« 念ずれば現れる | トップページ | 今週のりんご »

2012年10月29日 (月)

異質を受け入れる

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、友人と飲んだ記事を載せた。

 その時の話題。

彼の企業では現在、合併した企業との融合が進められているらしいが、なかなかお互いのDNAが違う為か、合併吸収された企業の幹部が芽を出しづらい環境にあるらしい。

 企業のDNAの違い。

この問題は、意外に根が深い。
そして、吸収された側の従業員がなかなか主流派のDNAに馴染めずにその力を発揮出来ないケースが多いのではないだろうか。

スーパー各社には、その描く「あるべき売場」がある。
そのあるべき売場を造る為に登る「階段」がある。

 その階段と登り方が全く違うのである。

今までは「是」であった優先順位の高い手法が否定され、「否」であった手法の優先順位が高くなるのだる。

これは、ベテランになればなるほど是正が利かなくなる。

私は、あるべき姿を目指す為には、当然優先順位は必要だが全ての要素は絶対にバランスを取って達成しなくてはならない項目だと思っている。

企業によっては優先順位を高くしてそこに企業の力を集中しようとするが、しかしそれだけやればお客様から支持されるというものではない。
あくまでも全ての要素は必要だし、バランス良く目指さなければ必ずほころびが出てくるものだ。

しかし、吸収した側の従業員が吸収された側の従業員を否定してしまう。

 “異質を尊重する”

そんな態度がお互いに無いと、必ず発生する問題。

そして、友人は、その事を憂いていた。

 担当チーフレベルでそんな意識が出ていると。

彼は、相手側の良さにも注目している。
その効率を優先させた手法にも価値を見出している。

 自企業には無い良さ。
 自企業の弱みを相殺する営業技術。

お互いに強みを共有して更に強くなっていく事。
その為には、お互いの強みを共有する事の重要さを説いていた。

階段の登り方は違うだろう。

 しかし、あるべき姿は一つ。

違う階段の登り方を学ぶ姿勢。
せっかくの「異質」に巡り会えるチャンス。
このチャンスを活かすも殺すも彼ら現場の責任者次第ということだ。






|

« 念ずれば現れる | トップページ | 今週のりんご »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
答えは常に現場にあり、お客様が答えてくれる。
そこから一番遠い存在のところでいつも意思決定がなされてしまう。そこに問題が凝縮しているのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2012年10月30日 (火) 11時15分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
いつもありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2012年10月30日 (火) 11時12分

私もご存知のように同様の環境下にいます。
「あるべき姿はひとつ」の筈なのに、価値観や優先度の相違。特に中間管理職の意識統一が難しいようです。キャリアが長いほど組織風土に染まるのも確か。異なる組織風土を対立と見るか補完と見るか・・・客観的には答えは明白であると思うのですが、派閥・利権等色々なしがらみの存在も事実。
「お客様のために」と言いながらお家事情でなかなか纏まる事が出来ない。会社も国家も類似点があるようです。
水元氏のブログを最初(2006年)から読み直しております。氏の辛辣コメントに自分の甘えを再認識しているこの頃です。

投稿: dadama | 2012年10月29日 (月) 18時53分


当方も大手のスーパーに勤めています
こっそり読ませてもらってます
勉強になる事が多いです

投稿: 通りすがり | 2012年10月29日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/55961994

この記事へのトラックバック一覧です: 異質を受け入れる:

« 念ずれば現れる | トップページ | 今週のりんご »