« アルバイトとの面接にて | トップページ | ある男の成長 »

2011年7月 1日 (金)

部下の研修会

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


部下が、研修会に参加することが決定した。

 部門チーフの研修会が中国地方で行われる。

  そのチーフ研修会には、お土産を持参しなければならない。

 それは、自店での販売事例や取り組み事例である。
 自分でテーマを設定して、取り組んだ内容をまとめて事前に送付するのである。
 
 部下が聞いてきた。

  「店長、自分で考えているテーマがあるんですが。」

   「どんなテーマだ。」

  「今まで『紅生姜』を売り込んできて、焼きそばとの関連とかも出して点数拡大
  を図ってきたんですが、この時期でもありますからそれをテーマにしようかと。」

   「そう簡単に決めるな。時間は無いがもう一度情報を取って、『生姜』という
   大きなテーマから研究してみろ。」

   「ネットで調べれば、生姜の生い立ちや効能、産地、商品等いろいろ出ている
   だろう。更に、メーカーさんやパートさんからメニューも聞いて『生姜』全般に情
   報を収集してから、その中から自分なりに絞り込んで売場展開してみると、今
   までの自分の枠を超えて引き出しが増えるぞ。」

 そうして彼なりに考え直したテーマが、「生姜で夏を乗り切ろう」だった。
 メーカーさんの協力も得て、食べ方の媒体も提案され、紅生姜意外にも、この時
 期の旬の生姜として、『新生姜』にも取り組む事にした。

  大切なのは、このような研修会を利用して、更に事例報告を利用して、自分の
  「枠」を広げる努力をし結果に結び付けることだ。

  どうせ参加するのなら、どうせ事例を出さざるを得ないのなら、それを利用して
  取り組む事によって、自分の枠を広げ、販売の引き出しを増やす。

 そう考えるか否かで、人生は全て決まる。

 そうして取り組んだ『新生姜』は、メーカーさんの協力もあり、今まで強化してきた
 豆腐の展開のメニュー提案の一環として、豆腐に新生姜を添えての夏のサッパ
 リメニューとして提案したら、意外にうけて点数拡大した。

 更に、土用丑の日へ向けての「うなぎ蒲焼」との関連展開へも、鮮魚チーフの協
 力を得て取り組んだが、こちらも相乗効果が発揮された。

  単に、単品を売ることだけが商売ではない。

 チーフともなれば、部門全体を底上げする事が仕事である。
 更に、その延長線上には、店舗全体が広がっている。
 それは商品だけの問題ではなく、そこには人が関わり、周りの商品が関わる。

  「人」と「商品」と「お客様」。

 この3つの関係の相関関係を体験していくのが仕事の本質なのだ。

  まだまだ自分の知らない商品がある。
  そしてより深い情報をもった専門家がいる。
  それによって喜んでくれるお客様がいる。

 「初めは紅生姜しか見えてなかったんですが、情報を取ってみたら、今売り込
 んでいた『豆腐』と関連して『新生姜』を合わせて売ると、これほど相乗効果が
 でるとは思いませんでした。」

  そうやって、ひとつひとつ引き出しを増やしていくのだろう。

 しかし、もっと大切な事。

  それは、その渦を自分で巻き起こしていくというエネルギーだ。

 自ら構想を立て、自ら行動し、周囲を巻き込んで、組織力を最大限に活かす。

  全ては、そこに行き着くのだ。




|

« アルバイトとの面接にて | トップページ | ある男の成長 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部下の研修会:

« アルバイトとの面接にて | トップページ | ある男の成長 »