« コラボレーションという領域 | トップページ | カッコつけなきゃ! »

2011年12月 9日 (金)

人脈を語る

皆さん、こんにちは。
食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

昨日は、コラボレーションという領域を記した。

 そして、そこでの店長としての役割。

しかし、高い壁と障害も待ち構える。
それは、部門の縦割りという、高い壁でもある。
更には、店舗の部門間での隔たりという壁でもある。

 そこで問われるのが、店長の渉外力。

「売場でコラボレーションを実現したい。」

 しかし、それだけでは、誰も乗ってこない。

コラボには、その後に訪れる、「夢」と「希望」と「明るい未来」が潜んでなければならない。
そして、結果として、自部門の単品の回転が早まり、部門の業績が向上する事が前提でもある。

 それらを、論理的かつ魅力的に、語れるか。

一番の課題は、そこだろう。
しかしその後も、より多くの人間と関わり、売場に実現に漕ぎつけなければならない。

 どれだけ多くの人間が、協力してくれるか。

そこに、店長が持つ「人脈」が活きてくるのだと思う。

 人脈とは。

企業内では、あまりいい意味では使われていないかもしれない。

 派閥、根回し、裏工作。

そんなイメージが付きまとい、正攻法とは逆の意味合いで捉えがちになってしまう。
しかし、他者と組まなければ、コラボは絶対に成功しない。

 人脈とは?。

それは、お互いに影響し合える相手の事。

 信頼と行動を行使し合える、相手。

タダ、知っている相手や、有名人や企業の幹部との交友関係では無く、お互いに影響し合える相手の事だと思っている。

 だから、信頼しあえる相手が、企業内にどれほど存在しているかで決まる。

それを蓄積していくことも、店長としての「投資」なのだと思っている。

結局そう言う意味では、店長とは、それ以前から他者とのコラボレーションを地道に築いてきた結果の、現在の行動であり実力なのだと思う。

 その根底に流れるのが、「利他の心」。

他者を活かした結果、自らも活かされる。

 人脈とは、そのようなものではないのか。

|

« コラボレーションという領域 | トップページ | カッコつけなきゃ! »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/53369668

この記事へのトラックバック一覧です: 人脈を語る:

« コラボレーションという領域 | トップページ | カッコつけなきゃ! »