« ブラックボックスの一元管理 | トップページ | 知恵の伝承 »

2011年5月17日 (火)

競い合う心

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


以前から、52週の計画反省の件は記してきた。

 そして、一年間やり続けた結果、いろいろなものが見えてきた。
 更に、この結果、いろいろな事が起こりつつある。

  一言で言うと、私の手を離れて、部下一人一人が解き放たれていくようだ。

 自分達が、実際に昨年造り上げた売場だから、尚更身近に感じるのであろうし、
 その記憶から、今年の手の内が見え、先手を打てる環境になってきたのだろう。
 あるチーフが私に言った。

  「店長、梅の展開も、昨年の事例が残っているから、その反省を踏まえて今年
  は更にバージョンアップして、よりよい場所で展開しましょう。もう既に、案は出
  来ていますから。」

   「ふぅ~ん、良いんでないかい。」

 彼は既に、昨年の自分と競い合っていた。

  なかなか自社の他店の展開が伝わってこない中で、昨年造り上げた自店の
  販売情報は大きな力となるものだ。

  そして、それをチェックすると、鮮明に昨年の苦い思い出が甦ってくる。
  だから私は、初回から完璧は求めない。

  まずは、レールを敷くこと。
  そのレールを、毎回改善して造り上げていけば良い。

 しかし、

  そのレールを敷くこと自体が、相当の努力を要する事だからだ。
  その上に完璧を求めたら、とうてい続かない。

 そして2年目の今年。

  毎週の計画を副店長主導に切り替え、新たな仕組みで継続していこうとしてい
  る訳だが、一度体験した経験とは、これほど大きいとは思わなかった。

  やり過ぎたか?、と思っていた昨年の売場が、更に今年は精度を上げて実施
  されていく。

  それは必ずお客様に伝わり、数値に反映される。
  そして、部下は更に自信を深め、のめり込んでいく。

 全ては、比較するもの、メジャーとして競えるものが出来たということ。

  目標としても、更に、競おうとする場合にしても、ある一つの姿や基準があるか
  ら、より具体的に、そこに近づこうと行動し努力できるものだ。

 やはり、この商売は、分かりやすく姿に表して部下をまとめていく事が先決なの
 だと思っている。

|

« ブラックボックスの一元管理 | トップページ | 知恵の伝承 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51650053

この記事へのトラックバック一覧です: 競い合う心:

« ブラックボックスの一元管理 | トップページ | 知恵の伝承 »