« 利益の棲む時間帯 | トップページ | 知恵の拡散 »

2011年5月 4日 (水)

国産マンゴーを仕掛ける

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、青果チーフから言われた。

 「店長、宮崎産マンゴーが下がっているらしいですよ。」

  「いくらで売れる相場になりそうだ?。」

 「どうでしょうか?。そこまでは聞いていませんが。」

 先週の果実の企画で、マンゴーフェアを開催した。
 そして、宮崎産マンゴーも5個程度仕入れて、メキシコ産マンゴーなどと共に販
 買した。

  そしたら、何と4個も売れてしまったのだ。

 1個2980円の商品が、である。

  更に、一週間後には、「母の日」だ。

 私のブラックボックスの中の回路が瞬間的に働き、ストーリーが完成した。

  “母の日の当社からのプレゼントとして、宮崎産マンゴーを仕掛ける”

 ストーリーが出来上がれば、後は行動するだけだ。
 早速、バイヤーの携帯へ電話。

  「国産マンゴーが下がっているんだって?。2000円以内で売れるんだったら
  50個もらうよ。」

   「分かった、交渉してみるよ。」
 
  その後、返事が返ってきた。

   「来週の企画書に入れるよ。価格は1980円だ。」

  その事をチーフに話し、数量は50個と提示した。
  それを受けたチーフの目が宙を舞ったのを、私は見逃さなかった。

   「大丈夫だ。母の日のプレゼントと題して売って見せるよ。」

    「去年もそんな事を言って、半額で売った記憶がありますよ。」

   「えっ!。去年?。」

 二人で、昨年の52週の反省をパソコンから見てみた。

  “第11週 母の日特集”

  そこに、私の手書きPOPで、
  「宮崎産マンゴー、この価格は仕入れ値です。当社からの大切なお母様への
  プレゼントです。」

 これを見て、私は青果チーフに行った。

  「なんだ、今俺が考えている事を去年もやっているじゃねぇ~か!。
  俺も、進歩がねぇ~なぁ~。」

 二人で、大笑いだった。

  “今年は、必ず50個売ってやるぞぉ~!”

 大笑いしながら、固く心に誓った。


|

« 利益の棲む時間帯 | トップページ | 知恵の拡散 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

てつろうさん、コメントありがとうございます。
40過ぎの息子が母親の顔を描く企画ですか。なんとも想像がつきませんね(笑)。
但し、当店の若手社員には、自ら造った商品を以って、母の日の感謝をしろ、と指導しています。
ユッケ問題に関しては、同じ牛肉の影響は免れないでしょうね。残念です。

投稿: てっちゃん | 2011年5月 5日 (木) 06時55分

店長肉売れてますか。NZ地震で始まり次は食中毒とほんとにツイてない県です。新しい風評被害によりスーパーの精肉売り場が夜の9時だっていうのにたくさん売れ残っています。お店も方もなにしてんのかなあって感じです。

投稿: てつろう | 2011年5月 4日 (水) 08時08分

母の日に40過ぎの男がお母さんの顔を描く企画はどうですか。何年経っても子供は子供ですから(笑)。親の絵ってなかなか描けませんよ。

投稿: てつろう | 2011年5月 4日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51563753

この記事へのトラックバック一覧です: 国産マンゴーを仕掛ける:

« 利益の棲む時間帯 | トップページ | 知恵の拡散 »