« 天体ショー | トップページ | なぜアウトレット »

2012年5月23日 (水)

初めが肝心のルール

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


最近、あるルールをもう一度見直そうという機運になってきた。

 基本的な決め事を徹底しよう。

今まで何回か徹底を図ってきたが、なかなか定着させられなかった。
今回は全社的に取り組んでいこうという流れになった。

 “これはチャンスだ”

素直に、そう思った。

 “全社的な流れに乗って「勢い」で定着させよう”

そして、同日、副店長以下の部下達にこの事を話した。
この決め事は、どちらかと言うとパートさん達よりも男子社員の不徹底が問題だった。
更に、私も含めて、守られていないのも現状なのである。

 “自分も含めて、頭を完全に切り替えよう”

そう思わなければ、日々の習慣のなかでなかなか守られなくなる決め事。
だからチーフミーティングで、緊張感を持った話しをした。

「この機に、全社的にこの決め事を徹底する事となった。明日から全員で徹底しよう。特に男子社員は私も含めて曖昧になってきた部分がある。もう一度、自分達の問題だとして意識して取り組もう。」

そして翌日。

まだ守っていない社員がいる。
即、店内放送で周知徹底させた。

「今回、全社的にこの決め事を守っていく事が決まりました。特に男子社員の皆さん。必ず守っていきましょう。まだチェックしていない社員がいます。今すぐチェックしてください。

更に、その後の全体朝礼にても、同様の話しをして趣旨を理解していただき、全員が守っていく事を知らせた。

更に、お昼休憩時の決め事も、同様にいまだに守られていない社員には、即刻一人一人話しをして回る。

 とにかく、初めが肝心。

このような、自分も含めて、いままでその決め事に対して無頓着だった者たちが、守っていくには「初めが肝心だ」。

このスタート時に徹底出来なかったら、今後同じ努力の何倍もの努力を擁する。

 だから、初めが肝心、なのだ。

そして、その「初め」に賭けるリーダーの強い意志であろう。
更に、このタイミングを絶対に逃さないという商売感にも似た行動。
そんなものを感じて、本当に基本的な事に対して、もう一度徹底して守っていこうと全員に関心を持たせている現状なのです。

|

« 天体ショー | トップページ | なぜアウトレット »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
店長の本気度。それは、中身も常用ですが、数も常用。
いろいろな場面を利用して「数」を打っていく事が一番部下に伝わるのだと思います。
最近では、いろいろな場所を利用して同じ事を繰り返して言うようにしています。
時には皆の前に掲示したりしてでも数を打っていこうと思っています。

投稿: てっちゃん | 2012年5月23日 (水) 23時23分

私も最近痛感する事が「基本の徹底」なのです。お客様を本当にお客様と扱っているか?食を売る売場して清潔感が感じられるか?欲しい商品が欲しいタイミングに販売されているか?
まずはこの3点を完璧にしないと次のステップが「絵に描いた餅」になってしまうと思います。この徹底が中々出来ない。でも原因は私にあったと感じています。「こんな事言わなくてもあたり前だろ?」「常識だろ?」は私の常識であって、担当者の常識ではないと言う事に(汗)
ですから、最近は毎日開店前に「お経」のように基本の徹底の確認をします。トイレの便器前にも「お経文?」が貼ってあります。「店長本気だぞ」と思わせる事が必要なのかと。
てっちゃん同様、社員にその気がない、と言うか大切である事が理解出来ない&気が回らない・・・社員に気がなければパート・アルバイトがやる訳がない。そこで今は社員にポイントを絞って徹底的に基本教育をしています。その姿をパートさん達が見て「私達も頑張らなくては」と感じてくれれば良いのではないでしょうか。
お客様=人対人での仕事なのですから「感じの良い」雰囲気のお店にする事が店長がすべき最も大切な事項であると感じています。
それを本気でやりぬく気合、実行が全てであると思います。(プチ愚痴・・・相当な難所越えとなりそうですけど)

投稿: dadama | 2012年5月23日 (水) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/54715601

この記事へのトラックバック一覧です: 初めが肝心のルール:

« 天体ショー | トップページ | なぜアウトレット »