« 狭商圏化に備える | トップページ | ある、新番組から »

2012年1月17日 (火)

報・連・相の関係

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


私が、所謂「報・連・相」の本質がわかったてきたのいつ頃からだろうか?。

 報告、連絡、相談。

学生時代から社会人になり、この業界に勤めて以来、自身の仕事という狭い範囲の事に関しては徹底して追求してはきたが、自分の仕事をもっと上から見つめるという余裕も許容力も持ち合わせてはいなかった。

今自分がしている仕事は、企業にとってどういう事なのか。

もっと言うと、自分の仕事ぶりが、直属の上司にとってどう評価されているのか?。

鮮魚の担当者の頃は、直属の上司は鮮魚チーフであるから、同じ屋根の下で仕事をするわけだから、自分の仕事は常に見られ、ダメな仕事ぶりであれば即叱咤されるので、その評価は即自分に跳ね返ってくる。

 だから、分かりやすかった。

しかし、チーフ、副店長、スーパーバイザー、店長となるに従い、自分の仕事の裁量は広がっていくからわら、ある寂しさも広がっていった。

 “俺の上司は、俺の仕事をどう評価しているのか?”

特に、スーパーバイザー、店長になると日々自分を監視する存在が居なくなる。
自分の仕事が他人に規制される場面が大いに少なくなり、自分の裁量が無限大に広がっていったが、逆にその事で自分に対する上司の評価も見えなくなってきた。

 常に監視されたくは無いが、関わってももらいたい。

今から思えば、大いなる甘えであった。
上司の存在が遠く離れれば離れるほど、上司と部下で、適度な距離感に対する感覚にはズレが生ずる。

 上司は、課題を抱える部下との関わりを深めようとする。
 部下は、上司に適度な関係を、都合よく求めようとする。

結果、上司と関わりが増えると言う事は、自分の店舖や自分自身に、上司から見た時に課題になっていると言うことになる。

だから、そうならない為に、常に緊張感を持って適正な店舖運営にあたり、課題を事前に解決していかなければならない。

 上司の関わりが薄い。

結果的に、この事は自分の周辺に課題が無い、ということになるが、これもまた寂しいものだ。

 結論として、自ら関わるいうことに気づく。

だから、日々の中で課題を報告し、課題に発展する要因を探り、解決にあたる途中経過を報告し、結果を報告することになる。

 部下が自ら近づいていく。

この事に気づくのに、結構時間がかかった。
初めから気づいていた人もいるだろう。しかし、私は自分中心に物事を考える習慣から抜け出せず、この組織論を得るのには時間を要した。

自分の仕事を、店長の視点で見るのではなく、2つ職位を上げて見下ろして見ることで、その理論が見えてきたのだ。

 二つ職位を上げて、今の仕事を見下ろして見る。

そのような習慣が、適正な自分の立ち位置を調整する能力を養成するのだと思う。





|

« 狭商圏化に備える | トップページ | ある、新番組から »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

ビジネスマナーの報連相さん、コメントありがとうございます。
そう言えば、そんな記事も書いていましたね。
思い出しました。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3de5.html
なぜ、報連相が重要なのか。
そこを理解しないと、単に報連相を形だけの事と取り違えてしまいますね。
組織で仕事をする時の大切な考え方だと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2012年4月15日 (日) 23時41分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナーの報連相 | 2012年4月15日 (日) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/53712911

この記事へのトラックバック一覧です: 報・連・相の関係:

« 狭商圏化に備える | トップページ | ある、新番組から »