« りんごは食前に食べる | トップページ | 最終章 »

2011年8月27日 (土)

自分の説明書

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をいている「てっちゃん」です。


以前ブログで、自分の血液型を記した。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-74ac.html

 意外に、私の周辺に多い「B型」。
 最近購入したiphoneの無料アプリに、懐かしい

  「B型自分の説明書」

 なるものが登録されていたので、懐かしさのあまりダウン
 ロードしてしまった。

 携帯画面の為、あまりにも小さく、画面拡大して読まなけ
 ればならない不便さはあるものの、いつでも携帯しておけ
 る便利さは、流石だ。

 そして、それをペラペラめくって読んでいくと、これも懐かし
 い表現がいくつも出てきた。

  “あぁ~、こんなこと書いてあったなぁ~”

 そんな本の内容で、一つだけ気になる部分があった。

  「B型人間は、自分を上手く説明できない。」
  「だから、相手に真意が伝わらない。」
  「伝わらない相手に、説明すらしたくない。」

 だから、相手に、思い浮かんだ簡単な言葉で表現してしま
 う。

  それが思わぬ結果を産んでしまう。

 最近そんな現実が発生した。

  女房との大喧嘩。

  “おいおい、そんなのはうちでも日常茶飯事だよ(笑)”

 そう思われる方も多いだろう。
 しかし、その時も、B型特有のめんどくささから端を発した
 のである。

 相手が女房だから(失礼!)良かったものの、仕事上の
 相手だったら大事だ。

 いやいや、もう、そんな事実がたくさんあるのかも知れな
 い。

 この部分に関しては、大いに注意をしておかなければな
 らないポイントでもある。

  相手との会話で、めんどくさいと思う誘惑。

 その衝動には、ときどき駆られることがある。
 家族だけではなく、仕事上でも、頭をもたげてくる時があ
 る。
 
 そして、そう言う自分が、周囲からすると、私という人間
 の本質として映っているのであろうか。

 更には、B型以外の人からすると、その事に関しては、
 どうなのであろうか?。

 面倒がらずに、人と向き合って理解し合えるまで会話を
 持つのだろうか?。

 その部分に関してだけでも、B型以外の人と議論してみた
 いものだ。





 
 

|

« りんごは食前に食べる | トップページ | 最終章 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

Dの彼@A型さん、コメントありがとうございます。
あくまでも自分に都合良く都合良く考えるべきなのでしょうね。
しかし、なぜ血液型と自分の性格とは一致するのでしょうね。
かっては自分の血液型の性格が好きじゃ無かったのですが、最近は諦めもあって許せるようにはなってきましたが、それでも少しは克服できたような気がしますよ。
血液型上、女房との相性はバッチリなんですが、時たまぶつかるのは皆一緒なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2011年8月29日 (月) 16時53分

以前、さだまさしの血液型考察というトークCDを聴いて貰った事が一度だけありましたが、彼が良いこと言ってます。

「血液型4種類だけで人間を分けようとするのは無理がある。それだけ様々な要因が重なって今の人格が形成されているから。

考え方を変えれば、自分で駄目だなあと思える箇所は全て血液型の傾向として受け入れてしまえば良いし、反対に自分の強み、良さというものはそれこそ個人としての培ってきた良さであると思えば良い。つまり、良いところは個人の良さ、悪い所は血液型のせいにしてしまえば、人を嫌いにならなくて済むと思います。」


という事を言っていました。


ですので、その辺は上手く自分の性格と付き合って行ったり、他人と接する時の参考にしてみては良いと思いますよ。奥様と口論があるようでしたら、奥様の血液型も調べた上で接するのが良いかと(笑)。

投稿: Dの彼@A型 | 2011年8月28日 (日) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/52554671

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の説明書:

« りんごは食前に食べる | トップページ | 最終章 »