。

地域料理でありながら、地元の人も若い世代になると誰も食べない料理。
しかし、この時期になると、この食材は飛ぶように売れる。

 なんとも不思議な現象だ。

料理を作って食べる人、食べる家庭は徹底して食べるが、その子供の世代になると極端に作らず食べなくなる。

 このお店の従業員に至っては、まず誰も食べない。

それでも食材は売れるという不思議な現象。

先日、鮮魚担当者が懇意にしいてるお客様が、我が家で作った「しもつかれ」を持参してくれた。

 「皆で食べてみてください。」

この料理は、一度大量に作ると、近所におすそ分けするようである。

 「店長、お客様から頂いたものです。どうぞ。」

流石に、引いたが、

 「せっかくだから、頂くよ。」

こうなったら、後には引けない。
勇気を振り絞って、食べてみた。

 “意外に、食べれる!”


|

« 身近な情報源 | トップページ | 再び掛川茶 »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
是非、7軒分食べ歩いて下さい。
嫌が上でも好きになりますよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年2月14日 (木) 21時46分

私はまだ食べる度胸がありません(笑)。
地域密着を旨とするスーパーの店長としては
知る必要がありますね。

投稿: かわらい | 2013年2月14日 (木) 20時12分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
リンクされた商品は、しもつかれの合同展開の売場のメインに位置しています。
しかしこの地域は「しもつかれ」は手作り志向。
よって、材料としての白大根や福豆、人参、あぶらあげ等の消費も半端ではありません。
よって、各家庭のしもつかれも味が違うため、他人のしもつかれを食べる場合には、彼女らも勇気がいるようです(笑)。
そして私は、店長のプライドから箸をつけてしまったのですが(笑)、その健康的な効果に改めて「しもつかれ」の底力を知るのでした。

投稿: てっちゃん | 2013年2月14日 (木) 12時28分

うーん、見た目は確かにグロテスク。更に中から目玉親父が飛び出してきたら・・・
スーパーでも当たり前に売っているようですがてっちゃんのお店にもあるのでしょうか?

http://www.geocities.jp/yamapon65/tisantisyou_simotukare.html

投稿: dadama | 2013年2月14日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食わず嫌い:

« 身近な情報源 | トップページ | 再び掛川茶 »