« 落ちる? | トップページ | 魚需要を考える »

2012年4月12日 (木)

ストアコンセプトを回す

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


如何に立派な経営方針、コンセプト、実行計画でも、

 現場で実行しなければ、絵に描いた餅。

最後には、どうしてもここに行き着く。

手順を追って、方針、コンセプト、実行計画と降りてくる中で、より現場サイドに立った現実味のある血なまぐさい話になってくきても、最後は、それで現場が回るのか、と言う事。

 “いや、回すのが店長の仕事でしょう?”

その通りです。

現場の店長が率先垂範するのか、部下と共有して共に推進するのか、まる投げなのかは別にして、どんな手段を使ってでも、回していく。

 そして、その結果で検証する。

最後の結果にl結び付けるためには、現場の担当者全員が同じ想いを共有して目的に向かう事で、結果が大きく異なってくる事は事実である。

 しかし、まずは、皆でやる事が最大の課題だ。

そこから先は、結果がどうあろうと、実行すれば何かは得られるもの。
実行していくために、やはり初めは店長が大きなウェイトを担う事は間違いないこと。

トップ方針から各部方針へ、そして、店舗運営方針へ。
店舗運営方針から店舗基本計画へ、そして部門計画へ流れた。

 問題は、そこからだ。

そこから、なかなか回しきっていけないのが、いつもの軌跡。
そこで今年は、簡単な週別行動計画を各部が立案した。

私が強要して、立案させたのだが、これが以外にすんなりと上がってくる。

 もしかして、ここからが問題なのかも。

そう思っていたが、実際に各部に週間計画を立案させて見ると、スムーズだ。
あるチーフが言っていた。

「これだけ同じ事を考えていれば、行動計画がすんなり出てきますよ。」

確かに、まったく違った内容の行動計画を考え直す事では無く、従来から大きな枠組みで捉えてきた事を、更に具体的に自らの言葉で自らの部門に落として捉えてきた内容だけに、そこから先は部門チーフであれば即答できるレベルで自分の頭に納まっていたのかもしれない。

そこに私から週別計画の強要になったものだから、サクサクと答えがでてくるのだろう。
早速先週末までの提出期限であったが、提出期限以前に提出し、更に週末には結果を出していく部門が出てきたほどだ。

 先週の「ほたるいか」など、全社一位の実績だった。

打てば響く。
そんな自信を高めながら、打てば響くお客様との信頼関係を結び、更に行動力をつけていってほしいものだ。

そして、私はと言うと、

 そんな取り組み事例を、掲示することに決めた。

バックヤードの誰もが通る通路で、事務所付近の壁。
今年のストアコンセプト、そして部門コンセプト、更に週別実行計画。
この3つの資料を掲示し、その下に、先週の取り組み事項を私が簡単にまとめ、写真と数値で検証し、その結果を掲示する事にした。

 否が応でも、取り組まざるを得ない。

それは、パートさんアルバイトさんまで含めて、部門の取り組みとその結果が掲示されるからだ。
私は、二つの目的のその事を実行しようと思った。

 一つは、部門の取り組みへのねぎらい。
 
 二つは、他部門の取り組みの共有化。

どんな小さな取り組みでも、店長として関わっているという証のまとめ。
更に、社員を初め、なかなか他部門の取り組みとは見えないもの。
それを見える化させて、事例を共有することにある。

他部門の取り組みとは、自分達の発想を越えたところにあり、違った視点から物事を捉えてくれる良い見本であり、そこから自部門を見直すことによって新たな閃きが生まれることが多い。

更には、アンテナの高い人間ほど、このような視点から大いに学ぶのである。
それを店舗内から共有し、ゆくゆくは他店舗の情報と共有していく。

 そこが狙いだ。

そんなことで、具体的にスタートした今年のコンセプトである。

|

« 落ちる? | トップページ | 魚需要を考える »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
「会社が大きくなっていくにつれぶつかる課題」
確かにその矛盾の中で組織は拡大していく。
そして「個店」とは言いながら全体主義の波に押し流され、個人の考える力がスポイルされていく。その中でも自ら目の前のお客様の動向を追う者にはお客様の支持が集まる。
不思議なものですね。しかし、それが真実なのかもしれません。
お互いに、覚悟を決めて頑張りましょうね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2012年4月13日 (金) 10時22分

せめて一言でも・・・
本部主体のMDの売場展開、そしてそれが出来ているかのチェック・・・ある程度裏表が理解できる店長(本部からはうっとうしがられますが)は良いのですが、理解しようとしない=勉強不足な店長と本部に逆らう勇気の無い担当者(逆説的には担当者も仕事に興味がないからいけないのですが)の店は張りぼてのような魂の抜けた店になり結果お客様に逃げられる。
実際、天邪鬼担当者&店長の店は売上げ良いですね(笑)。但し長期的に見ると、担当者・店長とも同じ店にはいれないので、居なくなった時はどうするのかと・・・標準化を取るか、多少のリスクを覚悟して担当者や店長の個性を尊重するか・・・いつも言うように会社が大きくなっていくにつれぶつかる課題であり当社でも大きな現実問題です。いつも以上に脈絡のない文章で申し訳けありません。

投稿: dadama | 2012年4月12日 (木) 22時29分

当店では本部からMD書が毎月店長に送付され、店長は本部の指示通りに売場が出来ているかをチェックするのが主たる役割となっております。
今回は色々と語りたい&愚痴りたいテーマなのですが、本日バックヤード犬走りの汚れを剥離清掃中、(天気に恵まれ慣れない事をしたせいか)まるでバナナの皮のように見事に足を滑らせ転倒、転倒後も勢い余って犬走りから落下し相当の打撲をしてしまいました。病院に行くべきなのでしょうが転倒した恥ずかしさもあって店ではそ知らぬ顔でいたのですが、帰宅後に胸部の痛みが増してまともなコメントが書けません。写真を参考にして頂ければ・・・

投稿: dadama | 2012年4月12日 (木) 22時09分

ほたるいかすごいですね。
私は毎日仕事でつめています。エイリアンくんと呼んでいますが。
全社一位なんてやりがいがあっていいですね。
私のお店では部門の目標は売上だけなのでそんな目標があったらただつめるのとはきっと違ってくると思います
楽しそう
エイリアンくん脂肪肝に良いということから
売れてますね。

投稿: 月子 | 2012年4月12日 (木) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/54378111

この記事へのトラックバック一覧です: ストアコンセプトを回す:

« 落ちる? | トップページ | 魚需要を考える »