« 久しぶりに「クルマ」のこと | トップページ | クリスマスを占う »

2011年12月14日 (水)

日曜日の強化

皆さん、こんにちは。
食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


震災以来、お客様の買い回りに変化が見られてきた。

 良く言われる与件の変化。

今年の言葉が発表され、「絆」が書かれた。

 震災以来、人々の「生」に対する意識の変化。

そして、その生き方の変化から、暮らし方や食に対する向き方にも変化が出てきた。

 その延長線上に「日曜日の暮らし方の変化」がある。

更には、ネットの進化もあり、外で人に逢うという交流から、家で繋がるという交流の手法への変化もあり、家中での過ごし方に急激に変化してきているのが実態だろう。

 その最たる場面が、日曜日等の休日の過ごし方。

外に出て、交通手段に頼り、乗りついで相手と繋がるという従来の「絆」の図り方から、ネット上の自分の居場所から、居ながらにして「絆」を深める関わり方への変化。

 結果として、家中需要の拡大。

競合店との関係から、半年前から日曜日の強化を図ってきた。
それは、週末の弱体化から発した選択であった。
震災後から、従来の販促面での強化策が通用せず、従来の強い曜日が強くならず、逆に弱い曜日でも底上げされ、曜日別の強弱が無くなってきた状況に陥っていたのだ。

だから、販促課とも相談し、敢えて日曜日を徹底して強化していく事を選択した。

 それは上記構図の「家中需要」とも上手く連動した。

日曜日を強化する事によって、休日でも外出せず家で過ごす人の増加と連動し、日曜日でも大型ショッピングセンターまで外出せず、最寄りの食品スーパーで買物を済ます需要とも相まって、日曜日の集客力が急速に高まり、月間トータルでも好結果に繋がってきている。

我々のような食品スーパーは、普段の強化が常識であり、イベントよりもまずは普段の強化が基本。

しかし、ここにきて「普段の強化」と共に、「週末の強化」そして「イベント強化」が即結果に結び付く世情の変化になってきている事に気づかなければならない。

 最寄りの食品スーパーと共に、イベントを過ごす。

今年のクリスマス、年末に対しての大きな与件の変化が、ここだ。
その部分に関しては、後日詳しくお話したいと考えている。

 イベント強化。

それは、我々の立場からすれば、平日や普段という基本の部分が確立されて初めて語られる事ではあるが、それでも早急に対応していかなければ、大きな船に乗り遅れる事になるだろう。

 そこでも、52週MDという概念が活きてくる。

52週で検証しながら、食品スーパーで対応していく52週でのイベントとは何か?。

 それも、毎年変化していくだろうイベント対応。

いざという時のイベントに対して、信頼出来るお店造りの第一歩が、日曜日の強化になっていくのだろうと思う。

世間の休日である日曜日に、多くのお客様が来店されると言う事は、多くの家族の方に来店され使われる機会が増える事であり、それはまさに大いなるチャンスであり、そこでの需要が拡大していくと言う事は、その延長線上に、イベント強化の道が待っていると言う事でもある。

 クリスマスであり、年末商戦。

この半年の日曜対策が、どのような結果でお客様に評価されるのか、間もなく、その審判が下されるのである。


|

« 久しぶりに「クルマ」のこと | トップページ | クリスマスを占う »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/53473423

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の強化:

« 久しぶりに「クルマ」のこと | トップページ | クリスマスを占う »