« 本部が変わった日 | トップページ | 高崎(北部)エリアMR »

2011年3月20日 (日)

それぞれの「震災」

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


震災から一週間。

 連絡の取れなかった友人の店長仲間との携帯での連絡が取れ始めた。

  そして、その友人たちの「震災」は、過酷を極めていた。
  
 これから記す内容は、全て事実であり、直接本人から得た内容だ。

塩釜エリア(仙台の北東に位置する海岸エリア)の大型SM店の店長の震災時。

 震災後、周辺の従業員、お客様と共に全員で屋上駐車場に退避。
 200人弱の退避者とともに、4日間、屋上や2階で店内の食料品を食して過ご
 したという。
 当然、下に降りての避難は出来ず、4日後にようやく避難出来たのだと言う。

  死と隣り合わせの状況だったと言う。
  屋上からみた「津波」は、まさに映画の世界だったとも言う。

 死と隣り合わせで見た映像は、映画とは比較出来ない、今までに感じた事の無
 い世界だったのではないか。

  そして、その後の対応。

 店長として、前例の無い中で、200人と共に「生」を賭けてリーダーシップを取る
 緊張感は、計り知れないものだ。

  そうして、200人を守りきった安堵感。

 彼は今、安否の取れない従業員を捜索している。

浪江エリア(福島第一原発から約10Kの避難勧告地域)のSMの店長の震災時。

 震災時の地震での被害。
 その災害だけでも、営業までに10日間程度の営業停止を見込んでいたという。
 幸いに、店内でのお客様や従業員の被害は無かった。
 但し、周辺の民家等の地震での被害はそれ相応にあったようだ。

  しかし、その後の原発事故の発生。

 一転二転する東電の発表と政府の対応。
 本部からの連絡も通じず、まさにその場に居合わせた、100人を率いるリーダ
 ーとして、その後の行動指針を示さなければならない。

 地域の行政の要請で店内の物資の搬送を許可したものの、本当に活用されて
 いるのか。
 彼は、その後避難場所に行って目にしたものは、自らの店舗から搬送された物
 資が行政の施設に留まったまま、避難所に届いていない事実。

  彼は、即従業員とともに、物資を再度、直接避難所に搬送したという。

 その後、彼は部下の安否や避難先等の確認を終え、現在別店舗に勤務中。
 今まで築いた店舗と地域と従業員の関係が消えてしまったことへの悔しさを私に
 ぶつけた。

宮城県北部のリージョナルチェーンSMの店長の震災時。

 まずは立ってられない程の揺れが続き、店内は崩壊。
 幸いに、店内での人的災害には及ばなかったが、未だに回復出来ない状況。

 二日に一度づつの店頭での営業を繰り返しながら、ゆくゆくは各店舗への物資
 を集中させ、そこでの営業を核に、徐々に立て直していくと言う。

 ようやくここにきて電気が通じ、いろいろなインフラが整いつつあるのと、電話や
 携帯が通じ、外部とのパイプの中でより多くの店舗運営能力が整ってきたことが
 大きな力だと言う。

 しかし、ガソリン不足で使用不能に陥り、その対策が最優先だという。

それぞれ、地域の「生」に向けて、リーダーシップを発揮していた。

 「おと~まんさん」のコメントに対して返した内容に中に、
 「石巻の鹿妻地区」のスーパーの店長が、店舗に避難してきた地域の住民に対
 し、「我々が逃げるわけにはいかないでしょう。」と言って、ボランティア同様に奉
 仕作業をしていた姿に、涙した事を記した。

 こんな場面に遭遇した店長にとって、そこから先は、自分の人生を賭けた行動
 を問われることになる。

 そんな状況に追い込まれたスーパーの店長さん達も、他にも多数おられるのだ
 ろう。

  是非、勇気を振り絞り、部下を信じ、希望を捨てずに向かってください。




|

« 本部が変わった日 | トップページ | 高崎(北部)エリアMR »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

ふるたさん、コメントありがとうございます。
それぞれの震災。
この難局を突破して、それぞれが更に強みを得て復興していく事と思います。
私自身も、タダでは起き上がらないと思っています。

投稿: てっちゃん | 2011年3月21日 (月) 06時15分

お疲れ様です。
データコムさんも会社が被災されていて、今、頑張って復興に向けて頑張ってます。
けんたさんの所も酷い被害のようで、言葉が、ありません。
店長として臨機応変に対応されている姿を思い浮かべてます。
また、メールさせていただきます。

投稿: ふるた | 2011年3月20日 (日) 22時22分

かんちゃん障害者さん、コメントありがとうございます。
心情をお察しします。
洋デイリーは当社も入荷無し。
計画停電や物流の問題のほうが影響しているのでしょうね。
とにかく、営業できる喜びを感じ、目の前の出来る事から始めていきましょう。

投稿: てっちゃん | 2011年3月20日 (日) 07時14分

おはようございます。
わたしもディリーで働いています
品薄状態です
洋ディリーは全く入ってきません。

投稿: かんちゃん 障害者 | 2011年3月20日 (日) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51161299

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの「震災」:

« 本部が変わった日 | トップページ | 高崎(北部)エリアMR »