« 挨拶 | トップページ | 焦りと漫心 »

2012年3月 2日 (金)

安心と感動

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


スーパーマーケットの本質とは何か?。

 よく、ワンストップショッピングと言われる。

ひとつの店舗で、食事の支度の用意が出来る店舗であれ。
そんな要素を有するスーパーマーケットの事である。

その為には、常に、いつものところに安心して購入できる商品が安定して品揃えしている状態。

 これが、簡単そうで難しい。

基本的には、崩れていくスーパーマーケットは、これが継続出来ない。

 キーワードは、「安心」。

我々がお客様にアンケートを取って、自店への買物動機で一番多いのが「近い」という理由である。

 なぜか?。

生鮮食品を主たる買物した時に、購入した商品が鮮度劣化せずに自宅に持ち帰ろうとすると、近い事が絶対条件になるからだ。
だから、普段の買物の場所とは、自宅から近い事が一番の理由となる。

 そして、次に多いのが、品揃え。

生鮮食品中心に買物をした場合に、買物時間も大きな要因であり、同じ場所で一度に買物できれば買物時間も短くて済む。
更に、買物した場所で食事のメニューを決め、それに必要な材料を同じ場所で揃える事が一番効率的であり、買物時間の短縮にもなる。
だから、一度の買物で済ませられる事が、そこのスーパーを利用する大きな動機となるのだ。

 よって、安定した品揃えが絶対条件。

豊富な品揃えと、その品揃えが常に安定して維持されていること。

 これが、「安心」というキーワード。

競合の無い時代には、とりあえず「安心」をキーワードに掲げた企業が安定して業績を伸ばす事ができた。

 しかし、今は競合激化の時代である。

安心だけのスーパーでは、お客様の心を捉える事は出来ない。

 来店しての「感動」がなければならない。

何に、感動するのか?。
毎日の「サプライズ」にだ。

 毎日サプライズを起こせるのか?。

我々は、「イベント屋」では無い。
商売以外のサプライズなどいらない。

 売り方でのサプライズ。
 品揃えでのサプライズ。
 美味しさでのサプライズ。

普段の品揃えの商品が、時としてサプライズに変化する事。
あくまでも、普段に特化した中での、サプライズが重要だ。

 安心と感動。

これが、私の今年のテーマとなる。




 

|

« 挨拶 | トップページ | 焦りと漫心 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
幸いに、生鮮商材は相場があり、旬があり、鮮度がある。
それがそのまま365日MDに繋がっていくのかもしれませんね。
更に最近では、テレビによる食の扇動も多い。
トマトジュースを300ケース売れるタイミングを掴む感度が持つかどうかも、サプライズ提案力として必須だと思います(笑)。

投稿: てっちゃん | 2012年3月 3日 (土) 07時44分

竹之内睦さん、コメントありがとうございます。
いよいよ世代別対象スーパーの出現ですか。
都心であればそれが一つの存在価値になるのでしょうね。
マイクパフォーマンスは、比較的頻繁に実施してますよ。
どこかで、店舗も緩急をつけて賑わいを出す時間が必要なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年3月 3日 (土) 07時40分

SMに求められるのは「近い」=お客様の冷蔵庫代わり。来店頻度も高い。ではお客様は一週間同じメニューを食べるのか?ここに52週MDの矛盾があると思います。SMは365日MDが理想でしょう。客単価から考えれば、週3回4回来店されるお客様に同じ売場の提案で客単価を上げる事が出来るのか?
でも現実は、52週MDを回すだけでもいっぱいいっぱいの売場の現状・・・
SMの店長は食に対する相当の知識と覚悟が必要であるしやり切らないとどんどんお客様は離れていく危機感を持たねばいけないと感じております。
「サプライズ」は店長が責任を持ってお客様のために提案していかなければいけませんね。

投稿: dadama | 2012年3月 2日 (金) 22時37分

夕方のニュースで東京都北区に50歳代をターゲットにしたスーパーがオープンしたと流れていました。減塩ものの棚や、つや姫?とかいう少量パックの米など紹介していました。ところで店長さん、マイクパフォーマンスはご自分でされるのでしょうか?きっとされるでしょう。警備員。

投稿: 竹之内睦 | 2012年3月 2日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/54115349

この記事へのトラックバック一覧です: 安心と感動:

« 挨拶 | トップページ | 焦りと漫心 »