« 50才からのシリーズ | トップページ | 成せば成る »

2012年3月24日 (土)

シニアシフト

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、テレビで「シニアシフト」について報道していた。

 「シニア・シフト」?。

要は、高齢者の増加に対しての、小売の対策のことである。

コンビニ(ファミリマート)と、新店のダイエーでの取り組みだった。

ファミリーマートでは、毎月20日を「大人の日」と称して、ポイント2倍セールの実施。
更に、都内の一店舗をそのまま「シニア」向けの店舗として出店。
高級ワインや高級お菓子の品揃えを強化。
店内も高級感溢れる、そして落ち着いたデザインとなっている。

更に、マーケティング室長が出演して、語っていた。
「当社では、中高年の方々の来店の習慣化を目指している。震災以来ご利用は伸びているが、まだ習慣化していない。その為に、ポイント加算等を利用して習慣化していただきたいと狙っています。」

そんな目的と手段でシニア層の取り込みを目論んでいるという。
しかし、その目論みと品揃えがズレているのではないか?、と思った。

 “シニアに、高級ワイン?”

そうじゃ、無いだろう。
シニア = 高級 と捉えること自体がズレ込んでいく。
更に、シニア層にポイント加算で集客を図ろうとしているが、もっとピンポイントな品揃えとサービスを模索すべきではないのか。

更に、新規に出店したダイエー。
ショッピングカートやエスカレーターを高齢者向けに、軽く、広く変更し、店内には杖やその他の品揃えを豊富に拡充。

 しかし、なんかピンとこない。

そして、最後は「ダイシン百貨店」。

 以前にもガイアの夜明けか何かで放映された店舗だ。
 

徹底して高齢者の要望を聞き入れ、品揃えに活かす。
少量に小分けされた寿司、おかずだけでは無く、昭和の炊飯器やカセットレコーダー。
更には、ポマードやバイタリスといった整髪料まで品揃えする。

西山社長が言う。

「お客の我がままを聞き入れて品揃えをすると、その我がままを言ったお客は来てくれる。それがシニア層の特徴。」

そうやって、品揃えをどんどん変えて(増やして)いく。
それが、シニアシフト。

それは、シニアにシフトした戦略を取るというより、単純に地域のお客様の暮らしに合わせて品揃えを変えていく。
それが商売の本筋であり、シニア対策と絞り込んだ考えでは無く、地域に多く暮されるお客様に合わせて商売をしていくと、自然にこうなるといった当たり前の事なのかもしれない。

先日は、グロサリーでの品揃えに特化した「北野エース」を記した。
そして、北野エースとダイシン百貨店。
どちらも、不況知らずで伸びているという。

常に、地域のお客様の要望に合わせて、品揃えを変えていく。

 「当店は、何を売る企業」

そんなコンセプトではなく、

 「当店は、地域に暮らす人のお店」

シニアにシフトするのではなく、地域にシフトしなければ、生き残れない時代なのかもしれない。



|

« 50才からのシリーズ | トップページ | 成せば成る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
本部主導の忠実な履行者という存在が従来の店長像。
しかしこれだけ地域での競合に晒されていけば、お客様の嗜好は地域1k商圏での強い店舗。
ここまで絞られると、本部一括方針では到底賄い切れない。
その事実をしっかり見つめないといつまでの効率重視の絵に描いた餅を追い続ける集団となってしまいますよね。
そうやって、強大企業がどんどん倒れていった。

投稿: てっちゃん | 2012年3月26日 (月) 09時34分

ふるたさん、コメントありがとうございます。
商品主導、コンセプト主導で戦略を考えると、根本からズレていく場合が多い。
まずは、今品揃えしている商品がどうなのか、それとそれに付随する近隣商品でどうなのか?。
より身近な商品から見直していく事が出来て初めて、その外側に飛びだせるのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年3月26日 (月) 09時27分

会社が真面目に地域密着に取り組み、その地域を任した店長や担当者を信頼してもらえる組織が出来れば素晴らしいでしょうね。店長は地域の会社側の代表でもある訳ですから地域のニーズと会社の方針が共振できる最大点を見つける事が使命であると思います。その為にも会社に対して店長の責務の重要性=権限異状の必要性をアピールしていきたいと思います。

投稿: dadama | 2012年3月25日 (日) 21時38分

本部主導でもやり方は、いくらでもあるんですけどね・・・・
品揃え・棚割りについても勘違いしているところが、多いですね。

投稿: ふるた | 2012年3月25日 (日) 11時12分

コットンさん、コメントありがとうございます。
今後とも、宜しくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2012年3月25日 (日) 00時06分

kozoさん、コメントありがとうございます。
結構、このような類の勘違いが多いんですよね。
そして、目先の品揃えが需要に合わず悩むことになる。
良くある話しです。

投稿: てっちゃん | 2012年3月25日 (日) 00時04分

はじめまして。私は地方のスーパーマーケットで
惣菜バイヤーをしている者です。いつもBlogを拝見
して勉強させて頂いています。立場の違う店長として
の考え方、同じ業種の先輩としての考え方など、とても
参考なり勉強になります。
これからもBlog楽しみに拝見させて頂きます。
ありがとうございます。

投稿: コットン | 2012年3月24日 (土) 13時26分

>シニアにシフトするのではなく、地域にシフトしなければ、生き残れない時代なのかもしれない。

店舗としての真理ですね。
上記の2社は何か勘違いしているのでしょう。

投稿: KOZO | 2012年3月24日 (土) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニアシフト:

« 50才からのシリーズ | トップページ | 成せば成る »