« 異文化への欲求 | トップページ | 認識のズレ »

2012年8月30日 (木)

もしドラから

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

先日の、AKB前田敦子の卒業。

 それを記念?しての、「もし・ドラ」が放映された。

もし・ドラ?。

 “えっ、あなた知らないの!”

昨年流行した「ドラッガー」。
その火付け役となったのが、この「もし・ドラ」である。

 「もし、高校野球の女子マネージャーが
          ドラッガーを読んだら。」

ドラッガーの書籍のコーナーに大陳されていたのは、記憶に新しい。

 “ドラッガーとはそんな簡単なものではないだろう”

と決めつけ、その後手にとる事は無かった。
そして、前田敦子の卒業記念として、先日の夜に「もし・ドラ」が放映された。

 “とりあえず、録画したから見て見るか”

ふとしたことから「ドラッガー」のマネジメントを読む羽目になってしまった女子マネの前田敦子が、その理論から現実の高校野球をあてはめ、「高校野球の顧客とは?」から「高校野球のマーケッティング」に至り、「高校野球のイノベーション」へと進化していく物語。

その過程の中で、監督や選手らと関わり、同じ女子マネとの人間関係とも目ざめ、人の大切さを学んでいく。

途中の物語で感動したのは、前年の夏の大会でピッチャーのコントロールから大負けした後の、同僚女子マネとの会話だ。

同僚
 「わたし、もう監督が信じられなくなりました。」

前田
 「それは違うわ。監督をマメジメント出来ない私たちマネージャーの力量不足なのよ。」

 “凄い事言うなぁ~”

監督の行動までも自分達のマネジメントに置き換えて評価してしまう客観性。

そして、真摯にひたむきに取り組む事から、本音のぶつかり合いを経て、マネジメントの基礎を固めていく。

この中で、池田高校の蔦監督や、取手二高の木内監督の名前が出てきた時は、本当に懐かしい想いがした。
そして、彼らの名前を自慢げに話す監督に、3人目の軌跡を起こさないかと「イノベーション」を持ちかける女子マネ達。

一度胸の中、心の中をさらけ出した人間達は、必ず連帯する。
その連帯から、組織の中の自分に目ざめ、そこでの信頼関係から自らの有能感を得、自信を深めて甲子園出場を達成するというストーリーである。

本当に簡単にドラッガーに触れる事が出来、また、現実の高校野球を通してその活かし方を描いたストーリーは軽快である。




|

« 異文化への欲求 | トップページ | 認識のズレ »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
何かを成し遂げようとする行動原理は、全てにおいて一致しているんでしょうね。
それを、自分が興味を持って気持ち的にも前向きに見られる身近な存在として描かれると分かりやすい。
マーケティングとマネジメント。
それを具現化する店舗。
そこにスーパーマーケットのダイナミズムが集約されているようです。

投稿: てっちゃん | 2012年8月31日 (金) 06時29分

昨日は、早とちりで失礼しました。
ドラッカーの高尚な理論は私も理解出来ませんが、兼々野球と商売の構図は類似点が多いなと思っていました。
監督=店長 コーチ=副店長 プレイヤー=担当者、監督の構想をコーチが具現化し、プレイヤーは具現化された責任を全うする。個々のポジションを全うする事がチームプレーとなり勝利に導く。相手の強み・弱みを分析するデータ野球は競合調査に通じる。
そして闘う・勝つ闘争心に拘るモチベーション。ファンの数=来店客・・・
商売の鉄則=野球の鉄則が通じると思います。

投稿: dadama | 2012年8月30日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/55535854

この記事へのトラックバック一覧です: もしドラから:

« 異文化への欲求 | トップページ | 認識のズレ »