« 秋の気配? | トップページ | 一年一度のチャンス »

2011年8月18日 (木)

青春の思い出

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


夏の甲子園も、いよいよ佳境を迎えている。

 先日、休憩室で食事を摂ろうとしたら、なにやら高校野球
 で盛り上がっていた。

 こちらの県の高校も、なぜか数十年ぶりと称して2回戦を
 突破していたのだが、その話題だったようだ。

  「ねぇ~、○○ちゃん、応援にいかないの?。」

   「ええ、休みが取れなくて。」

 どうやら、うちのお店のレジのアルバイトの子が、出場チー
 ムの高校の子らしい。

 そして、15日の試合にも休日を申し込んだらしいが、お盆
 の忙しい最中に、レジチーフにその要求を断られていたら
 しいのだ。

  「そうかぁ~、○○ちゃんは、××学院だったのか。それ
  じゃ次の試合は見に行けるだろう?。」

   「いえ、次は予定に入れてなくて。」

  「よし、じゃぁ~、次の試合に勝ったら、見に行って来て
  いいぞぉ。」

  「わぁ~、良かったねぇ~〇〇ちゃん。店長のお墨付きだ
  から見に行けるねぇ~。」

  「そうだよ、見に行ってこいよ。こんな経験2度とないん
  だから、一生の思い出になるぞ。」

 そうは言ったものの、次に試合に勝つのは容易ではないだ
 ろうな、とは思っていた。

  しかしだ。

 まさかまさかの勝利。
 
 かっては、江川卓がその剛腕をして、甲子園を魅了した時
 代もあった。
 当時は、二回戦で押し出しのサヨナラゲームだったように
 思うが、それ以来の快挙らしい。

 そんな偶然でも、同高の生徒として、甲子園に応援に行ける
 と言う事は、一生の思い出になるだろう。

 是非、行かしてやりたいと思っていたが、現実のものとなっ
 てしまった。

 そして、明日が試合という夜に、彼女に聞いてみた。

  「明日は、応援に行くんだろう?。」

   「いえ、行きません。」

 笑顔で答えてきた。

  「どうして?。」

   「早朝の試合なんで、泊まりになっちゃうんです。」

 なるほど、日帰りであれば許される応援も、泊まり込みとな
 ると親御さんも心配なのだろう。

 それでも、笑顔で返してきた彼女の表情にはすがすがしさ
 に溢れていた。

  “よかった!”

 青春の思い出。
 彼女の夏は、そんな思い出いっぱいの猛暑として思いださ
 れるのだろうか。

 それにしても、「青春」という言葉がメディアから消えて、
 何年になるだろうか?。

  「青春」という言葉を、平気で表題に使うところからして
  ビフォー・バブルボーイズそのものではないか。

 このブログの表題の「青春」と打っていて、なんとも気恥か
 しい想いになってしまったが、森田健作の気分に戻って、
 えぃっ、やっ、とばかりに打ってしまったのだ。


|

« 秋の気配? | トップページ | 一年一度のチャンス »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

KOZOさん、コメントありがとうございます。
16×1だったんですね。残念でした。
九州勢は、何処が出てきても、ベスト8ぐらいに入って当然の世界なのでしょうね。
今年は、いろいろな与件もあって、東や北の勢力にひいきが多いのでしょう。

投稿: てっちゃん | 2011年8月18日 (木) 23時58分

トラマさん、コメントありがとうございます。
なんか、鳥肌が立ってきましたね。
あそこまで粘り強さと精神力を持っていたなんて。
明日は、対光星学園。
私的には、東北勢にも勝たせてやりたい気もするし、贅沢な試合になりそうです。

投稿: てっちゃん | 2011年8月18日 (木) 23時53分

今年は東高西低ですね。うちの県代表は初出場だったとはいえ、ボコボコにやられました。

投稿: KOZO | 2011年8月18日 (木) 19時30分

しかしその学校今日も勝っちゃいましたね。
冗談抜きに江川以来の決勝進出も・・・

投稿: トラマ | 2011年8月18日 (木) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/52500287

この記事へのトラックバック一覧です: 青春の思い出:

« 秋の気配? | トップページ | 一年一度のチャンス »