« 店長目線 | トップページ | 人間の強み② »

2012年2月 3日 (金)

他者から何を学ぶか

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、ある社員と面接をした。

 今後の仕事の仕方や取り組み方に対する面接であった。

そこで、人から学ぶ場面の話しをした。

 人から学ぶ。

人から学ぶ、というと、概ねはその人の仕事ぶりから結果が導きだされることから、その結果に至るまでのその人の仕事の仕方という「ノウハウ」部分が多いように思う。
その事も重要だとは思うが、私は人のある部分に注目したい。

 それは、対人関係。

人と、どう接しているのか?。

我々小売業の仕事とは、ひとりでは出来ない。

 他者から商品を購入する為、人と関わり、
 他者と共に売場造りをする為、人と関わり、
 他者の商品を借りて集客する為、人と関わり、
 他部門の力を借りて、自部門の商品を活かす。

人と関わらなければ、自分の業績を伸ばす事は出来ない。

 他者との関係の中で、どう、自分の信頼を得るか。

そこには、組織のなかでの自分が、周囲に対してどう関わりやすい雰囲気を持っているかと言う事の裏返しでもあると言う事だ。

話しかけやすい。
それは単に笑い話や漫談しやすいと言う事ではない。

 仕事上の関わりとして、接しやすいと言うこと。

特に、上司と部下の関係で言えば、言いやすい、言われやすいと言うこと。
それは、部下が弱い立場で言いやすい、と言う事でも無い。

 “こいつに言えば、確実に信頼に応えてくれる”
 “俺の言った事を、素直に吸収してくれる”

そんな関係つくりの上手い人間は、常に自分の周囲に好環境を作りだし、結果として好業績が転がり込んでくる。

 その、人間関係作りを学んでほしい。

それは、若くして理解している人間もいれば、相変わらず空気が読めない人もいる。

 “お前は、どうだった?”

全く、空気が読めませんでした。
だから、誰も近寄ってこなかった(笑)。
それは、ある意味爽快なのだが、後日、その意味を知る事となった。

 結果、人の成長は止まるのである。

人は、他者との関係で成長するものであるから。
自らの理論を積み重ねても、結果、人との関係で現実は回っており、その結果が業績という自分の評価に繋がるのだから。

 部下には、その回り道をさせたくない。

さて、それをどう理解してもらうかだ。



|

« 店長目線 | トップページ | 人間の強み② »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
上司と部下。店長と部下。
聴く耳を持った素直な部下ほど、他者との良好な関係から数値効果が上がり好評価となる。
そしてそれは、自分と上司の関係でも同様な事。
だから、部下を自分の鏡として写し、逆に学ばなければならない。
自分を支える存在としての部下。立場を変えれば、上司を支える自分。いつでも立場を変えて見れる自分という存在も見直さなければならない。
トップから現場まで、「理念」と「信頼」で繋がるブレない軸が通った組織。
そんな理想を持って仕事に臨みたいですね。

投稿: てっちゃん | 2012年2月 4日 (土) 07時32分

深夜のコメントありがとうございます。
お陰で励まされました。
正直、サラリーマン化しているというか上司の方ばかり向いている人間が増えた=お客様からじゃなく社長?部長から給料をもらっていると勘違いしている管理職が多い現実に危惧&ストレスを感じてました。
私のような考えの人間は会社ではまだマイナーなんでしょうが、めげずに頑張っていきたいと思います。

