« iphone恐るべし④ | トップページ | 自分の系譜を作る »

2012年5月 7日 (月)

教育7割

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


上司、幹部社員の役割とは?。

 教育であり、部下育成である。

明確な方針が出た。

 全社的に、そのような方針が出され、動き出した。

企業が永続的に存続又は繁栄していく。
その裏側には、それを支える人材が不可欠である。

既存店舖が競争に勝ち残っていく為にも、既存社員の成長は必須である。
更に、事業拡大の為にも新規採用された若手社員の戦力化が必須である。

 企業とは、従業員の成長無くしては、永続出来ない。

しかし、現場にいるとどうしても目の前の業績に目が行き、本来の大前提に対して後手後手に回ってしまうところがある。

 そこに楔(くさび)が刺さった。

「上司の最大の仕事は、部下育成である。」

どんな具体的な手法や対策よりも、まずはこの大前提を念頭に置く事。

 その為に、どんな具体策を立案実現していくのか?

全ては、部下育成、部下成長に結びつき、戦力増強に結び付く。
その前提がしっかり見えるからこそ、ルールに厳しくもなれるし人に厳しくもなれる。

そんな前提に立つからこそ、業務推進が優先するのではなく、人の成長と未来に目が向き、そこへ至るための道筋としての現在の課題や壁を乗り越えるための試練を、この場を利用して敢えて与える事が出来るのだ。

しかし、その後で上司は言った。

 「しかし、店長は最後は結果に結び付けること。」

教育と称して、結果に無関心にはなるな。
教育の向こう側には、必ず人の成長を介しての業績向上を得なければならない。

 それが店長という店舗経営者の使命。

店長という立場での、教育と結果の割合は、

 5:5

私は、そんな割合で、店長の仕事のバランスを見ている。

そして、部門責任者の場合は、

 7:3

それだけ、現場レベルでは教育のウェイトを高めていかないと、現実には動かない。
しかし、教育とは言っても、7割の時間を手取り足とりの教育に費やす、と言う事では無い。

 “この事は、部下育成にどう結び付くのか?”

そんな発想と結びつきが大切であり、最後は人の育成、部下の育成に繋がっているのかという関係性が大切なのである。

そして、部下育成出来る人材が評価され、重要ポストに配置されていく。

 そのような方針が、明確になった。

|

« iphone恐るべし④ | トップページ | 自分の系譜を作る »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

つかささん、コメントありがとうございます。
フェイスブックでの好影響がお店にも現われている。
おさらくそれは、つかささんが意欲的に導入しているからでしょう。
何につけ、最終的には店舗運営に結び付けられるかが全てだと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年5月11日 (金) 06時53分

お返事ありがとうございます。

Facebookは自身の学びの他に「情報の共有化」という面でも、非常に心強いツールとなると思います。

事実、その好影響が店舗にも活かされてきました。

投稿: つかさ | 2012年5月11日 (金) 00時05分

つかささん、コメントありがとうございます。
フェイスブックとはそれほど自分の為になるのですか?。
私も、いよいよ本気で取り組まないといけないのかな。
情報ありがとうございます。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 9日 (水) 00時33分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
現場の強みは何と言っても「お客様に入りばん近い存在」。この強みは社内でも店舗でしか取り込み得ない最高の情報。
この最高の強みをどう活かすか。
この事に関しては、活かすも殺すも店長しだいなのではないかと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 9日 (水) 00時28分

お返事ありがとうございます。

シェア(共有)はリンクを貼ると、ほぼ同じと思っていいかと思います。ただ、そのリンクに対しての反応ははるかに速く、一分以内というものも決して珍しくありません。

自分もFacebookを初めてまだ間もないですが、これほど自分の為になるとは思いませんでした。

投稿: つかさ | 2012年5月 8日 (火) 23時58分

先日は失礼しました。
部下育成・・・重い課題ですね。
会社の方針が現場とブレてなければ目指すところはひとつですガ、ご存知?のように会社と現場のブレが出てきてる場合はどっちの意見を尊重するかが担当者にも重荷となるでしょう。
最近、私の方針は「現場が全て」。具体的には「お客様の欲しい商品タイムリーに売り込む事」です。
気温・旬・話題・訳あり等売込みには価格以外の要素はいくらでもある筈です。お客様より情報を持っている事は販売員の責任である筈ですから、商売のスキルを担当者と共に検証していく事が大切ですね。
本部のMDは限られた情報ですからこれに現場がどれだけ肉付けができるか。試食・コトPOP・ビジュアルマーチャンダイジング・クロス販売等のスキルアップが店長の責務なのでしょう。
そして業績・・・店長は利益責任がありますから逃げられないでしょう。でも店長の意見の聞く耳を持たない本部連中の評価を気にするのも如何なものかと。
私はお客様からの評価=業績であると思っております。

投稿: dadama | 2012年5月 8日 (火) 21時21分

つかささん、コメントありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い致します。
「Facebookにてシェア(共有)」と言う事ですが、ブログでいう「リンクを貼る」ということでしょうか?。
であれば大変名誉なことですのでありがとうございます。
しかし、フェイスブック。やはり乗り遅れず入り込むべきでしょうか。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 8日 (火) 08時27分

いつも拝見させていただいております。大変勉強になることが数多くあり、自分の無知を反省しっぱなしの毎日です。

自分も同じスーパーマーケットで勤務させていただいております。今後も学ばせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

追記:誠に申し訳ありませんが、Facebookにてシェア(共有)させていただきました。何卒ご容赦のほど、お願いします。

投稿: つかさ | 2012年5月 7日 (月) 22時30分

ふるたさん、コメントありがとうございます。
「教育が全て」。
全ては教育に結び付く。そう思えば、売場造りも競合意識も接客も、行動意欲が違ってきますね。
「良い会社」。
他人の物はよく見えるものだと思います。
しかし自分で言うのもなんですが、いい会社だと思います。なかなかそう言いきれないものですがね。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 7日 (月) 06時57分

会社として、きちんとそういう指針が、示されるのは、いいことですね。

役割をきちんと具体的な言葉で、明確化すると行動が、違ってきますよね。

てっちゃんのように日頃から意識している人は、いいけど、まるっきり意識していない人には、ハードルが高くなりますね。

部下の指導・育成の方法をまるっきりしらないわけですから・・・・

けど、いい会社だなと思いました。

投稿: ふるた | 2012年5月 7日 (月) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育7割:

« iphone恐るべし④ | トップページ | 自分の系譜を作る »