« 部下の研修会② | トップページ | ブレないリーダーシップ② »

2011年8月 3日 (水)

ブレないリーダーシップ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。
リーダーとして、ブレない事は、理想の一つである。
 リーダーと言っても、社長以外は全てが中間管理職になるわけだから、トップか
 らの方針や指示がブレなければ、その下の中間管理者もブレないと思いがちだ
 が、現実はそうではない。
  スーパーの店長も、売上至上主義から利益至上主義、ロス削減至上主義と部
  下への指示もコロコロ変わる場面も多いと思う。
 このような方針は、トップの段階では意外に変わっていないのだが、途中途中の
 段階から、より鮮明に指示の内容が確定され、最終の現場には先日までの指示
 から180度変わってしまうような「ブレブレ」の指示になって登場してくる。
  そこに輪をかけて、現場の店長が更に「ブレた」方針と対策を指示したなら、担
  当社は裏切られ感を抱き、それが重なると、初期動作がどんどん鈍ってくる。
 最終的には、笛吹けど踊らず、誰も本気で行動しなくなりトップと乖離してくる。
 だから、私は、極力今までの理念や方針、考え方は変えないで話しをするように
 している。
 
  それでも、部下からすれば「ブレた」内容で伝わっているのかも知れない。
 自分で、“ブレているな”と感じたならば、それはもう完全に部下はお見通しだ。
 ある程度経験を積み、店舗運営を任されて期間を経れば見えてくるものがある。
  それは、店舗運営の「原理原則」。
 何を失えばお客様が離れ、何を身につければお客様から支持を得るのか。
 長期的に身につけていくべきもの、短期で行動すべき事。
  それさえ見えてくれば、現場でブレる事は無い。
 短期でスピードを以って行動し結果を出す部分に関しては、ある程度「ブレ」ても
 仕方が無いと思っている。
  それは状況に応じて、変化に応じて具体策は変化していくもの。
 大切なのは、長期的に身に付け、原理原則を外さず成長進化していく部分の
 根幹を成すところが「ブレ」てしまったら、後には戻れないと言う事だ。
  それは、経営理念であり、経営方針であり、店舗で言えば店長の運営方針か
  ら連なる部門ごとの役割であり、優先順位であり、具体的対応策でもある。
  そして、一度決めて方針を下したら、結果が出るまでやり抜く姿勢。
 それを、部下に対してだけ貫こうとするから、ブレて捉えられるのだ。
 その方針は部下だけでなく、自分の周辺の人々にまで影響させ、店舗がその
 方針を実現できるように働き掛け、全社的な動きを作り、その方針が全ての方
 面から店舗に降り注いで来るように働き掛ける事が大切だ。
  結果として、店長一人の考えを飛び越え、周りの力を得ながら方針を部下に
  伝える事が出来、販促や商品も含めて同じ方向性を向く事が出来る。
 その結果として、店長の方針がブレる事無く、店舗や部下に伝わる事になる。
  
  ブレないリーダーシップ。
 結果として、一致団結した店舗運営と売場の状態が実現され、それは必ずお客
 様の心をつかみ、集客力が高まり、結果としての客数拡大、点数拡大、売上拡
 大から利益の拡大への連なっていくのである。
  その為には、自らの立ち位置と心構えを変える必要がある。
 何物にも動じない心と行動力、そして、自分を信じる心の強さ。
  そんな存在としての店長を目指したいものだ。




|

« 部下の研修会② | トップページ | ブレないリーダーシップ② »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレないリーダーシップ:

« 部下の研修会② | トップページ | ブレないリーダーシップ② »