« 今年のひな祭り | トップページ | 劇的な気温変化 »

2012年3月 6日 (火)

ある、電話

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


ひな祭り当日の、午後2時。

 ある、電話がかかってきた。

「てっちゃん店長ですか?。〇〇店の××です。」

 「おぉ~っ、どうした。何の用だ?。」

「今日のひな祭り、これからどう、行動するべきなんですか?。」

 
新任副店長として昇格した彼の初となるイベントが、今回のひな祭りであった。
そして、たまたまその日に店長が所用で休暇を取っていた為、一番大切なひな祭りの午後からのお客様の動きと、それに呼応した店舗対応が分からずにいたのだ。

「ひな祭りとは、一年で一番ちらし寿司材料が売れる日だ。そして今日は土曜日。午前中はお客様も行楽等で外出していた方達も、必ずちらし寿司材料を求めて来店される。3時頃から7時頃までは劇的に商品が動くぞ。特に鮮魚と寿司のちらし寿司関連は山積みしておけ。」

 「そんなにお客様が来るんですか?。」

「当たり前だ。ひな祭りの対象は人口の半分の女性だから、自分へのご褒美も兼ねてちょっと簡単贅沢に食事を考える日。だから夕方集中だ。レジも全台解放の人員を揃えとけよ。」

そんな調子の会話をした。

そして、午後3時以降。
予想通り、お客様が来店される。
予想以上だったのは、家族連れや御年配ご夫婦の来店だった。
そして、ちらし寿司関連がボコボコに売れていく。

 “ガン積みしていて良かった”

毎年思う事だ。
ひな祭りは曜日に関係無く、午後3時から午後7時までが勝負。
しかし今年は土曜日という曜日周り。
更に加速して集客され、特に夫婦揃っての買物が多かった。
土曜日という曜日にもっとスポットを当てた計画が必要だったかもしれない。

そんな反省をしていたら、再度、新任の副店長から電話がかかってきた。

「てっちゃん店長。いやぁ~、午後4時にはレジ待ちのお客様が並んで、売場もボロボロ状態でした。」

「そうだろう。これがひな祭りの午後からの実態だ。一年で一番ちらし寿司関連が売れる日。だから計画した商品は全て売場に出し切ることが大切。一年で一番と言う事は、いままで経験の無い動きをするわけだから、出せるものは出し切って、手間のかかるものは直前に全員で集中して作って対応する。これがひな祭り当日の午後からの迎え方だろう。」

 「なるほど。」

逆に、店長不在時のほうが、全て自分の責任で店舗運営しなくてはならないから、自分の成長の場ではある。

そう前向きに捉えて、イベントという一年一度の経験の場を過ごしていってほしいものだ。



|

« 今年のひな祭り | トップページ | 劇的な気温変化 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
私の経験でも、副店長時代の店長との関係は、副店長としての存在の全てでしたね。
店内で一番中途半端な存在を活かすも殺すも店長しだい。
特に、販売面での役割を担わせることは大切かなと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年3月 7日 (水) 09時08分

人口の半分は女性。幾つになっても女性は「お雛様」に憧れる。
ひな祭りも「女性の年に一度の1大イベント」と捕らえれば色々な販売の切口が見えてくるのではないでしょうか。
新任の副店長・・・良くも悪くも最初が肝心ですよね。最初に出会った店長が彼らの基準となる訳ですから。新任副店長を預かる店長は彼等の一生を決める責任を持つ事が大事ですね。

投稿: dadama | 2012年3月 6日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある、電話:

« 今年のひな祭り | トップページ | 劇的な気温変化 »