投稿: dadama | 2012年2月 4日 (土) 01時32分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
殺し文句、「成功したらお前の手柄、失敗したら俺の責任」。これを聞いて奮い立たない部下はいない。流石です。
そして、店長としての未経験の分野の話し。
しかし、同じ商売であり、店長としての商売感は全てに通ずるものだと思います。だから店長をやれるんだとも思う。そしてその商売感が他部門で通じなければ、それは出身部門でも中途半端で終わったのだとも思います。だから部門担当者の時に、より深く追求していく姿勢と探究心を養い、プロフェッショナルとしての自覚を持たなければ、将来的に店長になったときに後悔するでしょう。
その商売感で部下と取り組んだ販売事例は、結果的には失敗など有り得ない。どんな状況でも成功させてしまうものだと思います。だって「人の意志」が入るんですもの。これ以上の好環境は無いですよ。
そして、部下の手柄は自分で一生忘れない。その時の上司の姿と共に深く心に刻まれることになる。その心の師として慕われる数が、その人の存在価値なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2012年2月 4日 (土) 00時12分

ふるたさん、コメントありがとうございます。
福岡や大分も積雪が凄いようですね。こちら北関東は本日も快晴でした(ここ一週間ずぅ~っと快晴です。物凄い乾燥ですが)。
たまに、思い切り怒鳴ったほうが効果があったのかなと思う事もままありますよ。そのほうがストレートに伝わったではないかと。
この部下に伝えれば一番効果があるのか。心を変える事が出来るのか。こればかりは個体差が大きいですから、まずはその人間を知ることが大切なのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2012年2月 3日 (金) 23時54分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
私をかいかぶり過ぎですよ。
私がブログに記している事は、全て「なりたい自分」の演出ですから。
ここに書く事によって、そうなりたい自分を鏡のように映し出し、書いた事と読んだことでその姿に一歩でも近づきたいがためのブログなんです。
思えば私もいろんな上司と仕事をしましたが、嫌な上司ほど、知らず知らずの内に「真似」ているんですね。そしてその考え方を踏襲している。不思議なものですね。

投稿: てっちゃん | 2012年2月 3日 (金) 23時47分

部下より基本的には?(年功序列ではない場合も
ありますが)長く生きている以上商売感もあるべきなのですが、出身母体が違う商品に関しては部下が商品経験豊富なのも事実です。
でも、売る商品こそ違えど商売は同じ。そこを
理解させるのが難しいですよね。
担当者から見れば商品に「素人」の店長がとやかく言うのはうっとうしいだろうなと思いながらその商品を売る「商売」を教える事が大切だと思います。
殺し文句はいつも「こうやって売って売れたら
お前の手柄にしろ。失敗して商品部がとやかく
言ってきたら店長が頭を下げるといってやれ。」と・・・
担当者の失敗は管理責任的にも店長にあるわけですから、どうせなら担当者と一緒に考え成功を分かちあい、失敗したら一緒に頭を下げる。
こういう積み重ねが信頼に結びついていくのだと思います。
不思議に失敗は今まで殆どありません。
と言う事で担当者の手柄ばかりが増えています(笑)

投稿: dadama | 2012年2月 3日 (金) 22時20分

おはようございます。
高知もかなりの寒さに震えています。
部下の育成は、どこの会社も頭を痛めていると思います。

昨今の人たちは、頭で理解しようとするところから入る場合が、多いですからね。
受験も記憶力の勝負みたいな側面が、あらわですから、自分で考えたり仲間と協力してというよりも与えられるのを待っているときが、多いように感じます。

難しい時代です。

投稿: ふるた | 2012年2月 3日 (金) 12時40分

てっちゃん先生、お仕事お疲れさまです。

謙虚さや魅力のある人間になれと言うことでしょうか?

私も先日、異動する部下にこう言いました。

嫌いな人に言われたことを吸収するためには、その人の素行や実績などの現象面でその人の言うことを聞きたくないと思わないで、発せられた言葉を、口調や場面抜きにその意味を理解する努力をしなさい。と…それが成長の近道だと。
いつも自分を思いやって接してくれる上司と一緒に仕事を出来るとは限りませんから…

てっちゃん先生の部下が羨ましいです。

投稿: 通りすがり | 2012年2月 3日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/53865040

この記事へのトラックバック一覧です: 他者から何を学ぶか:

« 店長目線 | トップページ | 人間の強み② »