« 鮮魚の技術力 | トップページ | 品揃えで支持を得る »

2012年3月20日 (火)

昭和の男

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


フジテレビの「最後から二番目の恋」が、いよいよ佳境を迎える。

 キョンキョン主演のドラマもあり、当初から見ていた。

今週で第9話だから、そろそろ終焉を迎えるのであろう。

50歳前後世代を狙ったドラマである。
しかし、ドラマの内容はどう見ても、絶対に有り得ないであろう筋書きではなるが、中井貴一と小泉今日子のかけ合い漫才と周辺を固める脇役である、坂口憲二、内田有紀、飯島直子らの絡みが最高に面白い。

個人的には、内田有紀がもっと内田有紀らしい女性の役になってほしかったが、この役もまた有り得ないドラマの一翼を担っている。

私は、中井貴一演じる50歳の市職員の人間像に共感を覚えるのである。
同じ市職員の部下の女の子とそのお母さんから、同時に求愛されるという有り得ない筋書きなのだが、その人間としての軸に親しみを感じてしまうのだ。

そして、近所に越してきた小泉今日子も、いつしかその生き方に共感を覚え惹かれていく直近の内容。

 “いつから私は、あの純粋さを失ったのだろう”
 “いつから私は、あのブレナイ軸を失ったのだろう”

中井貴一演じる市職員と接していて、徐々に自分の生き方に疑問を抱くようになってくる。
それを同年代の女子会仲間に打ち明ける。

 昭和の頑固男のブレナイ「軸」を感じる。

失われてしまった、人間の生き方。
代々受け継がれてきた、日本人の礼節とプライド。
そんな生き方をする中井貴一に、失った心を見出し惹かれていく。
そんな筋書きになってきた。

そんな中で、小泉今日子が46歳の誕生日を迎え、上記の中井一家がサプライズの誕生会を企画した。

 そこでのクダリは、涙ものだった。

小泉今日子が、誕生会に出された46本のろうそくが乗ったケーキを見て、失礼な言葉を発した時の事。

 あなたが生きてきた証のろうそくの本数。
 何も恥ずかしがらずに、堂々とお祝いを受けてください。

自分を大切に、今までの人生を振り返り、ろうそくの数だけ頑張ってきた自分を認めて受け入れる。

この歳になってようやく分かってきた人生の本質。
それを、わたしと等身大の目線でドラマにしてくれているこの番組も、いよいよ佳境。

そして、次回が最終回。
是非皆さんも、この最終回はお見逃しなく(笑)。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.350699701616656.92216.350034578349835&type=1



|

« 鮮魚の技術力 | トップページ | 品揃えで支持を得る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
中井貴一の演技は最高ですね。特に同年代の小泉今日子との掛け合いは最高。
そして、ドラマではこのかけ合いを羨ましがる若い世代の願望も表現されている。
しかし、一番大切なのは、そのブレない軸の固さだと思います。
逆に言うと、なぜブレるのか?。
そのブレない軸が、我々世代の強みなのではないでしょうか。そう、勝手に思っています。

投稿: てっちゃん | 2012年3月21日 (水) 21時57分

追伸
中井貴一には映画「レイルウェイズ」で泣かされました。三丁目の夕日とかホノボノ系の映画・ドラマは好きですね。

投稿: dadama | 2012年3月21日 (水) 09時05分

テレビは娘の支配下で(笑)
最近ニュースや業界物しか見ないですね。
パートさん達の話題にどんどん取り残されてしまいます。
懐古主義は前向きではないのかも知れませんが植木等の「無責任シリーズ」や裕次郎の「嵐を呼ぶ男」なんてのを見て喜んでいます。
小さい頃は洋物コメディーが好きで「奥様は魔女」とか「トムとジェリー」は今でも店頭で見つけると思わず買っちゃって家内&娘に馬鹿にされています(笑)
ダイハードみたていなハードボイルドもストレス解消に見ますよ。
コメントを書きながら、今日はポーランドのラジオ局に接続してジャズを聞いています。
Radiotrackerというソフトがあるのですが勝手に聞きたいジャンルの局をネットから検索してダウンロードしてくれます。
このソフトでジャズばかり12000曲ほどダウンロードしました。ラジオの録音なので全て無料です。

投稿: dadama | 2012年3月21日 (水) 09時00分

竹之内睦さん、コメントありがとうございます。
韓流ドラマを週20本ですか!。マニアですね。
どうも私は、ドロドロの恋愛ものは苦手で、軽いノリの笑えて泣ける系に惹かれます。
「ジャイアント」に「ロードナンバーワン」ですか。チェックしてみます。

投稿: てっちゃん | 2012年3月21日 (水) 08時18分

最終回、見て見たいと思いました。私は、妻の影響で韓流ドラマを週20本ほどBSで見ています。ジャイアント、ロードナンバーワンの二本は特に気に入ってます。毎回ハラハラものですよ。

投稿: 竹之内睦 | 2012年3月20日 (火) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の男:

« 鮮魚の技術力 | トップページ | 品揃えで支持を得る »