« 行動が変わる | トップページ | 記憶の鍵 »

2012年9月15日 (土)

少ない情報から結果を出す

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


新店において、私が一番期待する従業員の姿。

 ひとりひとりがリーダーシップを持って行動出来る事。

そんな個人の集団にしたいと思っている。

 自ら考え、自ら積極的に行動できる従業員。

それは、社員だけではなく、パートさんアルバイトに至るまで、そんなリーダーシップを持って仕事に従事し、その延長戦でいろいろな生活場面で活躍できる事だ。

先日の接客研修会で、トレーナーが作成したロールプレイング。
8つの売り場でのお客様との遭遇場面での従業員としての行動基準を、見本を示して、お客様役と従業員役で設定して練習し、最後に全員の前で披露するという訓練。

トレーナーは3人グループに分けさせて練習に入った。

 3人とは、非常に親密な関係つくりが出来るものだ。

2人では、自分と相手にわかれて役無しは出来ないが、チームとは呼べない。
3人になると疎外者は出やすいが、まだまだ親密でひとりひとりが積極的に参加しないとチームがまとまらないし、課題解決も進んでいかない。

更に、8つの課題を30分という非常に短い時間で練習し、マスターしなければならないのだから、3人がそれぞれ積極的に参加して行動していかないと、その後の発表段階でまとまりの無さを披露してしまうことになる。

そんな中でも、3人全員がリーダーシップを発揮して練習を重ねるチームもあれば、3人の中の一人が浮いちゃって実の入らない練習をしているチームもあった。

これが、5人10人と人数が拡大するにつれ、リーダーシップのあるグループと無いグループにはっきり分かれてしまうのだろう。
だから、3人とは派閥の出来る最小人数として昔から言われているのだろうと思う。

30分後の発表の後に、私は全員の前で話した。
特に、チーフ達に聞かせたかった話をした。

「この30分で練習を繰り返し、結果を出す。非常に少ない情報から皆さん良く練習をしてロールプレイングを披露してくれました。今回は3人というチームで全員が参加できる環境を作って練習しました。少ない人数だからより積極的に全員が参加しなければより多くの課題をクリアできないし練習にもならない。ここでひとりひとりのリーダーシップを発揮していただきたいのです。リーダーだけがリーダーシップを発揮するのではない。ひとりひとりその場の状況を考えてスムーズに目的を達成するには、全員が自ら考え自ら積極的に行動していくリーダーシップを持たなければならない。今日はその訓練をしたのです。」

店舗研修がスタートして約3カ月が経過。
といっても、一番初めの採用者の話であって、お盆も挟んでであるため、実質は2カ月程度。
まだまだ作業面での習得は少ないだろう。

 しかし、リーダーシップは全員公平に発揮できる。

より多くの集団になればなるほど、ひとりひとりのリーダーシップが重要となる。

 その大切さを今のうちから学んでほしい。

将来的には、彼女らが中心となって店舗運営をしていくことになる。
今から、ひとりひとりが競合店の従業員に勝る資質を植え付けていく事。

 見えない未来を創る。

それは、そのような意図を持って、見えない未来を今から創っていく事なのだと思う。





|

« 行動が変わる | トップページ | 記憶の鍵 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
お互いに「背水の陣」同士。
そのリアルさが、関心を引くのでしょう。
この一週間の動向が楽しみですね。

投稿: てっちゃん | 2012年9月17日 (月) 06時01分

背水の陣と言うべきでしょうか(笑)
これからも、ブログを汚さないコメントに努めて参りたいと思います。

投稿: dadama | 2012年9月16日 (日) 22時24分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
非常にリアルですね。そして臨場感たっぷりのコメント。
読者の方の関心は、むしろ私の記事よりもdadamaさんのコメント向けられているのだと思いますよ(笑)。
是非今後とも、リアルで臨場感のあるコメントを期待しております。

投稿: てっちゃん | 2012年9月15日 (土) 23時17分

時代の流れでパート比率が高まる事が予想される中、パートの資質が店の運営を大きく左右していくのでしょう。新店の場合、店長の志が高ければパートさん達のモチベーションを高めた状態でのスタートを切る事が出来る。「私がこの店を支えていくんだ・お客様に喜んで頂くのだ」という意識。それと店長との信頼関係。これに対して守る側の既存店の意識改革はなかなか難しい(笑)。現実を肯定した上での意識改革。言葉では簡単ですが、雑草でも・埃でも長年放置した状態を在るべき状態に戻すには時間と労力が必要・・・改革をスピード感をもって従業員のストレスを最小限で進める。明日からいよいよ行動に移して行こうかと思います。一週間で私がどれだけ受け入れられたかの試金石にもなりそうです。

投稿: dadama | 2012年9月15日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/55652830

この記事へのトラックバック一覧です: 少ない情報から結果を出す:

« 行動が変わる | トップページ | 記憶の鍵 »