« カッコつけなきゃ! | トップページ | 企業戦略と販促戦略 »

2011年12月11日 (日)

ブログへのこだわり

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


世はまさに、ネットコミュニケーションの時代。

 ネット上に自分の居場所を見つけておく時代でもある。

「ブログ」しかり、「フェイスブック」しかり、「ツィッター」しかりである。

当然の事ながら、ネットに疎(うと)かった私は、ミクシーやブログの存在を知ったのは5年ほど前だったと思う。

ネット上に表記されている全てのものは、全て「ホームページ」と思い、その作成には相当額の金が必要であり、到底わたしのようなサラリーマンには縁の無い世界だと思いこんでいた。

そんな中で、商人伝道師さんのようなブログに出会い、こんな小売りの、特に食品スーパーに限定された情報が飛び交うこと自体に大いなるショックを受けたのだった。

 “自分もいずれ、こんな情報を発信したい”

そんな憧れが湧いてきたが、それでも縁遠い世界だと思いこんでいた。
しかし、それが「ブログ」というもので、一般的なホームページとは違い、ネット環境が整ったパソコンを有していれば、そう難しくなく始められる事を知ったのは、それからわずか後だった。

 そして、いよいよ自分のブログを立ち上げる事となる。

約4年前の事である。
本当に、試行錯誤の連続で今日に至っている。

その後、フェイスブックやツィッターが後を追うように広まり、いずれそれらがネット上での主役になっていく状況のようだ。

 何度か記しているが、私はブログオンリーである。

“ちぇっ、それしかできねぇ~んだろう”

 大正解である。

ブログの設定もそうだったが、こんな面倒な設定は、二度と繰り返したくないとも思った。
更に、毎日更新しているブログ以外に、更に追加でネット上の居場所を見つける意味を見出せずにもいる。

 ブログを始めたきっかけ。

それが重要だからだ。

 それは、不特定多数の方への、店長としての情報発信。

共感していただけようがいただけまいが、自らの想いを、不特定多数の方に発信してみたい。
そして、共感していただき情報交換していただける方には、コメントを返していきたい。

 それが、ブログを始めたきっかけであり、それは今も変わらない。

いろいろな方と繋がる事が目的ではない。
どうも、フェイスブックやツィッターの要素を聞くと、その内容よりも、瞬間的にまたは数量的に如何に繋がっているかという概念のような気がする。

それは私の勝手な解釈なので、反感を持つ方もいるかもしれない。
ブログはどちらかと言うと、繋がるという概念よりも、発信者の一方的な情報発信が主であり、それに対して、読者が反応するというスタイル。

 だから、その情報自体に大きな意味を持つ。

そして私は、その情報にこだわりたい。
多くの方との繋がりを目的とするのではなく、その情報自体に共感する方との繋がりに意味を見出したいと思っているのだ。

何が良いとか、悪いとかを言っているのではなく、その目的にこだわり、その目的の為にブログにこだわりたいのである。

だから、頂いたコメントにも、ある程度の文脈でお応えしたいとも思っている。
それも、ブログの延長だとも思っている。

その根底に流れるのは、

 スーパーに勤務する者の、有意義な情報交換。

それは、私が店長である限り続けていきたいと思っている。

|

« カッコつけなきゃ! | トップページ | 企業戦略と販促戦略 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
ブログに対してのコメントの存在というのは大きいと思いますね。
以前は、コメントを頂くこと自体が嬉しくて嬉しくて。
最近は、自分のブログの記事が、読者の方にはどのように受け止められているのかの指標になっています。
自分の意図したとおりに伝わったのか、また相手の方の興味はどこにあるのか。
そのことは、即仕事にも直結する部分であり、そう言う意味では仕事とブログの結びつきは強いですね。
かおるさん、もうそろそろ始める時期じゃないんですか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2011年12月13日 (火) 08時03分

かおるです。
仕事をしていて自分の考えを端的にわかりやすく他者に伝えなければならない場面がよくあります。そういうとき常日頃ブログで自分の考えを文章化することに慣れているときっと意志伝達スキルが鍛えられるのだと思います。
またコメントにより内容がさらに洗われ自分の考えを見つめ直したりできるのも魅力ですね。
 ツイッターやフェイスブックとの機能の違いについてはリンク先の酒井 譲先生も同じようなことを書かれていてびっくり。物事の本質を的確につかまれているのですね。

投稿: かおる | 2011年12月13日 (火) 00時51分

けんたさん、コメントありがとうございます。
そうです、ブログを始めたきっかけと目的にこだわるから、毎日更新も苦でなくなる。
だから、ブログ以外のモノへは手を出せなくなる。
だから、ブログ以外のけんたさんは知らない。
そんな絞られた世界でも良いかなとも思っています。

投稿: てっちゃん | 2011年12月11日 (日) 21時51分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
そうですか、パターンが見えてきましたか。
敢えて分かりやすいパターンでサイクルを組んでいるのでバレバレかなとは思っていました。
あくまでも、スーパーマーケット勤務者を対象としたメッセージですので、多少の専門用語はご了承ください(笑)。

投稿: てっちゃん | 2011年12月11日 (日) 21時46分

おはようございます

てっちゃんらしいなぁって思いました

『何のために書いているか?』

とても重要なことだとおもいます

投稿: けんた | 2011年12月11日 (日) 06時56分

店長様毎日お仕事とブログの更新お疲れ様です。毎朝仕事が一段落したところで携帯を出して読んでいます。最近はネタのパターンが見えてきました(笑)。ちょっと専門用語が多くでてくると読者が離れるのでないかと心配です。そこそこ分かりやすい感じでお願いします。

投稿: てつろう | 2011年12月11日 (日) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/53371734

この記事へのトラックバック一覧です: ブログへのこだわり:

« カッコつけなきゃ! | トップページ | 企業戦略と販促戦略 »