« 初めての出来事 | トップページ | 今年の使命 »

2011年3月11日 (金)

崩した「バランス」を回復させる

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。
惣菜の売上が順調に拡大している。
 昨年9月に着任したチーフに、まず言った事。
  「スーパーの強みは、『野菜』『和日配』『惣菜』で決まる。頑張れ。」
 要は、あまりロスを念頭に置かず、商品を出せ、と言う事。
 彼は、素直に聞き入れ、特に夕方の商品ボリュームを増した。
 当然、多少の客数増と売上増と共に、多額のロスも発生した。
 利益も減少して、彼は私に言ってきた。
  「店長、どうしましょう?。ロス増で粗利も低下しました。」
   「粗利低下と言っても、粗利額が減少してはいない。まだまだ惣菜で夕方
   のお客様を呼び込めていない。このまま強気で商品ボリュームを落とすな
   。」
 そんな経緯があった。
 そして、秋彼岸が過ぎ、クリスマス・年末が過ぎ、節分が過ぎ、ひな祭りが過
 ぎようとしている。
 惣菜の売上は絶好調に推移している。
 そして、店舗客数も好調に推移している。
  『野菜』『和日配』『惣菜』の売場が充実してくると、客数が伸びてくる。
 私の流儀である。
 この3部門の売場が充実し、日々のお客様の参加率が高まれば、知らず知ら
 ずに日々の客数が増加し、結果として売上が拡大してくる。
 そして、その一つの「惣菜」が年末以降順調に推移している。
 そして先日、私は惣菜チーフに言った。
  「今月から、利益にも目を向けろよ。」
 ロスという言葉は出さない。
 あくまでも、最終利益目標に目を向けさせる。
 ロスに目を向けろと言えば、ロスという狭い範囲でマネジメントしてしまう。
 利益と言えば、売上、値入れ、ロス、粗利ミックス等あらゆる手段を使って目
 的を達成しようとする。
 だから、売上を縮小均衡に動かす手段にすぐには向かわない。
  何をするにも、まずは「売上」金額というパイを伸ばさない限り、他の全ての
  「手」は有効に効果を発揮しないものだ。
 そして、その「手」を有効に発揮させる時期が到来したという事だ。
  「お客様の当店の惣菜に対するロイヤリティーが安定してきた。次は販売の
  パワーを粗利安定へ向けて方向をズラしていこう。利益商材の販売ミックス
  と無駄なロスの改善だ。そして更に、売れている物にチャレンジせよ。」
 
 崩した「バランス」を、いよいよ取り戻すタイミングが到来した。

 蒔いた種が育ち、収穫の時が来たようだ。




|

« 初めての出来事 | トップページ | 今年の使命 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

トラマさん、スーパー大好きママさん、ハナハナさん、その他読者の皆様、本当にご心配をおかけしております。
なんとか無事です。
但し、周辺店舗等甚大な被害のお店もあり、早急な復旧をかけていかなければならないと思います。
ご心配、本当にありがとうございます。
by てっちゃん。

投稿: てっちゃん | 2011年3月12日 (土) 07時28分

大丈夫ですか?
怪我などされていないでしょうか。
どうかご無事で。

投稿: ハナハナ | 2011年3月11日 (金) 22時22分

私も心配です。
確か北関東でしたよね。
余震に気をつけてください。

投稿: スーパー大好きママ | 2011年3月11日 (金) 21時55分

お疲れ様です。
全然記事の内容からズレるんですが
地震で大変なことになってると
ニュースで見たのですが
そちらは大丈夫ですか?
いささか心配です。

投稿: トラマ | 2011年3月11日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51073207

この記事へのトラックバック一覧です: 崩した「バランス」を回復させる:

« 初めての出来事 | トップページ | 今年の使命 »