« 見えないもの | トップページ | 採用 »

2012年6月21日 (木)

「リーガル・ハイ」という検索ワード

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先週一週間の検索ワード(このブログに、どんな検索ワードから入ってくるか)を調べたら、以外な結果に驚いた。

 「リーガルハイ」が、なんと第2位だったのだ。

第1位は、「てっちゃんの店長日記」。
ブログ名である。

そして、6月10日に「リーガルハイの奥深さ」を記した。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-000e.html

それ以降、「リーガルハイ」というワードで検索し、このブログに入ってくる方が多数おられた。

 それだけ、リーガルハイが話題になっているのか?。

実際に、グーグルでリーガルハイを入れても、このブログは出てこない(当然だが)。
50ページとか100ページあたりにようやくはいってくるのだろうが、そんな暇は無いので調べていはいません(悪しからず)。

以前のブログで、今週が最終回と書いてしまったが、来週が最終回だった(これも悪しからず)。
毎回毎回、奥の深い内容に考えさせられるが、今回の法廷対決では、古美門研介がライバルの三木長一郎に勝つも、新垣結衣ふんする黛真知子が、古美門法律事務所を去る。

それは、古美門の勝つためには手段を選ばない手法と自分の目指す弁護士のあるべき姿の食い違いから発する、仕事観の違いからだ。

人は、自分の仕事に自信を持ち、自らの仕事観や人生観が確立されてくると、いつしか自分の生き方へのこだわりを持つようになる。

それは、自分の人生観から一番しっくりくる生き方や仕事の仕方を見つける。
そしてその仕事の仕方が、自分にとって一番の強みを発揮できる手法と仕事の仕方であり、それを見つけそれに沿って生きていく事が、最終的には人生の目的でもあるのだと思う。

そんな自分らしい生き方をしようとする黛真知子の仕事ぶりが、最終回の来週の内容のようだ。

更に、ストーリーの転がり方から、最終的には古美門と黛の二人の対決が予定されている様子。
おそらく、古美門の不敗神話は黛によって打ち破られるのではないか(違っていたらゴメンさない)。

更に、古美門とライバル三木との深い関係。
そして、古美門と父親、更に事務員の服部さんとの本当の関係。

古美門周辺がいよいよ解明され、人間関係が明らかになる次回である。
最終回だけ見ても何も見えてはこないが、dadamaさんはじめ、是非最終回だけは私の話題に付き合って頂きたいものです。

 6月26日(火) 夜9時からの放映です。



|

« 見えないもの | トップページ | 採用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そうです、是非最終回ぐらいは話題を共有しましょう。
そして、最終回の内容から、この番組を越えた「人生感」や「仕事観」を語り合いましょう。
楽しみですね。

投稿: | 2012年6月21日 (木) 23時25分

承知致しました(笑)
火曜日は出勤なので、娘に録画を頼みました。
帰宅後に大好きなJAZZ鑑賞をお預けにして頑張って?見てみようと思います(笑)
ビデオの録画はあまりしないのですが、アメリカ等のJAZZ局からのネット放送による録音が12000曲を超えました。12000曲と言えば昔のレコードで約1000枚以上・・・現代ではハードディスク1台に入ってしまうのですから、スマホ同様技術の進歩には驚かされます。

投稿: dadama | 2012年6月21日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/55001874

この記事へのトラックバック一覧です: 「リーガル・ハイ」という検索ワード:

« 見えないもの | トップページ | 採用 »