« 逆境で自分を磨く | トップページ | 基本と応用 »

2012年6月15日 (金)

見える化の効果

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


ストアコンセプトから、週別のMD計画を立案し、見えるかによって掲示してその反省を週毎に検証していく。

 今年からの店舗の重点政策として実行している。

そして、3月から継続して早3ヶ月。
その事で、非常に数値が伸びてきた部門も多い。
更に、店長として販売面での店舗運営が非常に容易になってきた。

 数週間後までの各部の重点商品が見えてきた事。

お互いのコミュニケーション。
検証や今後の対応、更に、検証の結果から出来るアドバイス等が見えて来て、その効果が流れとして繋がってきたと言う事である。
物事は常に流れており、その前後の繋がりが見えてくるから、今後の予測も容易になるのである。

そう言う意味で、流れが見えると言う事は、絶大な効果である。

そして、チーフ達の企画立案と検証能力、更にその連動性もついていくものと思われる。
特に、その事によって、単品量販力は間違いなくついてきているだろう。

更に、単品量販力とその連動性の習得によって、単品育成力もついていくから、一度単品量販した商品は、その後も全体の売り上げを底上げしていくというシステムを理解する事によって、単品の維持能力も養う事になる。

それが、52週連続してやり続ければ、これは大きな力となる。
こんな個人の蓄積が、企業の蓄積となり、組織強化に繋がっていくのである。

この流れが、パートさん達にも公開されているという緊張感が、チーフや担当者の行動に積極性を与え、それが行動に繋がり、お客様に伝わり数値が変わる。

自分の計画が公開かれ、自らの背中を押す原動力になるという仕組み。
この仕組みこそが、組織内の活性化であり、その活性化が数値を変え感動を生む。

 自分の部門は今何をしようとしているのか?。

現場の原動力であるパートさん達の力を得ることも大きな要因である。
このような部門間の競争的な要素も加われば、自部門への帰属意識から、その単品量販に自然に力が入り、部門としてのパワーも必然的にアップしていく。
だから、計画した商品を昨年比で比較すると圧倒的に他店舗を引き離しているのである。

 売上では敵わないが、昨年比では伸びている。

更に、単品では全社一位の単品も出現したりする。

私やパートさん達の力も加わり、その商品の陳列、コメント、手直し等が日々の中で維持されていくと、結果的には異常値を示していくものだ。

 そして、これが商売でもある。

それだけ、単品の商品動向とは、売る側の意志で大きく変わるもの。

部下の成長をどう育成するか?。

 それは、売る意志をどう育てるか?。

そこが一番の力点になるのではないだろうか。



|

« 逆境で自分を磨く | トップページ | 基本と応用 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
「宝の山」の発掘。
これだけでも、相当の能力を擁しますからね。
その感度の高さが、全ての基本的な能力なのだろうと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年6月16日 (土) 12時27分

数を通して支持を得ることは大事であり、ロスリーダーも必要でしょう。でも、ロスリーダー的商品にも相応の利益が求められる時代、これはもう店では如何ともしがたいのではないでしょうか。定番に関しては本部の価格交渉による原価低減に期待するしかないと思います。
店は担当者の感性を磨き「宝の山」を発掘する努力をする。この両輪が店舗力をつけていくと思います。

投稿: dadama | 2012年6月15日 (金) 21時59分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
その通りですね。
いくら売ったという話題よりも、いくら儲けたか。それが商売の本質なのですが、いつの間にか数の論理になっていった。
しかし、数を通して大手を追う中小がお客様の支持を得ていく過程も事実。
数を追いながら、利益ミックスの腕を磨く。
その技術の追求と、その時代時代の価値を創造する技術。
派手な売場も重要ですが、普段のそんな打ちだしがお客様の安心した選択を促すのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年6月15日 (金) 07時02分

単品販売力。単品販売力とはどれだけ売るかではなくてどれだけ利益を稼ぐ力があるのかではないかと思います。例えば、卵や砂糖を98円で1000個売るのは単品販売ではないでしょう。定番の商品から動きのある商品を探り出し、動いている理由を調べ、それを他のお客様にも知ってもらうために大量陳列をする。商品は定番の延長線にありますから当然利益もしっかり入る。商売の醍醐味とは、どれだけ売ったかではなく、どれだけ儲かったかにあるのではないでしょうか。最近の危惧は効率化の下、伝票レスのシステムに変わり担当者が原価を把握してないという事実。原価も知らずに商売をしているという恐ろしい実態があります。本部主導のMDの弊害はこんなところにも現れているようです。

投稿: dadama | 2012年6月15日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/54887705

この記事へのトラックバック一覧です: 見える化の効果:

« 逆境で自分を磨く | トップページ | 基本と応用 »