« 空白の時 | トップページ | アクシデント »

2012年11月21日 (水)

命投入の儀式

皆さん、今日は。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



いよいよ、開店日。

 快晴の朝だった。

出社する為に家を出た時は、満点の星空だったが、その後店舗に着いて各部に挨拶回りを終えると、本当に奇麗な日の出を見る事が出来た。

 この日の出は、一生忘れまい。

その朝日を受けて、私は命を吹き込まれたようだ。
既に、ベーカリーや生鮮部門は本部スタッフを含めて商品化が始まっていた。

各部とも、相当の緊張感がバックヤードを覆っていた。

 “この緊張の糸は、刺激しまい”

それ程、ぴりぴりした緊張感が漲(みなぎ)っている。
前日に納品された生花をお客様用出入口に異動し、風除室をショッピングカートで一杯にし、無駄なカートを表に出した時、東の空からもの凄い勢いと光線で朝日が私の体を刺してきた。

 “痛いくらいの朝日だ”

こんな強い光を浴びたのは初めてだった。
この心に残る朝日を、私は一生の宝とするだろう。

そして、早朝の時が進み、いよいよ全従業員でこの建物に命を吹き込む儀式の時が来た。

 「全従業員はレジ前に集合!。」

そんなかけ声で、緊張感を崩せないパートさん達が小走りで集まってくる。

 「おはようございます。全体朝礼始めます!。」

全員の「ハイ。」の返事が建物内に鳴り響く。
この儀式の為に、トップが来て頂いていた。

 この地域に出店する意義。

このお店に対する使命と期待を話して頂いた。

 「それでは、このお店に我々の手で命を吹き込みましょう!。」

挨拶訓練の始まりである。
この為に、月二回の接客研修も続けてきた。

 一人一人の笑顔と切れの良い声が響いた。

さて、いよいよ船出である。




|

« 空白の時 | トップページ | アクシデント »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
店舗の従業員とお客様が合いまみれて初めて、そのお店の色が出てくるのだと思います。
そう言う意味では、これから先はお客様を知っていく地道が作業を続けていくしか無いと思っております。

投稿: てっちゃん | 2012年11月22日 (木) 06時01分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
あっという間に12月。
そしてクリスマス、年末と続きますね。
今年は失敗の許される年。
目一杯挑戦してみたいですね。
ps
さっぱりしたコンコード。美味しく頂きました。

投稿: てっちゃん | 2012年11月22日 (木) 05時57分

新店舗の1日目しか経験出来ないことですね。
まだ経験のない私には羨ましい限りです。
新しい店舗、設備、商品そして仲間、
これから日1日と、てっちゃん色に
なっていくんでしょうね。

投稿: かわらい | 2012年11月22日 (木) 00時02分

開店から一週間、本部応援も一段落していよいよ「てっちゃんのお店」としての本領発揮ですね。まずは年末、新店の年末は難しいと言われますが新たなる伝説が生まれるのを楽しみに致しております。コンコードはお口に合いましたか?(笑)アルプスワインの品揃えはありましたね。私も栃木の地酒をしっかり買い込ませて頂きました。

投稿: dadama | 2012年11月21日 (水) 20時31分

杉浦さん、コメントありがとうございます。
いつも読んで頂きありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2012年11月21日 (水) 10時45分

おはようございます。

開店おめでとうございます。

大成功を御祈りさせていただきます。

岐阜県でスーパーマーケットの店長をし

ております。 杉浦ともうします。

毎日楽しく拝見させていただいておりま

す。 お体に気をつけ頑張ってください。

投稿: 杉浦 | 2012年11月21日 (水) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/56150882

この記事へのトラックバック一覧です: 命投入の儀式:

« 空白の時 | トップページ | アクシデント »