« 卒業 | トップページ | バイヤーの適齢期 »

2013年2月18日 (月)

一生一度の経験

皆さん、こんにちは。 
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


このブログは基本的に食品スーパーの店長宛に発信しているもの。

 しかし、いろいろな方が読まれている。

そして、今後いろいろな方が食品スーパーの店長として昇格、または異動となってその職務に就くことだろう。

特に、本部やその周辺でスタッフをやられている方が、今後店長として異動する場合もあるだろう。

 バイヤーから店長へ。
 人事から店長へ。
 開発から店長へ。

その他、多岐にわたるだろう。

 店長経験や現場経験の少ない中での店長就任。

周り以上に本人が一番戸惑うのではないか。
しかし、私は思う。

 “一生に一度は店長を経験すべき”

スーパーマーケットの仕事を生業としてきた訳だから、どんな仕事に就こうとも文句は言えない立場ではあるが、現場の長としての「店長」という業務に、一生の中で一度は経験してほしいと思う。

それは、現場の店長という業務自体が、その全人格が問われる存在であるからだ。

 細部のマニュアルを知っているとか
 商品に関しての知識が豊富だとか
 マネジメント手法に詳しいだとか

いろいろな特技はあるだろう。
しかし、いざ現場でその職務に就いてみると、何が一番大切か?。

 その人間性。

そして、店長ほど人間性が色濃く発揮され、そして部下がその人間性に左右される職務は無い。

それだけ、その部分はブラックボックス化されているのだ。
だから、その人間性が大きく問われるのだ。

 スーパーマーケット業界も高齢化が進んでいる。

特に本部スタッフも続々と数年で定年退職。そんな企業も多いと思われる。

 そんな中で、本部スタッフから店長を経て、定年。

そのような方も多いだろう。
是非とも、この業界に入社して定年までに、店長を経験してほしい。
それは、マネジメントの本質を理解することでもある。

 何も決定権の無い存在が、全ての鍵を握るからだ。

この事は、今後の定年後の人生を変えてくれることになる。
私は、そう思っている。







|

« 卒業 | トップページ | バイヤーの適齢期 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございますさん、コメントありがとうございます。
本当に久しぶりですね。
生きていて良かった(笑)。
店舗規模に関係無く、店長という存在は同様に人を成長させてくれますね。

投稿: てっちゃん | 2013年2月21日 (木) 00時18分

お久しぶりです。
店長の仕事…ホントにやりがいがあって、素晴らしい仕事だと思います。

いつもありがとうございます。

投稿: いつもありがとうございます。 | 2013年2月20日 (水) 12時13分

kiyoさん、コメントありがとうございます。
私は、率も額も、お店の責任で創出するものだと思います。
ただ、その前提としてベースを作るのは本部の商品政策になってくるとは思いますが。
お店がやってみたい企画。
やっぱりお客様に喜んで頂いて感謝して頂ける企画かなぁ〜。
「健康に良い」「長生き出来る」「他人に喜んで頂ける」とかその他諸々。
単に安いという問題ではなく、必ずその商品の裏側には売り手をワクワクさせる何かが潜んでいるもの。
そんな夢、なりたい自分を支援してくれるような商品や企画なら喜んで売り込みますよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年2月19日 (火) 14時11分

19日の水元先生のブログの中に粗利率を取るのが本部の仕事、粗利額を取るのが店長の仕事と記載されていました。多くの商品の粗利MIXの中で何を量販し、相対的に目立たせてお客様に納得して買っていただくか?店舗全体の売り場のコーディネーター!やった結果がすぐに出る所も店長の仕事の醍醐味なのかな?と皆様「のコメントを読んで感じました。店長の皆様がやってみたい!」と言うような提案をメーカーとして考えたいと思います。生意気ですが・・・。

投稿: kiyo | 2013年2月19日 (火) 09時39分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
店長としての本当の楽しさ。
じっくりとこれから味わって下さい。

投稿: てっちゃん | 2013年2月18日 (月) 23時34分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
経営をミニマムに体験出来る職位。
これぞ人間としての集大成といっても過言ではありませんね。
人としての生き方が問われる職位。本当にやりがいを感じる今日この頃です(笑)。

投稿: てっちゃん | 2013年2月18日 (月) 23時32分

スーパーの仕事の中で一番楽しい仕事だと
確信しています!
課題をクリアしても又違う課題が生まれてくる。
考え方次第でプラスにもマイナスにもなる。
どんな仕事であることだと思いますが
店長はそれを一番感じる職業だと思います。
本当に楽しい思いをするのはこれからですが。

投稿: かわらい | 2013年2月18日 (月) 21時01分

店長職、なってみて判る底なしに深い職域。人・物・金の資源を最大に活用して、お客様・会社・従業員に対し最大の利益を与える事が基本職務であると思うのですが、今までの怠慢・勉強不足を痛感する日々が続いています(笑)。でも、純粋に仕事に取組めるのも店長職ならでは。残された時間でどこまでやり遂げられるのか?定年までの残された期間スピード感を持って、でも焦らず・慌てず、そして少しでもお客様・会社・従業員の利益貢献のために頑張りたいと思います。

投稿: dadama | 2013年2月18日 (月) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56764880

この記事へのトラックバック一覧です: 一生一度の経験:

« 卒業 | トップページ | バイヤーの適齢期 »