« 教育プログラムという負荷 | トップページ | 佐野エリアMR③ »

2012年8月 5日 (日)

柔道ニッポン

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


ロンドンオリンピックの話題で日々満載の今日この頃。

 日本列島がメダルラッシュに沸いている。

 序盤戦の「柔道」「競泳」。
 アーチェリーにウェイトリフティングの健闘。
 そして、本命「内村航平」の体操個人総合。
 昨日はバドミントンが決勝進出でメダル確定。

昨日からのテレビでも、メダリスト個人に焦点を当てての特集を組んだ番組を組むテレビ局が増加してきた。

内村航平をはじめ、柔道の松本薫、競泳の入江陵介、鈴木聡美等の各選手の特集等めじろ押し。
本命「内村航平」の個人総合の金は、団体戦でのもやもやを吹っ飛ばしてくれるメダルだった。

 “ようやく、本命が来た”

そんな印象だ。

その裏側には、柔道ニッポンの金メダル候補の敗退が影響していとも思われる。
特に女子柔道で期待を担った「福見」や「中村」がメダル無しという結果が序盤の盛り上がりに欠けた印象か。

 しかし、今回私が一番感動したシーンは?。

女子柔道の田知本遥選手の敗戦での涙ながらのコメント。

 「左腕の負傷で力が出なかったのですか?。」

「いえ、片腕でも勝つ選手はいます。片腕一本で勝つ戦術と気力が私には足りなかったんだと思います。」

相当の負傷なのだろう。
相当痛かったに違いない。
それでも、妥協せず、このコメントを発する。

 この瞬間、私は彼女以上に泣いた。

こんな若い子がここまで言うか!。

今回のオリンピックで想うのは、柔道選手も競泳選手もそうだが、そのコメントの素晴らしさにある。

 柔道選手の「金」以外価値が無いと言い切る姿勢。
 競泳選手の「周囲の関係者」を持ちあげる姿勢。

どちらも、チームジャパンとして相当鍛えられてきたであろうその技術と精神。
そして、その競技に向かう心の持ち方と結果への自己評価。

 柔道の、結果が全てと自己評価する姿勢。
 競泳の、周囲のおかげと感謝する姿勢。

日本人の道徳観を、チームジャパンの中で徹底して伝授されてきたのだろうと思う。
特に柔道選手には、絶対に妥協しない結果へのこだわりを感じた。

銀だろうが銅だろうが、金意外は絶対に笑顔すら見せない。
メダリストに対するインタビュアーが、どうにか笑顔を引き出そうと四苦八苦する姿のほうが逆に目立ってしまうぐらい、寡黙でもある。

 “だから王国が築けるのだろう”

期待の重圧に負けるという批判もあろうが、この心持を持ち続ける限り、柔道ニッポンは当面メダル量産を続けるだろう。

今回の出場者だって、一部選手意外は知らない顔。
しかし、それでも日々男女のどちらかはメダルを奪取している。

 それでも「金」以外は、自らも認めない。

こんな若い子たちですら妥協しない結果。

 50オヤジが簡単に妥協してどうする!。

柔道ニッポンから学ぶ事の多い前半戦だった。

|

« 教育プログラムという負荷 | トップページ | 佐野エリアMR③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
純粋な気持ちと言葉。
どんな場面でも誰が言っても、相手に響きますよね。
誰かに言わされる、誰かにさせられる言動は偽りだから響かない。
常に現実に正直でありたいですね。

投稿: てっちゃん | 2012年8月 6日 (月) 06時48分

スポーツならでは勝ちたいと言う純粋な精神、そこからの言動も純粋な気持ちだからこそ相手を感動させるのでしょう。
純粋な気持ちは相手に感動を与える。スポーツも商売も人間相手には変わりありません。
純粋な気持ちでお客様と向かい合う、惚れ込める商品を如何に増やしお客様に共感をして頂くのか・・・その様な商売が出来る担当者・店を育てていきたいと思っております。

投稿: dadama | 2012年8月 5日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/55318930

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道ニッポン:

« 教育プログラムという負荷 | トップページ | 佐野エリアMR③ »