« 専門店の変貌 | トップページ | 負ける建築 »

2011年8月10日 (水)

携帯端末を通して見た世界

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしてる「てっちゃん」です。


先日のブログで「ひょんなことから、i phone」を記した。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-7eac.html

 i phoneを使い始めて一週間。

 自分のブログを、i phoneで見てみた。
 そして、愕然とした。

  “何と、ブサイクな文章レイアウトなんだ!”

 今まで、パソコンをメインに(と言うかパソコンオンリー)
 のブログを閲覧してきた。

 それはそれで、自分で納得の上でのレイアウトであり、見
 ずらさも無いなと思って、レイアウト配置を行ってきたのだ
 が、新規購入のi phoneを通して見た自分のブログが、こ
 れほどブサイクなものになっていたとは、夢にも思わなか
 った。

  要は、携帯端末用の小さいサイズに合わせた改行がさ
  ておらず、途中で改行されて細切れのレイアウトになっ
  て表記されていたのだ。

 とぉ~っくの昔からご存知の方が多かったのかと思う。
 本当に気づかず、申し訳ありませんでした。
 と言う事で、数日前からその事に気づき、携帯端末に合
 わせた改行をこころ付けてブログの文章を書いている。

 以前にも、携帯で見ている友人から、

  「最近のブログは見づらい」

 そんな指摘を受けてはいたのだが、気にも留めず、マイ
 ペースでパソコン用の文章レイアウトで作成を続けてい
 たのだが、このような事態(笑)にっていたとはつゆ知ら
 ず、自ら携帯端末を所有するに至って初めて、その不
 都合さに気づかされた次第だ。

 更に、私がリンクを貼らせていただいている方々のブロ
 グを、改めてi phoneで拝見させていただいたのだが、
 ほとんどの方のブログが携帯端末用に合わせたレイア
 ウトで表示されているのに気づかされ、改めて自らの不
 甲斐なさに気づかされた次第なのだ。

  “知らなかったのは、自分だけだったのか!”

 やはり、時代の最先端に身を置かなければダメだと、
 今回の件を契機に思い知らされた次第なのだ。

 今までは、携帯と言えども、パケット契約をしていなかっ
 た為、携帯でネットを活用する事もなく過ごしてきた。

 ブログやネットは全て自宅パソコンからであり、全ては自
 宅でのやり取りが全てだった。
 
  “時代に遅れたくない”

 そんな気持ちも大いに働き、今回、i phoneを手にした訳
 だが、時代に遅れるどころか、遅刻していたとは恥かしい
 限りである。

 まだまだ、機能の1%も使っていないのが現状なのだが、
 i phoneの機能は、端末という割り切りが必要で、それぞ
 れの専用機には及ばないのも現実である。

  携帯電話には、その専用機には及ばない。
  ナビには、その専用機には及ばない。
  デジカメには、その専用機には及ばない。

 それぞれの専用機はその分野ではユーザーの心を掴ん
 で離さない機能を多数有している。

  “それでは、i phoneの存在価値は?”
 
 それは、現場での最先端での端末機能がある、と言う事だ
 。
 いざという時に、この端末があれば、一応の対処が出来る
 し、それで済ませられる場面が、今後この端末が活きるか
 死ぬかの瀬戸際になってくるのだろう。

  最先端を現場で活用し、それを繋げられるか。

 最先端で活用するのは、機動力が必要である。
 しかし、機動力だけでは意味が無い。

  それを、繋いで引き戻せるか?。

 そして、それを次へ活かせるか。
 そこに付随するアプリ機能が、どう機能するか。

  そう言う意味では、ITの世界はどんどん進化していかなけ
  ればならないのだろう。

 そして、それを使いこなす我々も、時代に遅れる訳にはい
 かいかないのである。




 

|

« 専門店の変貌 | トップページ | 負ける建築 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラマさん、コメントありがとうございます。
こればかりは、仕事とかで必要に迫れて使わない限り、
絶対に覚えないですよ。
トラマさんもブログでも開設しませんか?。
必然的に覚えますよ。

投稿: てっちゃん | 2011年8月10日 (水) 14時21分

お疲れ様です。
私なんぞはブログもツイッターもFacebookも
もっと言えばワードやエクセル、パワーポイントも使いこなせない
超アナログ人間です(^^;
ってなわけでこれから勉強会へ行ってきますw

投稿: トラマ | 2011年8月10日 (水) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯端末を通して見た世界:

« 専門店の変貌 | トップページ | 負ける建築 »