« すすきプレゼント | トップページ | 黄王りんご登場 »

2011年9月16日 (金)

あれから半年、そして10年

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


9.11

 “そうか、9.11とはそういう日だったのか!”

3月11日。
 今までの価値観をも揺るがすような大震災。
 地震、津波、そして原発事故。
 そこから波及する問題や課題。
 そして数々の支援と復興。
 遅々として進まない原発対策と政治空白。

震災に関しては、今年を起点に復興がスタートしていく。

そして、9.11から10年。

 つい昨日の事のようだ。

日本国内でも同様の事が起こり得る事が想定され、東京
を中心に重層な警備体制がしかれ、不審物への関心が
異常なまでになされた。

特に、飛行機や新幹線、更に人が集まるコンサート会場
等での警備体制が敷かれた。

それほど、あのテロは全世界を震撼させた。
またその手法も、民間人の多くを犠牲にした絶対に許す
事の出来ない手法で。

そして、10年。
その首謀者は去り、テロ犠牲国のアメリカの対応の是非
が、改めて問われている。

今年を起点にして、日本と言う国は、一致団結して復興し
ていけるのだろうか?。
今までも、この国に数限りなく難題が降り注ぎ、その都度
それを糧に復興してきた経緯がある。

 “今こそ、政治主導ではないのか”

日本を正しい方向へ導くリーダー。
我々日本人の心のまとめられるリーダー。

今回、日本のリーダーが、新たに誕生した。
彼の弁舌を聴く限り、彼に野心は無い。
あるのは、正しい方向に導く為に一つになろうとする純粋
な心。
そして、その事を明快に伝えるメッセージ力。

しかし、全政治家の何人が、今の日本を根底から復興さ
せ、良い方向に向かわせようとするリーダーシップを発揮
しているのだろうか

今回の首相の所信表明演説へのコメントを聞く限り、野党
党首にその認識は感じられない。
常に、枝葉をあげつらい、政治主導を共に発揮して政治家
として一致団結して、この難局を乗り切ろうとする姿勢とは
程遠い。
考え方等の違いから政党があり、派閥があるのだろうが、
同じ政治家だろう。

 “お前らの本業は何だ!”

親から頂いた家督と家業を継ぐ事か?。
それが本音であれば、松下政経塾に籍を置き、幕末の時
代の志士のように日本の未来を憂いてきた元首相に肩入
れしたい想いである。



|

« すすきプレゼント | トップページ | 黄王りんご登場 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/52725661

この記事へのトラックバック一覧です: あれから半年、そして10年:

« すすきプレゼント | トップページ | 黄王りんご登場 »