« 鮮魚の伸びしろ | トップページ | 今年のおせち »

2012年12月27日 (木)

参加の決意

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


「店長、接客コンテストは参加しますか?。」

 一瞬戸惑ったが、はっきりと答えた。

「もちろん、参加するよ。」

 次年度2月の接客コンテスト。

上司からは、まだ落ち着かないだろうから、コンテスト出場は見送ってもいいぞとは言われていた。

私も、開店前の慌ただしさもあり、「そうですね。」とは答えていた。
そして先日、レジトレーナーが来店した際に、私に聞いてきた。

 “何の為に、接客研修会を実施してきたのか?”
 “何の為に、毎日挨拶訓練を実施してきたのか”

その結果を、今回の出場で問うべきではないのか。

 時間が無いから出場辞退するのでは無い。
 過去の振り返りを客観的に問いてみたい。

開店前に集中して実施してきた接客研修会。
その成果を問いて、今後の接客研修に活かしたと思った。

更に、想った。
 
 どうせ出るなら入賞を狙う。

ただ、客観的に結果を見てみたいだけなら出ない方がマシだ。
出場するなが、結果を出すしその為に努力もする。
そして、それだけの人材も育っていると思っている。

 “来年早々から、また忙しくなるな”

来年早々もいろいろと研修会の予定が入ってくる。
本来の目的である、競合店との戦いからの業績達成。
更に、内部目的の接客コンテストと研修会。

思えば、今年の1月もそんな日程だったような気がする。

 時間がおせば、効率よく仕事をしようと働く。

昨年の新春もそんな効率化が図られた時があった。
そんな、無い時間を有効に使って、密度の濃い時間を共有してきたいものだ。







 

|

« 鮮魚の伸びしろ | トップページ | 今年のおせち »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
所詮我々に与えられた時間は一日24時間という枠。
時間が無いというよりは、何を削って何をするか。
優先順位をしっかり自分で認識すること。
人生って、それで決まってしまいますからね。

投稿: てっちゃん | 2012年12月28日 (金) 06時23分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
このような店舗間の競争や競合対策は、店舗を一つにまとめる良いチャンスだと思います。
無駄な時間を費やすと思うか、この機会を利用して一つになろうとするか、店長の考え方一つですね。

投稿: てっちゃん | 2012年12月28日 (金) 06時20分

1日1分の拘りが1年で365分=6時間の時間を生み出す。塵も積もれば山となるです。
人生に公平に与えられる時間。活かすも殺すも本人次第。時間に拘る事が仕事への拘りに結びついていくと思います。

投稿: dadama | 2012年12月27日 (木) 21時07分

社内で色々な研修会やコンテストがあるんですね。
単純なものからでも良いので店舗間の競争を
提案してみよう!
チェッカーさんの接客の技量を競うコンテストは
特にモチベーションアップに寄与出来そうですね。

投稿: かわらい | 2012年12月27日 (木) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56318708

この記事へのトラックバック一覧です: 参加の決意:

« 鮮魚の伸びしろ | トップページ | 今年のおせち »