« 筑西エリアMR | トップページ | 企画と展開場所 »

2012年5月 1日 (火)

悩まない

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


「悩まなぁ~い、悩まなぁ~い。」

 以前、一休さんの漫画で聞きなれた言葉である。

そして、最近では、朝のテレビCMでもよく聞く事がある。
若い坊さんがバスに乗って、安心しきった笑みを浮かべながら瞑想にふける姿である。

 悟りの境地とは、こんな表情なのか?。

そんな風に思ってしまうほどの安心感のある表情。

 「悩む」

その最大の要因は対人関係である。

仕事それ自体、その手法や具体的対策等で悩むと言う事もあろうが、それは一時は悩んでもすぐさま解消されてしまう。

 具体的に行動してしまうからだ。

行動力のある人間ほど悩まずに行動し解決する。
しかし、対人関係になるとそうはいかない。

 “なぜあの人は、あのような行動を取るのだろうか?”
 “なぜあの人は、あの時あんな事を言ったのだろうか?”
 “なぜあの人は、あの時無視したのだろうか?”
 “なぜあの人は、・ ・ ・ ?”

等々。
不安はいつしか不信感に変わり、いずれ憎悪に変革してしまう。

 そして、心身ともに疲れ果てていくのである。

あるチーフから言われた事がある。

 “あの人に挨拶したのですが、無視されました”

本部から来店していたスタッフが当店に来店した時に、私の部下が私にいった言葉だ。
店舗内でいつものように元気に挨拶したにもかかわらず、その時のスタッフは彼に愛想の無い挨拶を交わしたらしい。

 “なぜ、あの人は私を無視するのか?”

その疑念が巡り巡って悩みを増幅させ、有り得ない思考を巡らして自己崩壊していくのである。

私は、彼に言った。

 「考えるな!。」

なぜ、なぜ、なぜ、と考えるから答えが見えずに悩む事になる。

 “あの人は、そういう人なのだ”

そう割り切って、そこから先は考えない事にする。
考えれば考えるほど、悩む事になる。
悩めば、疑念が膨らみやがては、憎悪となる。

 人間、憎悪をもったら疲れ果ててしまう。

だから、途中で悩む事を放棄し、切り捨てる。

 “あの人はそう言う人なのだ。だからこれ以上悩まない”

それは、その人にどう思われようが関係無い。何とでも思え。そんなの俺には関係無ぇ~。
そう割り切れれば、全ては解決してしまう。
そしてそれが一番の近道でもある。

 “そんな簡単に割り切って良いのか?”

しかし私は大抵の場合、上記のように「悩むな。」と叱咤する。
悩むぐらいなら、楽しめる事を考えよ。

いつもそう言って、無駄な悩みを強制的に放棄させる。

 放棄。

この放棄という発想が、自らを救ってくれるのだ。



|

« 筑西エリアMR | トップページ | 企画と展開場所 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
良い意味でも悪い意味でも、店長やトップの言動は多くの人間に見られそして影響を与える。
それを有効に利用できれば、大きな力を生むし、悪用すれば多大な損害も与える。
部下の人生を左右するだけの力を得てしまった人間が、その背負う重さを理解した時、その人間もまた成長出来るのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 2日 (水) 14時44分

てっちゃんとは逆の立場のコメントになるかも知れませんが、店長の一言というのは自分では何気ない一言のつもりでも、部下やパートさん達には重い一言になる事もあるようです。
私的には店長と言う肩書きを外して気さくに話せるような環境を作りたいと思うのですが、前提条件には相応の信頼関係の構築が不可欠であって、不用意な発言で思いもよらぬ事態に発展する事もあるので、店長になってからは発言、特に感情を伴う発言は慎むようにしております。誉める場合は感情をストレートに出した方が相手も共感してもらえますが、怒ると叱るが語彙的にも区別されるように感情をあらわにする事は相手に与える影響も大きく慎まねばと思っております。

投稿: dadama | 2012年5月 1日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/54522566

この記事へのトラックバック一覧です: 悩まない:

« 筑西エリアMR | トップページ | 企画と展開場所 »