« 秋らしさ | トップページ | 惣菜の花道 »

2011年9月29日 (木)

帰宅困難者?

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている、「てっちゃん」です。


帰宅困難者。

 地方では考えられない言葉である。
 先日の台風15号でもそうだったらしい。
 更には、3月の震災時もそうだったらしい。

 震災時には、我々も大混乱だった為、東京都心の状況な
 どの関心を寄せている場面は無かったが、今回はその光
 景がテレビ等のメディアで大々的に放映された。

 各企業も早めに就業を終わらせ、早めに帰宅指示を出し
 た企業も多かったのだろうが、それでも通勤手段としてい
 使っている電車や地下鉄の運行休止が、帰宅者に対して
 大打撃を与え、都内が大混乱に陥った映像が映し出され
 都内特有の交通網の脆さを感じさせた。

あれだけ人が集中していれば、普段は何気なく利用してい
る交通手段が、いざという場面で機能しなくなった時の混乱
は凄まじいものだ。

地方では、そこまで公共N交通手段に頼らず、マイカーを利
用した移動が中心であり、それが一番利便性が高いものだ
が、その部分が都内との一番の違いである。

しかし、やはりあれだけの大災害を目前に控えたら、とにか
く家族の側に早く帰り、家を守り、家族と共に災害に備える
と考える人の気持ちはよくわかる。

そして、電車やクルマを捨て、徒歩で帰宅する事を選択する
正しさも理解できる。
あの台風の状況で、クルマやバスに頼ることは、逆にリスク
を負う事になるのではないか。

急速に便利になっていく人の暮らし。
しかしそれは、電気ガス水道、そして交通手段というインフラ
があって初めて実現されているということである。

それが崩れた時、自分は、どう帰宅するのか。
家族とどう連絡を取り合うのか、どう食事をするのか。
その部分は普段からしっかり考えておかないと、いざと言う時
に動けないということなのだろう。

 そして、あの台風15号。

我々小売業には、どのような影響を与えたのだろうか?。
当然、地方スーパーは、あの日の売上はハチャメチャだっ
た。

昨年対比で、60%~70%がほとんどだと聞く。
なんとか、その分を翌日の彼岸商戦で取り戻せたから良か
ったが、都内のスーパー各社は、あの場面ではどんな商売
だったのだろうか。

あの大混乱で、帰宅困難者に溢れた都内では、おそらく、
外食や居酒屋は大盛況だったろうと想像がつく。
帰宅途中の方や、帰宅を諦めた方が、とりあえず食事と考
え外食にお世話になるケースは想像がつく。

しかし、都内のスーパーの動向はどうだったのか。
やはり、地方スーパー同様、お客様の来店はまったく無か
ったのだろうか?。
逆に、惣菜売場などでは弁当や寿司等の売れ行きが爆発
的に発生し、大きなチャンスをものにしたのだろうか。

 そして、あの台風の影響で、秋彼岸商戦はどう変わった
 のか?。

地方の小売にとっては、比較的好調をキープできた彼岸
商戦だが、あの台風は、この秋彼岸商戦にどう影響を与
えていたのだろうか。




|

« 秋らしさ | トップページ | 惣菜の花道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/52842581

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅困難者?:

« 秋らしさ | トップページ | 惣菜の花道 »